見る人の「今の気持ち」によって、見え方が変わるかも。

私の勝手なイメージかもしれないけど、ブロンズ像ってこう「ビシッ!」と決まっているものだと。

一体、この像は何を意味しているんだろう?ちょっと「右脳」が鍛えられそうな作品を見てみよう。

あなたの想像力で、
「 」に入る言葉を埋めてみて

男:「             」

鳥:「             」

青いTシャツの男:「             」

お尻まる出しな人:「             」

クマ:「             」


お尻まる出しな人(その2):「             」

お尻まる出しな人(その3):「             」

そもそも、アートって?

これらの作品の生みの親であるファインアーティストのFredrik Raddum。どれも思わずツッコミを入れたくてウズウズしてしまうものばかり。制作した理由を聞いてみたところ、答えは返ってこなかった。

でも、返事がなかったことが、返事なような気がしてしまった私。「この像の意味を考えてみろ」と、彼からの無言のメッセージではないかと、勝手に深読みをしてみたのだ。

そもそも、アートには表現する自由があるし、観た人たちにとっても感じることや解釈の自由があっていいものだと思う。Fredrikのユーモアある像は、観る側の“想像力を刺激”してくれるような気がしない?



【TABI LABOのsarahahができました】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

 ・こういう記事が好き

 ・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!
Licensed material used with permission byFredrik Raddum
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
上から目線の物言いで他人を不快にさせる人。いつも他人を小馬鹿にした態度を取っている人…。人をバカにする人はいったいどんな心理で他人を見ているのでしょうか。...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
休みが長ければ長いほど、終わった時の衝動は大きい──。まだゴールデンウィーク休暇は終わっていないのに、今ならなんとなく憂鬱な気分になっている人がいたら必読です。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
今週末10月2日(金)、米国発の「キンプトン ホテルズ&レストランツ」ブランドの日本初上陸となる「キンプトン新宿東京」が東京・西新宿にオープン。
嫌味を言う人が持つ7の共通心理と対処法をご紹介。ぜひ参考に。
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 厄介な「上から目線」の人との付き合い方が学べる一冊をご紹介します。
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
“おっぱい”がテーマの移動式現代アート展覧会「おっぱい展」を主催する「and GALLERY」が、来る10月、「ピンクリボン月間」にちなんだキャンペーンを実施!
大事なことを後回しにしてしまったり、集中力が途切れて関係ないことを始めてしまうことを防止するスマート眼鏡「Auctify Specs」が誕生!
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
アメリカ、カリフォルニア州のアーティストRandy Lewisさんの作品は、猫と毛虫など、もの同士を融合させる「合体」アート。少しグロテスクに見えるものも...
交通事故を減らすために、リトアニアの第二の都市カウナスが地元のストリートアーティストとタッグを組みました。それは、横断歩道を渡る前に自然と周りに注意を向け...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...