子どものためのリストバンド。大人もつい着けたくなる3つの理由。

あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助けたい、そんな風に思っているかも。

もしあなたが半信半疑でも、それを証明してくれるものがあります。「UNICEF」が始めたムーブメント、「キッズパワー」。リストバンドをつける事で参加できる簡単なもので、子どもたちが貧困で苦しむ他の国の子どもたちを助けるなど、大きく分けると良いことが3つもあるのです。

01.
リストバンドをつけて動くだけ
運動の促進にもつながる

まず必要不可欠なのは、リストバンド。アメリカに住んでいれば、大型スーパーマーケットやオンラインで購入が可能。腕にはめるとあなたの動きを追い、歩数などを数えてくれます。歩いたり走ったりする単純なことではなく、バスケットボールやダンス、縄跳びでもいいのです。

そして同じように準備しなければいけないのが、同期するためのアプリ。楽しく続けてもらおうと、子どもがミッションをクリアしていく設定になっていて、パスポートのような役割を果たします。やればやるほど「旅」ができるのかもしれません。ワクワクしますね。 

02.
動くほど食料を届けるしくみで
子どもたちを助けられる

運動するとどのように人助けができるかというと、先程のリストバンド、実はポイントを貯めることもできるのです。ミッション(最初だけ無料で後は課金制)に参加して、10ポイント獲得すれば、「RUTF」と呼ばれる食料1包分を子どもに届けるという仕組みになっています。1ポイントは約2,400歩。これが多いと思うか少ないと思うかはその子次第。

ちなみに配給される「RUTF」の見た目はこんな感じ。中に入っているのはエネルギーを多く含んだピーナッツペーストです。冷蔵することなく2年間もフレッシュなまま保存しておくことができるうえ食べる時に水を加える必要もなく、食糧危機に瀕している地域ではまさに「ミラクルフード」となるのです。

03.
孤独な挑戦じゃない!
仲間と頑張れる

どんな挑戦でも1人でやるより一緒に取り組んでくれる仲間がいた方がいいですよね。実はこのムーブメント、色んなイベントを開催しています。子どもだけじゃなく家族も一緒に街中に集まってヨガをしたり、これまでスターウォーズとコラボした催し物もありました。ライトセーバーを使うキャラクターになりきって、ブンブン腕を振り回したり華麗なステップを踏んで運動。これなら子どもたちも飽きることなく、楽しく続けることができそう。

また、普段の行動範囲が狭まりがちな子どもたちも、学校や地域の外にいる同年代の子と関わることで、物事を見る視野が広がりそうな予感。

まだアメリカ国内にとどまっているこのムーブメント。今後は色んな国の子どもたちを巻き込んで、広まっていって欲しいものです。

Licensed material used with permission by UNICEF
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
壁にかけておいて、ロールを引き出して使えるメモ帳。
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
ディープな英語を学べる「麻薬の隠語リスト」。アメリカの麻薬取締局「DEA」が毎年アップデートしています。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
BOØWYは日本で一番かっこいいロックバンドだ。氷室京介、布袋寅泰、松井恒松、高橋まこと。バンドメンバー全員が、ここまでかっこいいバンドって奇跡だろう。
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
実家を離れて、一人暮らしも順調。家賃もなんとか払えているし、部屋もそこそこ綺麗。でも、その生活スタイルを深く掘ってみると、案外まだ「子ども」な部分が見え隠...
Amazonや楽天で実勢価格200円ぐらいで手に入るゴムですが、コイツがかなり使えます。ペンやケーブルをまとめたり、ブックバンドにしたり、弁当箱をとめたり...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...