ただ滑るだけじゃないスケートパークが、インドで大人気。

日本のように豊かで何でも手に入る国で生活していると、ひとつのモノや場所に愛着が湧くということは、なかなかない気がする。

でももし、正反対の環境で生きていたらどうだろう。例えば、海外の貧しくて小さな村。

インドの田舎で、子どもたちに大人気のスケートパークがあるという話を聞き、「スケートパークなんだからそりゃ人気だろう」と思いつつ調べてみた。すると意外な理由が見つかった。日本で取り入れたとしてもそこまで影響力はないかもしれない、インドにある小さな村だからこそのナイスなアイデア。

スケボー・ヨガ・お絵かき
村の将来のための遊び場

Janwaar Castle」という名のスケートパークは、インド中部の村Janwaarにある。Ulrike Reinhardさんが、知人や友人から資金を集めて2015年につくったということだ。

誰でも入場できるらしいが、特に子どもはウェルカムみたい。彼らが大人になっても村に残っていたいと思える理由を提供したいからだとか。地方から若い人が出ていってしまうのは日本だけの問題じゃないのだと実感。

ヨガのレッスンをおこなったり、まだボードに乗れなさそうな子どもは絵を描いたりしている。

使用条件は
「学校へ行くこと」

誰に対してもオープン。とはいえ、Reinhardさんは2つの基本的なルールを設けていると「Mashable」に語っている。

1つ目はNo School No Skateboardingといって、子どもたちが学校へ登校しない場合は使用することはできないというもの。事実、スケートパークがオープンしてからは学校の登校率が上がったようだ。どれほど夢中になっても、勉強を怠るべきではないという思いが伝わってくる。

2つ目はGirls First。文字通り女の子を大事にするという精神を教えるためのルールらしい。男性優位のインド社会でこれは重要な教えだろうし、幼い時から自然とジェントルマンらしく振る舞えるのは素敵なことだ。

村や村の将来を担う彼らを大切に思うからこその工夫に、思わず拍手したくなる。

Reference:Mashable
Licensed material used with permission by Janwaar Castle
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
ある日、カリフォルニア州ホリスターにあるSan Benito高校に、女子生徒だけでなく、男子たちもオフショルダーを着て登校しました。学校への抗議の意味もあ...
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんの夢を叶えたストーリー。
あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。
インドに住むカップル、ShyamさんとAnyaさん。ラブラブな2人にも、ひとつだけある不満がありました。それは、インドでは「公共の場でキスをしてはならない...
「チャイルド・トラフィッキング」これは子どもの人身売買を意味する言葉。インドでは女の子を誘拐し、強制的に売春をさせているという事実があります。けれど、加害...