社会人として「やってはいけない」6つの悪習慣

 

あなたは、職場でうまく立ち回れていると思いますか?

もし、ほんの少しでも「できてないかも」と思い当たる節があるのだとしたら、「Elite Daily」のJulia Guerra氏の記事を読んで、改善につとめてみましょう。

4706775236345856

学生時代、なかなかまわりに馴染めないと思っていたあなた。残念なことに、順応性とは社会に出ても求められるものです。大人になるのは、想像以上に大変なのかもしれません。

大学にあった「カリキュラム」のように、オフィスには「特有の品行」があります。だから順応するのにも、時間がかかって当然です。ただ、その環境で働きはじめてしばらく経つのにまだ慣れないのだとしたら、自分の行動を見直すべきかもしれません。

"Work sucks, I know" (仕事なんてつまんない、知ってるさ)

Blink 182が歌ったこの歌詞は、あながち間違いではないでしょう。あなたも一度や二度はこう感じたことがあるはずです。たとえ今、仕事に満足していたとしても、浮き沈みはあります。

「何だかうまくいってないな」と思った時は、一度自分の行動を見返してみましょう。この6つの悪習慣が染み付いてはいませんか?

01.
上司からのアドバイスに
反抗的な返答をする

5932390056722432

上司から辛辣な意見を言われた時は心が締め付けられます。私なんて、上司から初めて自分の原稿に対してフィードバックをもらった時は泣いてしまいましたからね。

でも、何か提出物に対してアドバイスをもらった時には、むやみに自分を責めないようにしてください。べつにあなたがベストを尽くしていないわけではなくて、もしかしたらあなたと上司の間で認識の齟齬が起きていたのかもしれません。

たとえ建設的なアドバイスに慣れていなくても、プロフェッショナル性を持って受け取ることが大切です。

「Ask A Manager」のブロガーAlison Greenさん曰く、他人からのアドバイスに防御的になってしまうと、今後アドバイスをもらえなくなる恐れがあるとのことです。

 

02.
上司の愚痴で
同僚との絆を深める

同僚との絆を深める方法のひとつが、飲み会で上司の愚痴を言い合うことだと思っているのだとしたら、それは大きな間違い。

あなたから誰かの愚痴を聞かされた相手は、あなたの愚痴を言うことにも抵抗を感じなくなります。

これは母親から受け継いだ人生論なのですが、残念なことに、人は高校を卒業しても噂話や愚痴を言いながら生きていくもの。それは仕方ないと思うのです。ただ、その話を聞いてもらう相手は、ちゃんと選んでください。

 

03.
何でもやろうとする

6057822697553920

新しい役職に就いた時など。「なんでも自分でやろう」なんて張り切ってしまう人も多いのではないでしょうか。

もちろん、その積極的な好姿勢は望ましいことです。ただ、自分の器量外のことまで「できる」と約束するのは、自分の身を危険にさらす行為と言えます。

変化の激しい職場で働いている場合、いくつかの作業を同時進行できるというのは好ましいスキル。ですが、できないことまで「できる」と言ってしまうと、最終的に自分の首を締めてしまうのです。

新しい作業を引き受けるか受けないかは、改めて自分の限界値を確認した上で判断するようにしましょう。

04.
質問をするのが怖い

まず言いたいのは、「間抜けな質問」など存在しないということ。

たとえば、新しい部署に移動した時や、新しい作業を任された時。ダメな上司の下についていない限り、一度にすべてを理解しろとは言われないはずです。とはいえ、新しい環境にできる限りはやく慣れるためには、たくさん質問するのが◎

頭に浮かんだ疑問に不安や迷いを感じたときは、まず一度自分で答えを探ってみるようにしましょう。それでもわからない場合は、思い切って質問してみること。「上司のガイドラインに沿って業務を遂行したい」という意思表示でもあるので、好印象を与えられるでしょう。

05.
同僚と仕事以外の話はしない

4831804854894592

仕事が終わったらすぐに帰宅したい。そんな内向的な人にはむずかしいことかもしれません。ただ1日のうち、家よりも職場にいる時間のほうが長いわけですから、同僚とは心地よい関係を築いていきたいもの。

物静かすぎると、ナルシスト、あるいは誰とも交流したくない人、などネガティブなレッテルをはられかねません。「みんなと大親友になりましょう」だなんて言いませんが、自分という人間を周りに知ってもらう程度の交流は必要だと思うのです。まわりのためにも、そして自分のためにも。

06.
不健康な食生活

午後3時にはぐったり……、これって多くの人が陥りがちな習慣だと思うのですが、じつはランチの炭水化物の量次第で改善できるみたいです。

国立睡眠財団によれば、炭水化物に含まれるトリプトファンというアミノ酸によって体がだるさを感じるのだとか。もしサンドイッチにフレンチフライのセットを食べているのだとしたら、早急に野菜やフルーツがたっぷり入ったサラダランチに置き換えましょう。

バランスよくエネルギーチャージができるだけでなく、満腹感も持続します。

Licensed material used with permission by Elite Daily
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
これはビジネスに関するコンテンツを多く紹介している「Entrepreneur」にて、起業家のPeter Daisyme氏が記した記事。上司という立場にいる...
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
今の仕事が嫌いだからといって適当にこなしていると、次につながるチャンスすら転がってきません。せっかく手に入れた仕事なのだから、できる範囲のことを全力でやっ...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
仕事に行くのが憂鬱だと思っている人は多いはず。それでも頑張れる理由はさまざまですが、きっと「同僚の存在」もその一つなのではないでしょうか。Liz Rae氏...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
上司、先輩、後輩、同僚、誰でもいいけれど、周囲にひとりは常に高いパフォーマンスを発揮している人がいませんか?記事内では、彼らが何を習慣にして、心がけている...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
いまの仕事をどれだけ気に入っているとしても、スランプに陥ることは誰にでもある話。友だちや恋人に話を聞いてもらうのもいいですが、本当にちゃんと理解してくれる...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...