動画でビジネスを学べる時代だけど、これは大本命!

会社の「表彰制度」が苦手な人も多いでしょう。

自分なんかが選ばれるワケないと思いながら、表彰される同僚に拍手を送る時間はちょっとした地獄。きっと、今月のMVPもあの人だろう……。

彼らの努力は知っている。
でもはたして “同じこと” ができるだろうか?

モヤモヤしている暇さえもったいないくらい、今すぐスキルアップできる方法があるんです。まだ何も始めていないなら「グロービス学び放題」が大本命!

→さっそくチェック!

2700本以上のビジネス動画から
学びまくり!

「グロービス学び放題」は、いつでもどこでもビジネススキルを学べる動画サービスで、半年プランが9,900円(税別)と、月々にすると書籍1冊ほどのコストしかかかりません。

この料金で2700本以上の動画が見放題というから、驚き。ビジネススクールとしての基盤があるグロービスだからこそ、この価格でハイレベルな動画を提供できるというわけです。

自分にぴったりの動画を選ぶには、まず以下の9つのカテゴリをチェック!

いまさら聞けないビジネスの基礎から、専門性の高いマーケティングや会計財務、新規事業マネジメントまで、幅広い分野を学ぶことができます。

その数なんと、300コース以上!

繰り返し同じものを見るもよし、さくさくとインプットしていくもよし。自分のペースで進められるのは動画学習の良さのひとつです。2020年春からは話題の「5G」もはじまるし、スマホ動画がさらに身近になりそうですね。

まずは10日間の無料体験から始めてみては?

→無料体験、始めてみる

インプットは
「通勤時間」だけでもいい

動画の長さがバリエーション豊富ということも「グロービス学び放題」の特徴のひとつ。

10分以内のものもあれば、3分ほどに要点がまとめられたものなど、多数揃っています。たとえば「プレゼンテーションスキル」は、誰が見ても参考になるではないでしょうか。

カフェでコーヒーの出来上がりを待つ間や、電車がホームに来るまでのちょっとしたスキマ時間でもインプットできますね。

専用アプリを使えば、動画をスマホやタブレットにダウンロードすることも可能。1時間ほどの動画もあるので、出張での移動時間に見たり、休日にまとめて勉強するなんてのもありです。

継続は力なり! 少しずつでも毎日コツコツと続けていくことが、目標達成への近道なのです。

クオリティが高いのは
当たり前

YouTubeにもビジネス系の動画はたくさんあるけれど、本格的に学ぶとなると少し内容面に不安があったり、コンテンツ買い切り型だといまいち長続きしなかったり……。どちらもよく聞くお悩みです。

一方、ビジネススクールとして有名なあのグロービスが提供する「グロービス学び放題」の動画は、クオリティマネジメントが徹底されているのはもちろん、体系的にビジネスを学べるのが最大のメリットです。

どれほど内容が優れたものであっても、つまらなければ続かない! というのは正直なところ。「グロービス学び放題」には、学ぶ人を飽きさせないための工夫が散りばめられています。

また、エンジニアからビジネスサイドまでがタッグを組み、動画の撮影や編集に至るまでをグロービス内で一気通貫して制作しているのも大事なポイント。講義をそのまま録画しているだけではないんです

→もっと知りたい!

じつは
「コミュニティイベント」も熱い!

動画サービスを見るだけでも十分学べますが、「グロービス学び放題」を使うメリットはそれだけではありません。

グロービス学び放題主催の「目標設定イベント」や、動画に出演している講師による「登壇イベント」など、オフラインでの学びの場が毎月複数回設けられているのも、人気の理由。

同じ目的をもつ仲間と実際に話したり、意見交換できるというのは嬉しいですね。

オンライン参加型のイベントも毎月開催されているので、会場まで足を運ぶのが難しい場合でも、海外など東京以外で勉強しているユーザーと繋がることができます。

ビジネスパーソンとしてのスキルセットを体系的に学習できる「グロービス学び放題」。あなたがMVPに選ばれる日もそう遠くないかも。

→詳しくはコチラ!
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
イギリスで恐らくもっともエクストリームな体験ができる宿泊施設がロンドンに誕生した。自動車メーカー「Jeep」が発売する新たなモデル「Jeep Renega...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
「もし空港で僕を見つけたら、ファーストクラスの席と代わってあげるよ」。空港で出会った人の航空券を無償でビジネスクラスにアップグレードするプロジェクト「Ca...
美術館をバーチャル散歩できる「Google Art&Culture」や新国立劇場の記録映像、無料の韓国語学習ツールなど自宅でできる無料のオンラインサービス...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
「LOWDY」は、革靴とスニーカーの両ステージでキャリアを積んだデザイナーによる2WAY仕様のローファー・スニーカー。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。
司法の場で虐待被害児に寄り添う「コートハウス・ファシリティ・ドッグ(付添犬)」を知っているだろうか?
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...
「経済産業省 特許庁」が中小企業経営者向けに商標制度の普及&啓発のための動画を制作。商標権をパロディにしたカンフー「商標拳」が悪徳商社に炸裂する。
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
円滑な人間関係が築けるだけでなく、ビジネスにおいても重要な柔軟性。就活でもキーワードとなります。この記事では柔軟性がある人とない人の特徴だけでなく、日常生...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...