「こういう人」が、フリーランスでも成功する。

やりたいことや好きなことはわかっていて、将来は、フリーランスとして活躍したい。そんな方のために、どうしたら長く心地よく活躍できるのか、天職(calling)の研究事例の中から、3つのアドバイスをご紹介します。

専門にこだわりすぎないで。
柔軟性がポイント◎

6469883101446144

自分の仕事を天職だと思っている人は、迷いがなく、より高い目標を掲げ、目標達成に向け努力する傾向があります。そのため、早く昇進できたり、仕事で成功できるパターンも多数。

一方で、アムステルダム自由大学のEvgenia I. Lysova助教授らが、オランダ人を対象に行った調査結果ではこんな結果が。

今の仕事を天職だと思っている人は、“その仕事をしている自分”こそ、本来の姿だと思っています。

そのため、たとえ収入が減っても、他の仕事を探そうせず、柔軟性に欠け、天職だと思っていない人よりも雇用されにくいのです。

大好きな仕事でも、収入額やニーズの問題で主軸にすることが難しい場合には、2番目にやる気がわく仕事や、自分の専門に関連がある仕事にもチャレンジしてみましょう。

視野が広がるだけでなく、相乗効果が生まれ、収入も安定しやすいので、心に余裕が生まれます。2番目の仕事がうまくいけば、必ず天職と思っている仕事もうまく進み始め流でしょう。

出典:Evgenia I. Lysova, et.; Examinating calling as a double-edged sword for employability, Journal of Vocational Behavior(2018) 261-272

長期的な視点を持って、
周囲とうまくやっていきましょう。

Oxford大学のSally Maitlis教授らが、「この仕事が天職だ」と思って働いている50人(動物シェルターに勤める)を対象に、長期でインタビュー調査をしました。

教授らは、職場で遭遇する困難に対し、彼らがどう対処したかを分析しました。困難というのは、安楽死を見るのがつらい、 3Kワーク、経営者や同僚との価値観の違いなどです。

その結果、50人は<3つのタイプ>に分かれていることに気づきました。

【タイプその1】
アイデンティティー志向タイプ 

6389037321420800

アイデンティティータイプは、動物を相手に仕事をする天賦の素質があり、動物のために貢献する自分が、自分そのものだと認識しています。

それゆえ、同僚の動物への接し方が許せなかったり、理想を追求して孤立した結果、動物に関する別の仕事に転職するケースが多かったです。

【タイプその2】
貢献志向タイプ

貢献タイプは、動物への接し方について高いスキルがあると認識しています。

困難に遭遇し、自分の仕事へのインパクトが低くなるにつれ、自分には高いスキルがあり、貢献したいという思いが強くなります。

自分のスキルが活かせる別の分野で貢献したいと考え、環境団体や自然保護といった動物愛護に関連する別の分野へ転職しました。

【タイプその3】
プラクティス志向タイプ

特に才能、技能はないけれど、動物が好きで、動物について学びたいという情熱があるタイプです。

動物への情熱は強いものの、自己実現や貢献度への執着はなく、職場のトラブルにも大きなショックもなく、むしろ学び・成長の機会ととらえました。

同僚とうまくやり、動物への愛という情熱から、徐々にチームを引っ張っていくようになり、時間をかけて変化をもたらしながら、業界にイノベーションをもたらすような成果を挙げます。


自分はアイデンティティー志向タイプ、貢献志向タイプの傾向があると思う方は、少しぎくっとする研究結果だと思います。

好きなだからこそ思い入れや自負もあり、ついつい自意識過剰になったり、短期的な結果をだそうとしてしまいがち。

けれど、一緒に仕事をする仲間やお客様と良い関係を築くこと、時間がかかっても、みんなで良い成果を出すことを意識することが、何よりも大切なのです。

出典:Kira Schabram, Sally Maitlis (2013),Negociating the challenges of a calling: Emotion and enacted sensemaking in animal shelter work. "Academy of Management Journal 2017, vol 60, No.2 584-609

仕事のあとは、
OFFモードに切り替えましょう。

4868147525976064

自分の仕事を天職だと強く思っている人は、ついついワーカーホリックになり、仕事が終わった後も、仕事のことを考えているケースが多いそうです。

そこで、Kings CollegeのMichael Clinton准教授等は、天職感が強い人は睡眠に影響があるのではないか?と仮定し、イギリスで聖職についている人を対象に、<天職と眠りの質の相関関係>を調べてみることに。

その結果、天職だと強く思っている人は、仕事をする時間がより長く、プライベートでも仕事の事が頭から離れにくく、睡眠の質がよくないという結果を発表しています。

睡眠の質が良くないと、活力の低下にもつながります。

いくら好きな仕事とはいえ、こんな状態では良い仕事を世の中に提供できなくなります。

また、ワーカーホリックになると、家族団らんの食事の際も仕事のことを考えていたり、あなたの家族や友達をおろそかにしてしまいがちです。

仕事の質を上げるためにも働きすぎず、仕事とプライベートの切り替えを意識しましょう。

出典:Clinton, M. E., Conway, N.,&Sturges, J.(2017) ;"It's tough hanging up a calling". The relationships between calling and work hours, psychological detachment, spleep quiality, and morning vigor.JOURNAL OF OOCUPATIONAL HEALTH PSYCHOLOGY, 22(1),28-39. DOI:10.1037/ocp0000025
人生は一度切り。だから、「これをやるために生まれてきた」と思える仕事に出会いたいと思っている人は、少なくないのではないでしょうか?今回は欧米の研究者による...
天職研究の権威であるコロラド州立大学Bryan J. Dik教授等が提案する、天職を見つけるためのカウンセリング(a calling-oriented c...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。1,000以上のWEB...
「ショップT、大集合!」#3 つるやパン@滋賀県
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
「成功」によって、大切なものを失ってしまう人がいます。『Inc』のライターNicolas Coleさん曰く、それはこの5つに当てはまるから。
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
演じる作品はどれも名作となり、輝かしい経歴を手にしたオードリー・ヘップバーン。しかし彼女がバレリーナという夢を挫折し、生活のために女優へと転身したことはあ...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
「Inc.com」で公開された記事「この7つの質問に『Yes』と答えられたら、あなたは成功している」は、常に高みを目指しているビジネスパーソンにだけ紹介し...
多種多様な働き方が可能な現代では、あえて組織に属さないという選択も市民権を得ています。が、もちろんそこは一長一短。あっちが立てばこっちが立たずといったとこ...
成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...
Googleは数年かけて多くのチームを調査し、成功しやすいチームの傾向を掴んですでに発表している。その研究内容をご紹介。成功しやすいチームとは、強い信頼関...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...