休み明けで憂鬱な子どもたちへ、親子のオリジナルラップ『BACK TO SCHOOL』

誰だって長期休暇明けの仕事は辛いもの。その気持ちは、夏休みが終わった後の子どもも同じ。でも、自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?

Joel Carterさんの答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘Dreamちゃんに歌ってもらうことで、楽しんでほしいという想いも込めて。

Facebookで
480万回以上再生!

元になっているのは、ラッパーYo GottiとNicki Minajによる楽曲『Rake It Up』ですが、子どもを励ますようなオリジナルメッセージがつまっています。

例えば、「成績でAを取ってこい」や「夢を見る前に勉強をしろ」。文章だと少し乱暴な印象もありますが、これをラップで言われたら結構楽しくなってしまうかも。

かたやDreamちゃんのラップは、8歳とは思えないほどの歌唱力。

「お父さんと学校に行きたくなるようなラップを作りたかったの。他の友だちや知らない子も、勉強することが楽しくなるようにね」

Facebookには、この親子を賞賛するようなコメントがたくさん。ちなみに、どこからか噂を聞いたYo Gottiは自身のInstagramアカウントでシェア。本人も認めるほどの完成度だったようですよ。

Licensed material used with permission by The Carter Link
8〜11歳の娘をもつ22人の父親が、娘と一緒に參加した「Dear Daughters」というプロジェクトがある。フェミニズムを主題にした会話をしていくとい...
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
娘には自分が認めた人とデートして欲しいから、デート相手に関するルールを設ける父親も少なくないはず。だけど、J. Warren Welchさんの考えは少し異...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
アイオワ州ダビュークで行われたコミュニティイベント「Back to School Bash Community」に出店した理髪店「Barber Court...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
一緒に買い物にでかけたりと、仲良がいい母と娘って様々なことを通じて見かけることができる。が、親密な関係を面白さで表現したある親子が。お母さんが娘のInst...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
親子でビートボックスをしてる時点でファンキーですが、この動画のバトルの何が凄いってとにかくハイレベルすぎるんです!特に、動画後半(#01分56秒から)は鳥...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...