米で子どもたちに大人気の理髪店!「あるコト」で無料に

アイオワ州ダビュークで行われたコミュニティイベント「Back to School Bash Community」に出店した理髪店「Barber Courtney Holmes」では、ある条件を満たすことで無料のヘアカットを提供していたそうだ。店主のHolmes氏は「USA TODAY」にこう話している。

「子どもたちが来たらぼくはこう言うんだ。テーブルに行って好きな本を取ってきな。もし、読めないなら手伝ってあげるから一緒に読もう。ってね」

サービスの対象は子どもたち。サービスを受けるためには「店主に物語を読んで聞かせる」のが条件だそうだ。子どもたちの読む力をサポートし、コミュニティ内でのコミュニケーションを円滑にする目的があるという。

8月8日土曜日、彼は自身が勤務しているサロン「Spark Family Hair Salon」を休んでコミュニティイベントへと参加した。それは、フリーマーケットのような感覚で物や人手を集め、多くの家族が交流できるイベント。彼自身、小学校への入学を予定している子どもたちを対象にブースを構える準備をしていた。以下に彼のコメントを一部紹介する。

「正直驚いたよ。イベントには無料の本が沢山寄付されていたので、数冊手にとってこの無料のヘアカットを始めた。すると、当初4人だった子どもたちがしばらくして20人ほどに増えていた。皆無料のヘアカットと本を読むために並んでたんだ」

イベントが終わった後も10人ほどの子どもが待ったままの状態だったそうだ。彼はその後も子どもたちのためにサービスを続行することを決意。今では無料で本が送られてくるようになったという。

彼の働く「Spark Family Hair Salon」のオーナーは、月毎に子ども向けに同様のイベントを開催できるかどうかを検討中だという。子どもたちの勉強のサポートをしながら交流を深められるとあって、新たなコミュニケーションを生む場所として注目が集まっているようだ。

Reference:USA TODAY  , Sam Lozada

Licensed material used with permission by ELITE DAILY

他の記事を見る
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
画質の荒さから推測するに、決して昨日今日に撮影されたものではないだろう。一見すると、移動式の床屋のようにも思える。が、その実態はトンデモなかった!「さあ、...
先日、アメリカの中古車販売店が売り出したバンには、ガルウィングドアやタイムトラベル用の装置が搭載されています。まさに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデ...
テキサス州の小学校の校長先生であるBelinda Georgeさんは、Facebookのライブ配信を使い、子どもたちに本の読み聞かせを行っています。途中、...
『On the Road』に出会い、アメリカへ向かった日本人写真家、小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点にし...
漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカやイギリスなど世界中で注目を浴びています。2015〜...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
「BatBnB」はコウモリのために作られた宿泊施設。なんだか洒落た名前がついてはいますが、シンプルに言ってしまえばただの巣箱です(笑)。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。