あなたがいつまでも「若手」と言われてしまう理由

就職してしばらく経って、自分ではそれなりに経験を積んできたつもりなのに、なぜかまだ「新人」「若手」扱いされちゃう、なんてことありませんか?その原因は、あなたが意識していない、ちょっとした振る舞いに隠されているのせいかもしれません。

Inc.」で記事を書いているPeter Economyさんは、若者世代が職場でやると「まだまだ」と思われてしまう5つのことをまとめています。あなたは大丈夫?

01.
なんといっても
言葉使い

E198a185b0d85843a3286ce4fb9eeb8ca5fddab7

これは、一番つっこまれやすいポイントです。同僚や上司との会話で、無意識に「若者コトバ」を使ってしまうと、「あ、こいつは仕事とプライベートの区別ができていないな」と思われてしまうでしょう。通じる人が限られる言葉は、聞いた相手をビックリさせたり、不快にさせちゃうこともあります。

もしあなたが素晴らしいアイデアを持っていたとしても、伝える言葉次第で、きちんと魅力が伝わらない可能性だってあるのです。

02.
「!」や絵文字を使うときは
気をつけて

友だちとのメールならばいいかもしれませんが、ビジネスの場面で使うときは相手やタイミングが大事。相手との距離感が掴めないまま使ってしまうと、急に子供っぽく見えてしまいますよ。

03.
長文メールで済ませがち

8fc70ae0c316548d75dd86aab5d1d2a31a5708cf

メールやメッセージは気軽に人とつながれるツールとしては便利ですが、仕事の場ではあくまでも必要な情報のやりとりに使うもの。

「言いにくいことは、とりあえずメールで…」とばかりに、長文メールを送るのは、相手にとっても迷惑になるかも。電話や直接会ったほうが早く解決するケースもあるので、そこは大人になって対処しましょう。

04.
態度がコロコロ変わる

誰だって考えが変わることはありますが、人の話を聞くたびにコロコロと意見が変わってしまう人は、「プロとしてのこだわりがないんだな」と思われてしまうことも。

ときには自分の言葉に責任を持って、最後までこだわることも大切。

05.
よくスマホをいじってる

31857469956134ef53f74cca565defd345f2e628

確かに最近では仕事につかうのにも便利なスマホですが、ずっとうつむいてスマホばかりいじっている姿は、周りから見るとあまり印象がいいものではありません。空き時間をつぶすのにはもっぱらスマホ、という人も多いかもしれませんが、周りの状況を見て判断したいものですね。

Licensed material used with permission by Peter Economy
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」です。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
「Inc.」で多くのビジネス記事を執筆しているJeff Hadenさんも「収益を生み出せないミーティングは単なる時間の無駄」だと言います。中でもこんな特徴...
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
「海外勤務」に憧れている人が、その夢を実現させるためには、一体どんな力が必要なのでしょうか。まず最初に思いつくのが「語学力」だと思いますが、それよりももっ...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
世界を相手にビジネスで渡りあっていくためには、グローバルな人材でなければいけない。それには「5つのツール」が必要と説くのは、布留川勝さん。近著『パーソナル...
ビジネスを始めたい!など、何か目標があるからといって、大学を中退するのは大きな賭けとも言えます。4年間も大学に通うなんて無駄だな…と感じながらも、そうしな...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...