いくつ実践できていますか?人生を豊かにする10のこと

ついこの前2017年になったばかりかと思ったのに、もう4月。

新年に立てた目標も、いつのまにか春がきて…と、時間が過ぎるのは本当に早いですよね。時間は刻一刻と刻まれていきますが、どうしたらより充実して過ごせるでしょう?

そんな人のために、普段から人生をシンプルに、豊かに生きることを実践しているJoshua Beckerさんの記事を紹介します。

01.
早起きをして
朝からエネルギッシュに

4d5f05ef6821528962cafb887b0dca27214afc6e

朝の早い時間帯は静かで安らか。生産性がありエネルギーを与えてくれます。夜更かしをしてしまう癖がある人は「自分には無理だ…」と思うかもしれませんが、Beckerさん自身、早起きするためのアドバイスが書かれた記事を読み漁って実践するようになってからは、その大きなメリットに気づいたそう。今では、一日の中でも一番好きな時間帯なんだとか。

02.
朝食にタンパク質を

体が動くための燃料になるからこそ、毎食を大切にしましょう。そこらへんのパンを掴んで急いで家を出るよりも、早起きができたら、次はしっかりと朝食をとること。

さらに、タンパク質を摂ると、より頭も働くはず。いつもはパンや白米のみという人は、納豆や卵を添えてみるといいかも。

03.
定期的な運動は
幸福感につながる

808faf4ac3d07c483478c8d670872300ada596fd

Beckerさんは、「MailOnline」の運動が与える仕事の生産性などの研究結果を紹介した記事を引用して

定期的に運動をする人は、しない人に比べて、より幸せで落ち着いていて、何が起きようとうまく対処できるように備えることができる

と言います。研究結果によれば「毎日運動すること」が、これらの効果を生むとみられています。「毎日」がポイントということは、早起きして少しでも体を動かせば、朝の時間を確保すること以上のことが得られそうです。

04.
まずは大きな仕事から

誰もがプロジェクトなど、達成する必要がある何かしらの仕事に携わっていますよね。あなたのToDoリストは、一日で達成できそうにないほど多い…。

そんなときは、一日を最大限に活用するため、リスト上の「大きな仕事」をひとつ選び、それを終わらせてみましょう。それが終わってから、次のタスクに向かうようにしましょう。

05.
夢実現への時間も
活力になる

日々のタスクとは別に、あなたには夢や目標、希望があるはず。 それに大好きな趣味やリフレッシュできるアクティビティもあるでしょう。自分が大好きなことをひとつやって、活力を取り入れてみましょう。

仕事だけで一日が終わるのはあまりにもったいない。好きなことをして、適度に息抜きを。

06.
休むときは思いっきり!

75b7831ba4702bb5843806d3383a85babd3015da

休息は私たちの体にとって、食べ物や水、空気と同じくらい必要不可欠なこと。

自分自身のためにも休み時間をしっかり確保してあげましょう。そして休むときにも「悪いな」なんて思う必要はないのです。

07.
充実した一日は
ひとりでは完結できない

まずは、会話に参加してみること。質問をして、答えにもゆったり時間をかけること。

そして、相手の目をちゃんと見るようにしましょう。人の目は言葉よりも多くのことを語ってくれるから。

08.
人に「与える」ことで
最高の喜びを

自分勝手に生きている限り、人生で最高の喜びは見つかりません。最高の喜びや達成感というのは、誰かに与えているときや、そのようなやる気が出たときに気づくもの。

自分の時間をほかの人の時間に投資して見ましょう。子どもを指導したり同僚を助けたり、チャリティ活動に参加したり。

あなたの声を聞きたがっている友だちに、1本電話をするだけでもいいかもしれません。

09.
体だけじゃない
心にも「投資」を

Cd8a0b439a9b50b96b681be06c2a4d3bf4db9686

私たちの命は、肉体だけではなく「心」や「魂」でもつくられています。

日々の生活の中で、感謝、笑うこと、希望、そして信念を抱いて魂を満たすための時間を見つけましょう。 

10.
明日のための
「リセット」を忘れず

明日は、可能性や機会に満ちた新しい日。寝る前に煮詰まっていたとしても、朝からは白紙の状態でフレッシュに始めたいですよね。毎晩、散らかった思考を片付けるための10分を確保してみましょう。次の日になれば「やっておいて良かった」と思えるはず。

Licensed material used with permission by becomingminimalist
物を減らしてゆとりを持つことを数年間実践しているライターが書いた記事。ミニマリズムを実践することで、実際どのような効果があるか、本人の経験から具体的に掘り...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
今回は手塚千砂子さんの著書『「ほめ日記」効果・自分を味方にする法則』から、具体的にどんなものなのか、どういった効果が期待できるのかをまとめてみました。「ほ...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
常に前向きで人生のすべてが上手くいっているように見える。そんな人、あなたの周りにも一人はいますよね。この記事によると、どうやら彼らが輝いている背景には、豊...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
美人で仕事もできる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別な人」と、勝手に線引きしていませんか?でも、彼女たちが輝いて見えるのは、自...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...