誰かに何かを言われても、気にすることはない「6つのこと」

せっかく前向きだったのに、周りからのちょっとした指摘に影響されてテンションが下がることってありますね。感情はあなたの気持ちを表すもの。周りの反応なんて、そんなに気にすることなんてないんです。

もっと胸を張って自分らしくいるために、「Higher Perspective」から、誰かになにか言われても気にする必要はない6つのこと、を紹介します。

01.
自分の「本当の」気持ち

05c4b5d87eb17d395e86aef397144e12ac02339e

感情的になる人は「弱い」と思われがち。だけど、誰も受け入れてくれないかもしれないのに、自分の気持ちをオープンにできるなんて、相当な強者です。だからあなたも、自分の気持ちを隠す必要はないのです。

自分を偽ってる人よりも、そのほうが勇気のあることだと思いませんか?

02.
大切な友だちと
過ごす時間

友だちと遊びに出かけようとするだけで、不機嫌になる恋人…心当たりはありますか?そんなに束縛される関係なら、考え直したほうがいいでしょう。

大切な友だちと会う度に、「自分が悪いかも」なんて遠慮したり落ち込むなんて、おかしいことなんです。

03.
あなたの仕事が
地味だとしても…

22729f45a8ea092818b4b7fb992764b55c1960ff

みんながみんな、華やかな表舞台で働いてるわけではありません。だからといって、輝かしい仕事をしてるから偉い、ってワケでもないでしょう。

世間的にはちょっと地味に見える仕事だとしても、一生懸命働いて自立してるなら、十分に立派なことなんです。

04.
相手を「許す」
やさしさ

「あんなにヒドイことをされたんだから、仲直りすることなんかないよ!」と、あなたのことを思ってアドバイスをしてくれる友だち。

だけど、相手を許すことで前に進めることもあるんです。周りに言われたからって、相手を嫌いになるかどうかは自分次第です。

05.
未来への夢を
語ること

27061367d1228fc20b41590b88b44ad6fce8b5a7

大きな夢を語ると、バカにされることもしばしば…。それでも、あなたが希望を持たなければ、誰かが代わりに夢をいただいてくれることなんてありません。

どうせなら夢を実現して、みんなの憧れの存在になるくらいの気持ちを持ちましょう。

06.
記憶から消し去りたい
「過去」

どれだけ恥ずかしい過去があったとしても、その過去があってこその「今」。そのことだけは、忘れないでいてください。

Licensed material used with permission by Higher Perspective
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
人間の内面に焦点をあてる「Power of Positivity」。どの記事も“やればできる感”を与える内容が印象的です。ここでは、「自信をなくした時に思...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
日本人は謙虚だからでしょうか、若者は自分に自信が持てていない人が多いようです。2015年の内閣府公表の調査結果を見ても「自分には長所がある」「自分に満足し...
「ネガティブな思考が生まれることを止めることはできません…。しかし、感情をコントロールすることで、嫌な気持ちは片付けられます!」そう語るのは、メンタルコン...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
本当に自信のある人とはどんな人でしょうか? きっとあなたの周りにも自信に満ちた魅力的な人がいるでしょう。本当の自信というものは、素晴らしい習慣と努力によっ...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
私たちは皆、社会のなかで生きているからこそ、人の目を気にしたり評価を気にすることがあります。でも、あえて周りを気にしなければポジティブな結果をもたらすこと...
どうしても抜けない腰の痛み。何もしていないのに首の調子がおかしい…。もしかしたらその痛みは、心の不安が原因かもしれません。心とカラダは繋がっている、と断言...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
楽天的な人は何も考えていないという事はない。彼らはむしろ、ネガティブな事が起きた時に軌道修正ができたり、物事に対して冷静な判断を下せたりする。ライターのS...