イクメン大注目! 「ビジネス×育児」を追求したコートがお洒落

ママ向けの育児用品はたくさんありますが、パパがより育児に参加しやすくなるような「男性向け育児用品」はほとんどありません。そこで、ファッション業界のスペシャリストでもあり、それぞれが父親でもある3人が集まり新たに立ち上げたブランドが「dadmen(ダッドメン)」です。

ステンカラーコートなのに
抱っこが出来る !

d17407-1-794812-0「トランスフォームステンカラーコート」という商品名の通り、身ごろにベビーキャリアーを取り付けることができ、例えば保育園に寄ってからビジネスシーンへ、というお父さんに最適なデザインになっているんです!まさに「父親」から「働く男」へとスムーズにトランスフォームできる、というわけ。

哺乳瓶の収納もできる
サイドスリットが嬉しい

d17407-1-871470-1ベビーキャリアは新生児から18ヶ月までを想定しているとか。子どもが大きくなったら、普通のステンカラーコートとしてももちろん使えます。

d17407-1-234674-2

d17407-1-463577-3何かと持ち物が増えがちな育児中。哺乳瓶を収納できるサイドスリットなど、実際に「育児」を経験している父親たちならではのアイデアが満載なのです。

今後はカジュアルな
ラインナップも続々

d17407-1-968436-6

d17407-1-736389-7休日の育児を想定して、汚れにくい素材や子どもを抱っこしやすいようなストレッチ素材を使用。また、ティッシュや哺乳瓶などをすぐに取り出せて、手ぶらで散歩できるようなシーンをイメージしていて、収納も充実させているそう。

「dadmen」は現在、朝日新聞が運営する「A-port」にてクラウドファンディングを実施中。また、3月18日には朝日新聞の渋谷事務所にて試着イベントも行われるとのことです。「dad」で「men」なあなたは、ぜひ!

Licensed material used with permission by Double Eight Co.,Ltd.

息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
いまや家事や育児を夫婦で分担するのはスタンダードになってきていますが、そこに対する男女の「認識の違い」が、夫婦間のイライラを生む原因になることも。「No ...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
Google、Amazon、Netflix、Facebook、世界を牽引するハイテク企業が集まるシリコンバレー。いま、各企業が最も力を注いでいるもののひと...
結婚と子どもをもつことは、ほぼセットで考えられている。子どもはいるかいらないか、いるとしたら何人いるか、育てるにはお金がいくらかかるか…その都度、夫婦間で...
待望の赤ちゃんが産まれしあわせな日々、のはずなのに突然涙がでたり、訳もなく気分が落ち込む。いわゆる「マタニティーブルー」は、慣れない育児による疲れだけでな...
「子どもにおっぱいをあげるって、普通なことなんです」。そう語るのはフォトグラファーのIvette Ivensさん。彼女が撮影したのは、女性の授乳シーン。一...
フィンランドでは、妊娠4ヵ月を迎えた家庭にふたつの選択肢が与えられます。ひとつは育児給付金を受け取ること。もう一方は、「ベビーボックス」という段ボール箱を...
夫婦共働きが当たり前の現代社会。そんな中で、結婚相手として女性から支持を集めるのは、いわゆる家庭的な男性です。夫婦共働きとなると、家事や育児に協力的な男性...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
4児の母であるErinさんは、産後うつに悩まされていました。お医者さんから「自分の時間を大事にね」なんて言われていても、育児に追われて自分のことはついつい...
泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるか...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
「ありがとう」が言える子供に育てる方法を導き出した、ライターAmy McCready氏は2児の母。自身の育児経験を通して実感した、感謝のキモチを養う育児法...
日本の夫は、世界一、家事育児をしない。国際社会調査プログラム(ISSP)の調べによると、そんな事実が明らかになったそう。この危惧すべき状況を打破すべく、日...