社会って厳しい!20代半ばの「あるある」イラスト

20代半ばのイラストレーター、Caitlin Quijanoさんはクオーターライフクライシスの真っ只中。そんな自分の人生のエッセンスを、ぎゅっと漫画に込めて描くことにしました。

国が違っても、新社会人の悩みって世界共通なんだな〜と思える作品「Anemone Lost」を紹介します。

01.
さぁ、見つけてごらん

「大学卒業おめでとう!こっちだよ!」
「わあー!」

バタン!

「さあ、“見つけて”ごらん」
「見つけるって、何を?」

「知らないよ。考えな」
「どういうこと!?」

ふーっ

「えっ?」

02.
以下、くりかえし

「よし、仕事の時間だ」

「お腹すいたな。先にお昼食べよう」

「ふぁぁぁ、コーヒーがほしい」

「先にネットで何が起きてるか見よう」

03.
「大きな決断」は
見て見ぬ振り

箱「大きな決断」
「うわー!」

…。

04.
初任給のゆくえ

「やった!初任給だ!」

請求書「こっち見な」

請求書「これからは俺の言いなりだ」

05.
ちょっとだけ間食

「お腹ペコペコだけど、まだ3時だ…」

「ちょっとだけクラッカー食べよっと」

「もうちょっとだけ…」

「私、何やってるんだろう?」

06.
世の中に言いたいこと

「成功するって約束したじゃない!」
「不公平だわ!」
「システムが間違ってるのよ!」

「お前の言う通りだよ」

「やったわ、ついに認めたわね」

「それで、お前はどうしようと思ってるわけ?」
「え?ええっと…今のところ文句を言ってるだけ…」

「よしよし」

07.
危険なボタン

ポチポチポチポチ。

「おい、俺のボタンを押すのやめてくれないか?」
「ごめんなさい、退屈してたの」

「危険」

08.
あなたの短所は?

「あなたの最も弱い点はなんですか?」

「そうですね、自分の手に余ることをしようとするところです」

09.
大人にとっての
モンスター

子どもの頃のモンスター
→影の形

大人のモンスター
Facebook「お前の高校の友だちがどれだけ成功してるか見てみようぜ」
請求書「そろそろ期日だぞ」
自分「私は40歳のあなたよ」

10.
来客対応

予定通りのお客さん
「いらっしゃい!飲み物を用意するわね」

急なお客さん
コンコン!「待ってよ、何の準備もできてないわ」

Licensed material used with permission by Anemone Lost