そもそも人は悪だ。くらいの方が「社会は良く回る」らしい

人間の本性は“善”であり、成長するうちに悪をしってしまう。これが「性善説」。一方、人の本性は“悪”で、生きていくなかで善を学ぶという考え方が「性悪説」です。この性悪説を元に社会をつくるほうが、より人間らしいと動画で訴える「The School of Life」。

二つの考え方が交錯して、考え方がブレそうにならないよう、注意してどうぞ。

「人の未熟さ」を認める
性悪説の考え方

性悪説では、人をまるで信頼していません。私たちは少し賢くなっただけのサルであるということを認めなければならない、と動画は伝えます。けれどこの考え方は、社会をより良くするための大切な概念となるとも。

性悪説にはどのような利点があるのでしょうか。

まず性悪説をベースとした社会では、誰も政治家のことを信じません。選挙演説やマニフェストなどで、政治家は「心から国を良くしたい」というような言葉を淡々と述べますが、それは基本的にすべて嘘なんだそう。

確かに、「正しい政治家がいない」という前提のもとで選挙を行うと、有権者はひとりの人間に権力が集中しないようにするでしょう。

はじめから政治家に対して「彼らは自分の野望のために国家を利用する、貪欲な人間である」という認識を持っていれば、彼らに必要以上に期待しない、という理論です。すると、期待はずれの政治にがっかりしてしまうこともなくなるでしょう。

政治以外でも利点があります。

そのひとつは、著名人のスキャンダルに一喜一憂しなくなるということ。私たちは、才能を持った人たちの不祥事に対して、少なからずショックを受けますよね。

スキャンダルを起こした有名人が誹謗中傷に遭い、仕事を失うということもありますが、性悪説をとれば「人間だから仕方ない」、と許されるようになるのではないでしょうか。

また、人間は完全な生き物ではないと考えることで、教育システムはより整備されたものになるようです。

現在は、学問や技術的なスキルを身につける場所として教育機関がありますが、性悪説の社会では、理性的に行動するにはどのようにすればいいのかという、精神的な教育に重きが置かれるはずです。

未熟な人間が
心地よく暮らすためには

性悪説の社会では、人は未熟であると言うことが共通認識となっているようです。だからこそ、共同体として誰もが気持ち良く生きるにはどうするのが賢明か考えるようになるんだとか。

例えば、都市を設計するときは、優雅で洗練されたものが目指され、犯罪が起こりそうな要素はあらかじめ排除されてしまいます。

性善説の世界では、人は成功し幸せになるものだという認識があります。なので「成功者」のためにお金が使われがちだと動画は述べています。

高級レストランや高級マンションなどが建てられ、名門私立学校に行くのが良いとされる社会。けれど全員が成功するわけではないので、社会そのものに格差が生まれるようです。

一方で性悪説の世界では、「人間はその未熟さ故に失敗する」という根底的な考えがあるため、なるべく質素で安定した毎日を目指します。なので、病院や公立校などの公共機関への投資が増えることが予想されます。

このように、性悪説=人に絶望した考え方ではありません。むしろ性悪説を基準とした社会の方が、思慮深く安定した世界になる可能性は、高いのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by The School of Life

関連する記事

僕たちは「人の価値がお金で決められる社会」を生きている、とThe School of Lifeの動画は説明します。年収と社会貢献度の関わりが、人の価値にど...
親の育て方のせいで十分に成長できなかったと思う人に、ひとつ良い方法があります。それは、自分自身があなたの親になること。その方法を「The School o...
フランスの経済学者トマ・ピケティの経済学書『21世紀の資本』が、社会派ドキュメンタリーとして映画化。来月3月20日(金)より「新宿シネマカリテ」ほか全国順...
今回のThe School of Lifeの動画は、「性の解放」を紐解き、本来の哲学を見直してみるものです。初めは、「性の解放」と言うと、経験数があること...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
人気サイト「The School of Life」の動画は、幸せになるために欠かせない「決断能力」を高めるのに必要になる、5つの考え方を紹介しています。あ...
「The School of Life」が紹介しているのは、いつまでもシングルでいることのメリット。あなたは「愛」について真剣に考えているからこそ、1人を...
毎日のように繰り返すドジな自分を、恥ずかしく思ったり、情けなく思ったりする人にオススメする「The School of Life」の動画。おっちょこちょい...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
「ナルシスト」という言葉をよくネガティブに扱われます。自己中心的だったり、鏡をずっと見ていたり、自分の外見を気にしてばっかりだったり。そこで、The Sc...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
ミッションと野望は違う。ミッションとは、世のためになる事。そして、誰にでも見つけることができるもの。「The School of Life」は、あなただけ...
「The School of Life」の動画では、どうやって相手の性格を変えるべきか、ということを紹介しています。これを応用すれば、彼氏・彼女のイヤな部...
髪の毛がばっちり決まった日はハッピーだけど、寝癖が直らなかった日はなんだか憂うつ。私たちは毎日、ヘアスタイルのことを気にしながら生きています。どうしてこん...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...

おすすめ記事

米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...