「組織人」と「フリーランス」の違いをイラストでどうぞ。

多種多様な働き方が可能な現代では、あえて組織に属さないという選択も市民権を得ています。が、もちろんそこは一長一短。あっちが立てばこっちが立たずといったところでしょうか。

ここでは、Caisa Nilaseca氏が描いた「組織人」と「フリーランス」の違いを示すイラストを紹介。正直、表面的な感は否めませんが……、サラッと目を通してみて!

01.
話し相手はネコ?
それとも同僚?

C60bb436d6599ff2c6c9c1e3caaa14619694c46e

02.
スケジュールは
フレキシブル?

8457de50d77a191fc6bb594636cd6b112d9ece60

当然、フリーランスでもミーティングや締め切りはありますけどね……。

03.
なんでもボスに報告?
いや、いない

C9137bd6328b73261d3d8b2df25e6266c12af5c9

04.
シャワーを浴びる時間

3b7c2c9f26e1473487b06b21c53419b51afa6cd5

05.
定時って、ナニ?

55b0c76e0f30cca7dbe26c91c3629b0c8f854689

好きな時間に働ける分、ちゃんと自分を律さないといけません。

06.
残業代

1017dab2986d010e2ac3325465f2cde524da694f

言わずもがなですが、両者については、一つの側面だけでなく総合的に判断する必要がありますね。

Licensed material used with permission by DesignTAXI, Caisa Nilaseca
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
やりたいことや好きなことはわかっていて、将来は、フリーランスとして活躍したい。そんな方のために、どうしたら長く心地よく活躍できるのか、天職(calling...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。1,000以上のWEB...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
時間や場所などに拘束されないフリーランサーたちの生活は、一度は憧れるワークスタイルかもしれません。でも、複数の仕事を掛け持ちしているからこそ、時間と収入の...
毎日「退屈な9時-17時」を過ごしていませんか?ここで紹介するのは、弱冠24歳にしてフリーランスコンサルタント&マーケッターとして活躍するレナ・エルキンス...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
日本人アーティストのアボガド6が描いたイラストには「現代社会の深い闇」が生々しく表現されている。
晴れて爽やかな朝であっても、会社に行くのが憂鬱だったらどんよりした顔にもなってしまいます。上司と上手く行かなかったり、社内で差別を感じたりなど、悩みは人そ...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
先般、機密解除となりホームページで自由に閲覧可能となった、CIAのあるマニュアルが話題を呼んでいる。敵国に潜入したスパイが、組織の機能を内部から弱体化させ...
どちらも、組織を率いる“長”であることには変わりありません。が、両者の本質は明らかに異なっているようです。その差は米メディア「WittyFeed」で紹介さ...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...