上手な「気持ちの伝え方」で、少し先の未来が変わる。

悩んでいることがあるとする。誰かにそのことを話し始める。けれど、相手がつまんなそうにしていたら…。ムッとしてしまう気持ちもわかる。

イライラするのは人間だからしょうがない。大事なのはその時の対処の仕方。「The School of Life」の動画は、対応の仕方ひとつで、まったく異なる結果となった2つのシチュエーションを伝えている。

ソファーに座ってリラックスするカップル。男性は「今の仕事にはウンザリだ」と彼女に話し始める。

「たくさんお金もらっているんだから良いじゃない」と返す彼女。すかさず「関係ない。自分がやりたい事と違うんだから」と彼。それに対し、「何がやりたいかわかるまで、続けるしかないんじゃない?」との返しが。

その後、彼女はつまらなそうに携帯をいじり始める。これが彼のイライラスイッチを押すことに。この状況、あなただったらどうするか想像してみて欲しい。

A:態度に出してぶつける

話を聞いてもらいたいのに粗末に扱われれば、誰だって気を悪くするだろう。彼氏の方は、この後、イライラした感情を「自分勝手だな」と彼女にぶつけることに。すると喧嘩が勃発。

そのうち話は広がっていき、過去の事にまで飛び火してしまう。終いには何が原因だったのかもわからなくなり、収拾がつかなくなっていった。

B:言葉にして打ち明ける

でも、もし相手に対して落ち着いて「イライラの原因」を伝えることができればどうなるだろう。

彼氏:「ねぇ、携帯をちょっと置いてくれない?」
彼女:「なんで?」
彼氏:「話をしている時に携帯を取り出されると、なんていうか、会話が終わってしまったように感じるんだ。(中略)仕事の話がつまらないのはわかる。俺だってバカバカしいと思ってるさ。でも…」

この会話の後、彼女は「ちゃんと聞いていなくてごめんなさい」と、Aとはまったく違う反応を示した。

AよりもBの「選択」で
先の未来が変わるかも

「嫌な思いをさせられた時、その相手に対して怒ると聞いてもらえなくなる。でも、落ち着いて気持ちを伝えれば、相手も無視はできないのです」とThe School of Life。

同じシチュエーションから生まれた2つの結果。どちらが良いか聞かれたら、言うまでもなくBだろう。「簡単にできるならやっている」と突っ込みたくもなるが、まずは感情よりも言葉で伝えるを意識することから始めれば、何かが変わるかもしれない。

コミュニケーションは人間関係ないしは未来にまで影響を及ぼしてしまうものだと思う。少しでも上手くできた方が、自分も周りもハッピーですしね。

Licensed material used with permission by The School of Life
最近、怒ったこと、怒りを覚えたことってどんなことでしょう? 次に書かれた出来事がもし起こったら、どのくらい怒りに燃えるか、0〜10の11段階で点数をつけ...
コミュニケーションでは、目に見てわかる感情と本人が実際に感じている感情が違う時、相手に思いを伝えられずに話がこじれたりすることがある。そんな時、エモーショ...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
夢の中で喧嘩(ケンカ)をするというのは、どんなメッセージが隠されているのでしょう。喧嘩をする夢ですから、見た本人の気分はよくないかもしれません。しかし、安...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
「マインドフルネス」という言葉を耳にしたことあるでしょうか。その定義を簡単にまとめると「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。心の病に...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
「ネガティブな思考が生まれることを止めることはできません…。しかし、感情をコントロールすることで、嫌な気持ちは片付けられます!」そう語るのは、メンタルコン...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
付き合っている人と喧嘩をすることは、必ずしも悪いことではない。ただ、そのやり方が間違っていると、別れがきてしまうようなマズイ事になるのだけれど。今よりもっ...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
感謝は心の中にしまうより、伝えた方が伝える側も伝えられる側も気持ちいもの。でも忙しいと頻繁にできるわけではない。そんな時「ありがとう」を言う以外にもさりげ...
「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりする...