至れりつくせり。なのにどこかヤバイ「インドの理髪店」

画質の荒さから推測するに、決して昨日今日に撮影されたものではないだろう。一見すると、移動式の床屋のようにも思える。が、その実態はトンデモなかった!「さあ、リラ〜ックス…」から店主の豹変ぶりに悶絶しそうになる、はず。

なんだかよくわからないけど、見てて元気が出てくる。

この床屋、フツーじゃない!
「さあ、リラ〜ックス」

動画は髭剃りから始まり、鼻毛カット、ワックスをつけて蒸しタオルをあてて、とここまではどこにでもありそうな理髪店の風景。ところが、肩もみ、頭皮マッサージへと移ると、突然、店主が豹変する

50秒あたりから始まる謎のマッサージ。

店主はただ「リラッ〜クス!」を繰り返すのみ。ところが、次第に雲行きが怪しくなっていく。呼吸法、過剰な動き、まるで邪義を頭のてっぺんから追い払うかのような手さばきが、lここから永遠と続いていく。

もうやりたい放題の店主。これ、完全に遊んでません?

なにのお客はこの恍惚の表情。その対比構造が、おもしろくて仕方ない。

 

なぜか最後は、両手をこすり合わせる所作をお客にも強要する店主。もう、まったく訳が分からない。

とにかく、こんな調子で5分間。インドポップと外を走る車のクラクション、そして店主の怪しげなブレスが混然一体となり、最後まで見ていると、逆に気分が悪くなったりして。

Licensed material used with permission by Amazing Kids
他の記事を見る
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
2017年、東京にオープンする予定の「BLIND BARBER」は、BAR併設型で深夜2時まで営業する理容室。ヘアカットやシェービングはもちろん、フラッと...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
アイオワ州ダビュークで行われたコミュニティイベント「Back to School Bash Community」に出店した理髪店「Barber Court...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
インド北部の村に暮らす男性のこの奇行。合法か否かとか、もうそんな次元じゃない。
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。