【特集】年収1000万円以上「フリーランスの流儀」vol.5

世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいるようです。

「Six-Figures」と呼ばれている彼ら。どんな仕事で、どんな場所で、どんな考えで生きているのか?彼らの生態にせまる連載です。

vol.5はライターであり、パートタイム起業家、コンテンツマーケティングコンサルタントのRyan Robinson氏。20万人の読者にブログを通して副業の始め方と育て方を教えています。

彼がここに至るまでの道のりは、大学時代にiphoneを真似たケース「The iStash」を4ヶ月で6,000個以上販売したことから始まります。

この経験から顧客と関係を築くこと、コンテンツマーケティングとは何たるかを学んだそうです。(もちろん痛い目にもあったとか)

vol.1はこちら
vol.2はこちら
vol.3はこちら
vol.4はこちら

 
ーーこれまでに何度も「やばい!」という瞬間を体験してきたそうですが、その中でもっとも印象に残っていることは?
 
一番は新人の頃に自分のサービスを売っていた時ですね。
 
当時、数社のスタートアップから彼らのブログを1記事250ドル(約27,000円)で書いてくれないかとオファーがありました。
 
楽しんでやっている副業にしては「いい値段」だと考えていましたよ。
 
これ以上値段を上げようとは思いもしなかったんですが、それが「やばい!」瞬間のキッカケでした。

記事の値段を2倍にし、連絡をくれた新しい会社に見積もりを送りました。結果は何も聞かれず、すぐに契約!でした。
 
当時、記事の執筆は副業でしたし、本業があって生活は担保されていました。
 
だからこの「記事の値段を上げる」という実験を続けてみようと。

最終的に自分のクライアントがもっとも気にしていることは、記事の書き方を超えて、コンテンツそのものを向上させることなんだと学びました。
 
初めて記事を値上げした時、そして上げ続けると決断した時が一番鮮明な「やばい!」瞬間です。
 
現在は2,500ドル(約27万円)で書いていますが、もし値上げをしていなかったら今も250ドルで記事を書いていたでしょうね。

ーーポットキャストもされていますが、キッカケはなんでしょうか?

ポットキャストを始めた時、目標はなかったです。ブログ以外で自分のコンフォートゾーンの外に出れる何か、チャレンジできる何か、そんな方法を探していました。
 
その時はいくつかのビジネス系ポットキャストに夢中でした。だから、ポッドキャストを使ってずっとやってみたかったこと。つまりビジネス界で憧れの人に質問することを始めたんです。
 
私のポッドキャストは、社会的にも成功した起業家を30分〜45分間インタビューする口実になりました。これが現実世界のMBAでしたね、私にとって。
 
ーー少し調べさせてもらったのですが、一度フリーランスになった後、今はフルタイムで勤務していますよね?
 
そうですね。現在はフルタイムワーカーとしてClose.ioの創業者Steli氏と働いています。コンテンツマーケティングとClose.ioの顧客が増えるよう顧客管理を手伝っています。非常に優秀で経験豊富なチームで楽しく過ごしています。
 
このチャンスが5年〜10年の間、旅に出てみたい気持ちを方向づけることになりました。(氏は基本的にリモートで働いている)
 
いわゆるブロガーやポッドキャスト運営者、フリーランサーにはなりたくないし、コンテンツマーケティングの分野では「どうやって成功のレベルまで持っていくか」すでに学んでいます。
 
ブログを通して私が学んできたことすべてを積極的に共有しています。(特にこちらの記事が参考になりますよ)
 
ーー次のステップを教えてください。
 
Close.ioで過ごす時間、Steli氏と共に働くことでSaaSビジネスを作り上げること、広めることを学ぶ手助けになっていきます。
 
私のゴールは自分自身のSaas製品を来年にでも開発し、好きなこと(書くこと、関係を築くこと)からも収入を得ることです。経験とスキル、開発に必要になるであろう教訓を学ぶつもりです。
 
だから今いるステージが、最高のチャンスなのです。
 
ーー最後に仕事で大切にしていることはなんでしょうか?

いろいろあってブログにまとめているんだけども……。今は「行くしかねえ!」かな(笑)。
Top photo: © Ryan Robinson
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
「ショップT、大集合!」#3 つるやパン@滋賀県
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。1,000以上のWEB...
時間や場所などに拘束されないフリーランサーたちの生活は、一度は憧れるワークスタイルかもしれません。でも、複数の仕事を掛け持ちしているからこそ、時間と収入の...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
やりたいことや好きなことはわかっていて、将来は、フリーランスとして活躍したい。そんな方のために、どうしたら長く心地よく活躍できるのか、天職(calling...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
多種多様な働き方が可能な現代では、あえて組織に属さないという選択も市民権を得ています。が、もちろんそこは一長一短。あっちが立てばこっちが立たずといったとこ...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
ライフスタイルの多様化にともない、ひと昔前の大企業至上主義的な考え方が、すでにフィットしなくなったことは、肌感覚として持っていますよね。かといって、フリー...
ビジネスの先を見る洞察力。クライアントを落とすコミュニケーション術。相手の立場に立ってものごとを考察する能力など…。ビジネスにおいて必要とされるスキルは、...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
ここで紹介するのは、年収3,000万円という高給を手放し、51歳で77年式のフォルクスワーゲンに乗って旅に出たBob Cooneyという男性の物語。「Th...