「一生分の影響を誰かに与える」1分以内にできるある事とは

これまで、「Inc.」の人気ライターであるJeff Haden氏の記事を、数多く紹介してきました。今回新たに紹介したい記事には、「誰かに一生分の影響を与えられるほどインパクトをもつ、1分もかからないある事」について書かれています。

最初は、「そんなことってあるの?」と少し疑いながら読んでいた私。先に言ってしまうと、ある事とはつまり「人に感謝する事」だったのだけれど、最後まで読むとその理由に納得してしまったのです。

誰もが居場所を探している。
だからこそ伝えるべきことがある。

A6a253ce781a073163a4ac34a2d2c76fb201c0ec

誰かの人生に影響を与えたいですか?もし答えが「YES」であれば、彼らに居場所を与えることです。

なぜかというと、多くの人は居場所があると感じられていないからです。

会社が新人に対して優しくても、新しい従業員は常に重圧を感じ、どう評価されているのかと考えているかもしれません。会社のCEOの報告では、半分以上が孤独に感じているということなのです。

孤独を感じているのは、いつもひとりで昼食を食べている経理担当の男性かもしれないし、あるいは、いつもグループ内では目立たないけれど雑務を担当してくれる女性かもしれない。提案がありそうなのに、ミーティングで決して口を開かないあの男性かもしれない。

ビジネスの場で、居心地が悪そうに躊躇している人を見つけるのは簡単です。

でも、居場所がないと感じている人はどこにでもいます。例えばスポーツジム。体を動かすことが得意な人じゃない限り、運動に慣れていない人は、きっと不安を感じて自分に自信がなくなるでしょう。そして、ここに居場所はないと感じて別のところへ行きたくなってしまいます。

もしそれが職場で起きているならば、誰かがその人に、仕事に対して喜びを感じられるようにすべきかもしれません。

レストランの従業員を一生のキャリアにしようという人はあまりいません。スーパーのレジ打ちを一生やろうと思う人も少ないでしょう。あるいは、新卒で肉体労働をしている人が、ずっとその仕事を続けようとは思わないでしょう(私も周囲もみんなそうでした)。

仕事ができる人はよく褒めてもらえます。でもそうじゃない人は、自分が透明人間に感じて、見られていない、気づかれていない、そして感謝されていないと思いがちです。

誰もが敬意をもって接してもらうべきです。どんな仕事もどんな従業員も大事なのです。

7c96e5bafff6501703c84fb4f13f52aff3eb58c3

職場で誰かひとりを選んでください。あるいは仕事以外でも良いでしょう。そして、心から「ありがとう」を言いましょう。それか、誰かを純粋に褒めてあげてください。もしくは相手の仕事を尊重するような質問をしてみてください。相手が、会社やグループやあなたに対してより繋がりを感じられる質問です。

その時、相手がひとりの人間として感謝されていると、伝わるようにしましょう。

いつも恥ずかしがり屋で自信のない私が言います。その人は感情を表に出さないかもしれませんが、あなたのその行動に感謝するはずです。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
明文化されていない社会人のルールをどれだけ知っているか。これは、いち早く社会人として認められるために必要な資質。ここでは、拙著『一流役員が実践してきた 入...
出会ったばかりの人なのに、相手にすぐ覚えてもらえる人っていますよね?それってビジネスシーンだとかなり得。次に会った時も、声をかけられやすいですしね。という...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
とあるコンサルティング企業のCEOであるDustin McKissens氏、35歳。彼が、大学院を終えたばかりの10年前の自分に、社会人の先輩として伝えた...
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
一度起きたら、寝かしつけるのが大変…。赤ちゃんが眠りにつかず、苦戦している人も多いのでは?そんな悩めるママパパに必見の動画がコレ。グズって眠らない赤ちゃん...
ギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもある鎌田安里紗さん。10代、20代を中心に支持を集める彼女はエシカル・プランナーでもあり、多数のファッシ...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
シンガポールの国立大学、南洋理工大学(Nanyang Technological University :NTU)の研究でリチウムイオン2次電池(蓄電池)...
「Inc.」で多くのビジネス記事を執筆しているJeff Hadenさんも「収益を生み出せないミーティングは単なる時間の無駄」だと言います。中でもこんな特徴...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
誰でも「デキる上司」に、1度は憧れるもの。「自分もいつかああなりたい」と尊敬できるし、多くのことを吸収して自分の成長にも繋げられるから。ただ、社会人になっ...
人間の本性は善であり、成長するうちに悪を知ってしまうという「性善説」。一方で人の本性は悪であり、生きていく中で善を学ぶというのが「性悪説」です。「The ...
受験やビジネスシーンにおいても、現代社会で「競争」を避けることはほぼできません。中には、勝つことに執着し、不正や他者を蹴落とすなどの行き過ぎた行動を起こす...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...