ビジネスマナー

冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
お歳暮は、お世話になっている方に対して贈るお礼のギフトですので、基本的には、「お返しは不要」と言われています。しかし、実際には、相手や贈られた品によって、...
喪中期間において、お歳暮やお年賀はどのようにしたらよいでしょうか?今回は、喪中期間のために喪中はがきを送る側である場合、また喪中はがきを受け取った場合に分...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
結婚式やお葬式の際、ご祝儀袋や不祝儀袋はどのように持参するのがマナーなのか知っていますか?ふくさに包んで持っていくことは知っていても、渡し方や色の選び方ま...
和田裕美/Hiromi Wada外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、絶大な営業手腕によって日本でトップ、世界142ヵ国中2位の成績を収めた女性営業...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
和田裕美/Hiromi Wada作家・営業コンサルタント。外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、絶大な営業手腕によって日本でトップ、世界142ヵ国中...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
和田裕美/Hiromi Wada外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、絶大な営業手腕によって日本でトップ、世界142ヵ国中2位の成績を収めた女性営業...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
「コンフォートゾーン」。つまり、自分にとって居心地の良い環境を意味する言葉ですが、勇気を出してそこから抜け出すべきだ、という記事をよく見かけます。現状の自...
就職してしばらく経って、自分ではそれなりに経験を積んできたつもりなのに、なぜかまだ「新人」「若手」扱いされちゃう、なんてことありませんか?その原因は、あな...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
女性の社会進出では、日本より何歩も先を行くイメージの欧米だって、まだまだ男性社会のようで。そこを嘆いてばかりはいられない、とSarah Cooperさんは...