仕事のあとは、オチがやたらと微笑ましい「社会人マンガ」をどうぞ。

ただ素直だった子どものころとは違って、社会人になってから心が複雑になったかもって思う私。もちろん、イヤなことばかりではなく、楽しいこともたくさん知っている。

ちょっとした皮肉とユーモアが混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪気さも感じる主人公たちの行動や発言に、癒されてしまう。仕事のあとに読んだら、いい気分転換になるかも?

01.
一日の使い方

「さぁ、今日は忙しすぎて何したらいいのかな!」

 

(考えている間に一日が過ぎ去ってしまった……)

02.
止まらない妄想

1)主人公:「ねぇ、彼らを見て」

 

2)主人公:「あれが僕だったらなぁ」

 

3)妖精:「あなたの望みを叶えましょう!」

03.
友達のいらぬ気遣い

1)友人(電話中):「公園に行こうよ。君の好きなアヒルを見にさ」

主人公:「あのアヒルには確かに会いたいけど、今日は悲しすぎてソファから起き上がれないんだ」

 

2)友人(電話中):「わかった。じゃあ、そっちに行くよ。」

主人公:「マットの下のカギを使って勝手に入ってきて」

 

3)友人:「やあ、お菓子と僕と同じジムのトレーニング仲間を連れてきたよ〜」

主人公:「え、なんで?」

04.
浮き沈みの激しい心

1)「何か間違ったことをしても、どうか焦らないで」

 

2)「思い出して、これまで犯した過ちが今日のあなたを作り上げていることを」

 

3)「いつも間違いを犯している悲しい負け犬」

05.
イタズラと優しさ

友人A:「見ろよ。Winston寝ちゃったよ」

友人B:「マーカー持ってるよ!」

 

壁の張り紙:「お静かに、お昼寝中です」

06.
現実逃避のために…。

1)主人公:「良い知らせだ!問題解決!」

友人:「仕事が見つかったのかな?」

 

主人公:「ううん、二つ目のトイレットペーパーホルダーを取り付けたんだよ!」

友人:「2つ……えっ?」

 

主人公:「これでもう喧嘩をしなくてすむよ!一つは正しい方向で、もう一つは君の好きな方向にね!」

07.
どうしても好きなんだ

1)先輩:「君、オフィスから家近いよね?」

 

2)主人公:「まあ、近いです」

先輩:「僕を家に呼んでよ!ピザを買うからさ」

 

3)主人公:「もしや、僕がネットで公開した最近飼いはじめた新しいワンちゃんと関係ありますか?」

先輩:「一目見たときからすごい美しいと思ってたんだ!せめて部屋にだけでも」

Licensed material used with permission by Chris Hallbeck
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
毎日忙しく仕事をしている人だからこそ共感できる、あるあるな日常。文字がほとんどないためスラスラ読んで楽しめちゃう。ちょっとした息抜きに読んだら意外にストレ...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
人間の本性は善であり、成長するうちに悪を知ってしまうという「性善説」。一方で人の本性は悪であり、生きていく中で善を学ぶというのが「性悪説」です。「The ...
明日からでも、やめましょう。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
新社会人になり研修や会議に出ると、「ん?今、なんて言った?」というような言葉が次々出てきたり。そこで今回は、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を集めて...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
晴れて爽やかな朝であっても、会社に行くのが憂鬱だったらどんよりした顔にもなってしまいます。上司と上手く行かなかったり、社内で差別を感じたりなど、悩みは人そ...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
社会の闇を感じるイラストを見つけました。スーツが「喪服」のように見えてしまうサラリーマンたちを見ていると、仕事とは人生において何なのだろう。そう思わずには...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
Gudim Antonの描くのは、大なり小なりの差はあるけれど登場人物たちの「不運な出来事」をオチにしたマンガ。全て、セリフのないシーンだけなのだけど、じ...
20代半ばのイラストレーター、Caitlin Quijanoさんはクオーターライフクライシスの真っ只中。そんな自分の人生のエッセンスを、ぎゅっと漫画に込め...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。