「だから二流なんだよな〜」って、思われる5つのこと

私たちは日々、仕事で難しい課題に向き合っています。その先に目指しているものは「成功」であり、仕事で成功したときの達成感と快感は、たまらないものですよね。

しかし、「成功」によって、大切なものを失ってしまう人もいます。『Inc』のライターNicolas Coleさん曰く、それはこの5つに当てはまるから。

01.
簡単に初心を忘れる

6002361684197376

社会人として、私たちは外からのアドバイスや自分自身のモチベーションを糧にしながら成長を遂げていきます。しかし、そのうちに「好きでやっている」というモチベーションが、「やらなければならない」という義務感へと変わってくるのです。

成功という事実は、他者のアドバイスを聞く姿勢を取りづらくさせてしまいます。お金が絡んでくる場合は、特に。視野が狭くなり、襲ってくる得体の知れない焦燥感。

評価されたり、期待されているときこそ、仕事を始めたときの“素直な姿勢”を手放さないよう、努力しなければいけません。

02.
自分を過大評価する

4666654772428800

仕事が成功して収入が増えると、私たちは生活の水準をより高いものにします。

はじめは満足感でいっぱいかもしれませんが、上げた水準は次第に「普通」へと変わっていくでしょう。そして、手に入れた高い水準をキープできるように、無意識のうちに自分への期待値を上げてしまいます。

元の生活に戻ることは、ダウングレード。そう思ってしまうと、自分の首を絞めることになりかねません。

 

03.
さらなる成功を追い求める

5839081523118080

例えば、あなたが年間1,000万稼いでいたとしましょう。その時点でも、十分幸せな生活を送ることができていましたが、まわりの成功者たちは、「1年に2,000万稼げばもっと幸福になれる」と言ってきます。

その後、たゆまぬ努力によって、年間2,000万稼ぐことができるようになったとしても、更なる成功者たちは「2,000万稼げるなら、もっと稼ぐことも容易いはず」と声をかけます。

きっと、終わることなく上昇し続けるでしょう。

無理をせずに自分の心地がいい生活を見つけたとしても、追い求め続けてしまうと、周りの目が気になって苦しむことになるかもしれません。

04.
他人の評価に左右される

6198597397774336

あなたが何かに成功すると、周りの人々から向けられる目が変わります。成功を喜んでくれた後、彼らは更なる成功をあなたに期待することでしょう。

当然、その期待を裏切りたくないと考えます。失敗すれば周囲の人々は自分に失望し、離れていってしまうかもしれない。

しかし、その成功が本当にあなた自身の価値であるのか、もう一度考えてみてください。何かを達成する前も、何もできない子どもだった頃も、変わらずあなたを愛してくれた人はいるはずです。

人に尊敬されるためではなく、自分が好きだから、その仕事に打ち込んできた気持ちを手放さないでください。

05.
仕事人間になり過ぎてしまう

5362209962065920

仕事に成功すると、それが自分のすべてであると考えてしまいます。

それまで習慣にしていた、情報収集や絵を描く時間、音楽を楽しむ時間などを忘れ、自分と向き合う時間を疎かにしてしまうかもしれません。しかし、仕事以外の時間こそ、あなたを成功に導いた鍵であることを忘れないようにしてください。

「成功者」として“仕事のみ”の人間になった途端に、失うものは多いでしょう。自分が本来愛していたことを、続ける努力が大切なのです。


もちろん、成功は喜ばしいことであり、私たちの人生を一歩先に進めてくれる大切な経験です。しかしそれによって、自分の人生を振り回されてしまわないよう、地に足をつけ、信念を持つことが重要です。

他人の評価やお金のため、ステータスのためではなく、何かを始めるときに抱いていた、わくわくした気持ちを思い出しながら進んでいきましょう。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
2004年にAppleに入社したHuxley Dunsanyは、社員証の裏に書かれていた「成功のためのルール」を公開しました。その内容を実践したら、自身の...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
「Inc.com」で公開された記事「この7つの質問に『Yes』と答えられたら、あなたは成功している」は、常に高みを目指しているビジネスパーソンにだけ紹介し...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
現代において、キャリアへの憧れは男女問わないものとなりました。女性の職場がまだ少なかった時代から長年トップCAとしてキャリアを形成してきた私ですが、いわゆ...
4月20日に発売されたばかりの『人生やらなくていいリスト』の著者である四角大輔さんは、元大手レコード会社勤務のアーティストプロデューサー。本書では、彼のサ...
Googleは数年かけて多くのチームを調査し、成功しやすいチームの傾向を掴んですでに発表している。その研究内容をご紹介。成功しやすいチームとは、強い信頼関...
『inc.』のJeff Hadenさんの記事によると、全米の40万名以上を対象に調査をした結果、「昇進が効果的に管理されている」と社員が思うとき、2倍以上...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
実際、同僚とはどこまで親しくするべきなのか?「TalentSmart」の記事のポイントは、まさにそこ。ビジネスにおいて、一度何かを共有したら、もう後戻りで...
あるチームを“Fortune 100”に導いた経験もあるGordon Tredgold氏は、成功への秘訣を「Inc.」で紹介しています。意識をすれば、自分...
サーフショップの店員から、「TalentSmart」の共同創設者となったTravis Bradberry氏。華麗な転身を遂げた彼が教える「キャリアに関する...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?