ToDoリストはもう古い!これからはNotToDoリストです!

会社員を辞めて、フリーランスを経て、起業したわたし。まだまだ道半ばですが、この急激な変化は、たった1年のこと。

なぜ、1年で変化が起きたのか?それは、『やりたくないことリスト』を作るようにしたから。そうしたら、起業なんて夢みたいなことが、あっという間にかないました。

その理由と作り方をご紹介しますね。

1 苦手なこと、嫌なことを書き出す

6556225365868544

まずは、自分が苦手なこと、嫌なことを洗いざらいノートに書き出します。これをすると、あなたの好き嫌い、得手不得手がわかります。

好きなものや得意なことはわかっていると思うのですが、嫌いなことや不得意なことってなかなか把握していないものです。もしくは、把握していても見て見ぬ振りをしていたり。

わたしが苦手なことは何だろう?嫌なことは何だろう?と徹底的に考えてみましょう。

すると、あっという間に『やりたくないことリスト』が完成します。

2 嫌なことをしないためにはどうしたらいいかを考える

5818642042191872

仕事でもプライベートでも、『あなたが嫌なこと』がわかりましたね。そうしたら、その嫌なことをしないために、何をするべきかを考えましょう。

わたしの場合ですが、

嫌なこと:家事全般
 ↓ 家事をしないにはどうしたらいい?
家事代行サービスにお願いしよう!

となりました。

ここで間違えないでほしいのは、現実的か否かはおいておいて、あくまでも解決策を考えるということに徹してください。

3 『やりたくないこと』をやってください

6197456010215424

『やりたくないことリスト』に書いたのに、“やってもいい”のです。え?なんで?と思いましたよね。

時には『やりたくないこと』をやらなきゃいけない状況もあるでしょう。やりたくないからと言って、すぐにやらなくていい状況が作れないこともあります。

2に書いたわたしの場合は、

嫌なこと:家事全般
 ↓ 家事をしないにはどうしたらいい?
家事代行サービスにお願いしよう!
 ↓
家事代行サービスはお金がかかる
 ↓
今は家事代行サービスを頼むお金が足りないな

となり、今は家事をやらざるを得なくなります。

でも、次はやりたくないことをやらないために、「お金を稼ごう。副業しよう。友達との飲み会を1回やめよう」などとさまざまな具体的な行動が思いつくのです。


要は自分がやりたくないことを可視化すると、やるべきこと、考えるべきことがわかってくるのです。結局はToDoリストなんじゃ?と思いますよね。でもそうではありません。見えてくるのは『やらなくてはいけない』ではなく『やりたい』なんですよ。

ちなみにわたしの『やらないことリスト』を一部だけお教えしますね。

・嫌だと思った人と仕事をしない
・人に媚びない
・悪口を言わない

これらをやりつつも、やらない方法を考えていくと、不思議!好きな人たちと仕事ができるようになり、媚びる必要がなくなり、悪口が出てこなくなりました。

まずは、『やりたくないこと』を知るだけで、逆説的ですが、夢は少しずつかなっていきます。わたしもまだ道の途中ですが、一歩ずつだけど確実に夢がかなっていますから!

「ToDoリストなんて、ロボットのためのシステムに等しい」、こう断言するのは、脱サラしてミレニアル世代に向けたコンサル会社を立ち上げた、起業家Daniel...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
ディープな英語を学べる「麻薬の隠語リスト」。アメリカの麻薬取締局「DEA」が毎年アップデートしています。
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
壁にかけておいて、ロールを引き出して使えるメモ帳。
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
日々仕事をしていく中で、非効率的なことや無駄なことに時間や労力を費やしている人は意外と多いと思います。自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』...
私たちは何か目標を立てるとき、何か「する」ことを考えがちですよね。おそらくみなさんも「今年は絶対にこれをやる!」と抱負を決めたことでしょう。でも「Brit...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
4月20日に発売されたばかりの『人生やらなくていいリスト』の著者である四角大輔さんは、元大手レコード会社勤務のアーティストプロデューサー。本書では、彼のサ...
夏休みもシルバーウィークも終わり、いよいよ年末に向けて「今年立てた目標、ちゃんと達成できているかな?」と振り返る時期かもしれません。なかには「全然できてな...
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
凛としてかっこいい女性は、仕事も遊びも幅広く知っているもの。家庭をまだ持っていないあなたは、「自由な時間」という貴重なものを手にしています。今のうちに、女...
自分に合っていない男に引っかかり、傷ついて、気を落とすのはもう散々…。ダメな恋愛にしがみついて失敗を繰り返さないために注目したいのは、「YourTango...
スカイダイビングをする。バルセロナに一度は住んでみる。イルカと一緒に泳ぐ。こういった死ぬまでにしたいことを明確にすることで、人生が充実しはじめる。そう指摘...
仕事、プライベート、人間関係など、30代は人生における大きな決断をすることが多い年代です。中でも35歳は人生のターニングポイントであり、人生戦略を見直すべ...
たとえ二人が一緒に過ごしていても、その理由が「愛」か「執着」かでは大きな違いがあるもの。でもコレって、自分ではどちらなのか判断しにくいですよね。そこで、大...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...