【特集】年収1000万円以上「フリーランスの流儀」vol.3

記事のポイント

・ココロを整える
・間違った思い込みを捨てる
・「成長なきは死」

世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいるようです。

「Six-Figures」と呼ばれている彼ら。どんな仕事を?いったいどんな働き方?何を考えて、何に苦労していたのか?

そんな問いかけをする連載の第3弾。少し趣向を変えて、半年間のプログラムで「稼ぐ」フリーランスを養成するオンラインビジネススクールSix-Figure Freelancer Academyを運営するJenny Beres氏に話を伺いました。

現在はプロのコピーライターとして活動しつつ、スクールの運営に忙しい彼女。実は、10年前はレストランのウェイトレスとして働いていて、起業時の資金はたったの75ドル(約8,000円)のみ。そこから2つのクライアント先だけで年収1000万円を超えるようになったそう。

第一回の記事はこちら
第二回の記事はこちら

6428402307301376

毎朝、ココロを整える

ーーどうしてフリーランスになろうと?

いや就職できないんですよね、そもそも(笑)。

私はクリエイティブライターで、映画のシナリオや脚本を書いています。お金のために脚本を売るのではなくて、クリエイティブな夢をサポートできるようなビジネスをしたいと思っていました。

ちゃんとした仕事をしたことはなくて、もう11年もフリーランスとして生きています。「自由さ」に価値を感じていますし、生徒のみなさんには私が稼いでいるお金が「限界」だと感じてほしくないですね。

ーー毎日のルーティーンがあれば教えてください。

毎日が新しい日で違っていますね。特別なルーティーンはないかも。でも朝はココロを整えるようにしています。

ココロが整っていないと、仕事を広げることはできないし新しいゴールや何をやめなければいけないか判断できないからです。あと1日4時間しか絶対に働かないと決めています。

限られた時間とリソースの中で質のいいクライアントと働くこと、そして質のいいフリーランスの仲間たち、Six-Figure Freelancer Communityにいるような人と働いています。

ーー何がフリーランスとして一番苦労していますか?

うーん、何が苦労で何が苦労じゃないかが分からないですね。もちろん難しい状況や課題はあります。でもいいクライアントと仲間に囲まれていると思います。

自分の「価値」を理解すれば、適切な料金を請求する方法を学び始めるでしょう。

つまり、自分のサービスの価値が何なのか、クライアントのためにどうやって価値を生み出せるかを理解するということ。

「できない」と思っていたことに挑戦する

ーーフリーランスの仕事をする上で最も大切にしていることは何ですか?

最も大切なことは「マインドセット」と「間違った思い込みを捨てること」です。

思い込みというのはたくさんあります。例えば、できると考えること、できないと考えること、合理的だと考えていること、これくらいは稼げるだろうなと考えていること、こんな額は稼げないと思っていること。

間違った思い込みを捨てる、これが重要なんです。すべての面で思い込みを捨てる、実際はできるのに、できないだろうと思っていたことに挑戦する。それがこの仕事で最も大切なことです。

ーー仕事でも人生でも一番のアドバイスを教えてください

フリーランスとしてはとてもシンプルですよ。「成長なきは、死」です。だから成長することを考え続けなければいけません。

「終わり」はなくて、着いた!なんて感覚もない。いつも次のこと、ビジネスを広げること、それを管理することです。さもなければビジネスは死んでしまうのです。

ーー次のステップは?

拡大し続けることですね。Six-Figure Freelancer Academyのフリーランスたちと働くことが大好きだし、今まさにそのコミュニティを作っているところです。

このコミュニティはフリーランスの人が来て「どうやって質のいいクライアントを捕まえるか」を学びます。中には最初の週で50万〜60万以上稼ぐ人もいるんですよ!

ーー最後に日本のフリーランスへメッセージをお願いします。

立ち止まるな。クライアントを捕まえる方法、ピッチ(自分の事業について短くスピーチすること)の方法、フォローアップはどうやるのか、見込みがないクライアントを最高のクライアントにする方法を学んでください。

そうすれば、止まることなく良い仕事に関わることができて、売上は徐々に良くなり、年収1000万円かそれ以上のフリーランスになれるでしょう。

Licensed material used with permission by Six Figure Freelancer
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。1,000以上のWEB...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
ここで紹介するのは、年収3,000万円という高給を手放し、51歳で77年式のフォルクスワーゲンに乗って旅に出たBob Cooneyという男性の物語。「Th...
自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...
やりたいことや好きなことはわかっていて、将来は、フリーランスとして活躍したい。そんな方のために、どうしたら長く心地よく活躍できるのか、天職(calling...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
ハワイは現在、深刻な「教師不足」に直面しているそうです。南の国で働けるなんて最高!とはいえ、一体どんなお仕事なのでしょうか?「ハワイ州教育省」によると、と...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
アメリカで初任給の高い大学「ベスト50」が「Business Insider」で発表された。社会人一年生であるフレッシュマンが手にする破格の年収にも驚かさ...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...