ただ滑るだけじゃないスケートパークが、インドで大人気。

日本のように豊かで何でも手に入る国で生活していると、ひとつのモノや場所に愛着が湧くということは、なかなかない気がする。

でももし、正反対の環境で生きていたらどうだろう。例えば、海外の貧しくて小さな村。

インドの田舎で、子どもたちに大人気のスケートパークがあるという話を聞き、「スケートパークなんだからそりゃ人気だろう」と思いつつ調べてみた。すると意外な理由が見つかった。日本で取り入れたとしてもそこまで影響力はないかもしれない、インドにある小さな村だからこそのナイスなアイデア。

スケボー・ヨガ・お絵かき
村の将来のための遊び場

Janwaar Castle」という名のスケートパークは、インド中部の村Janwaarにある。Ulrike Reinhardさんが、知人や友人から資金を集めて2015年につくったということだ。

誰でも入場できるらしいが、特に子どもはウェルカムみたい。彼らが大人になっても村に残っていたいと思える理由を提供したいからだとか。地方から若い人が出ていってしまうのは日本だけの問題じゃないのだと実感。

ヨガのレッスンをおこなったり、まだボードに乗れなさそうな子どもは絵を描いたりしている。

使用条件は
「学校へ行くこと」

誰に対してもオープン。とはいえ、Reinhardさんは2つの基本的なルールを設けていると「Mashable」に語っている。

1つ目はNo School No Skateboardingといって、子どもたちが学校へ登校しない場合は使用することはできないというもの。事実、スケートパークがオープンしてからは学校の登校率が上がったようだ。どれほど夢中になっても、勉強を怠るべきではないという思いが伝わってくる。

2つ目はGirls First。文字通り女の子を大事にするという精神を教えるためのルールらしい。男性優位のインド社会でこれは重要な教えだろうし、幼い時から自然とジェントルマンらしく振る舞えるのは素敵なことだ。

村や村の将来を担う彼らを大切に思うからこその工夫に、思わず拍手したくなる。

Reference:Mashable
Licensed material used with permission by Janwaar Castle

関連する記事

インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
2004年に発売したNYスニーカーショップ「DQM」との名作コラボである「エアマックス90 “ベーコン”」が復刻発売。それを記念し、アメリカの大手食肉加工...
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
埼玉県議会で「立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない」という条例が成立。周知期間を経て、今年10月1日より県内で施行される。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
インド政府は国内およそ7000の駅構内におけるプラスチックカップの提供を中止し、代わりに焼き物の「クルハド」を用いることを発表した。
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
「NINJAWORKS」が手がける“教育”に関するプロジェクト「GIFT」が話題となっている。クラウドファンディングで公開早々に目標額を達成し、次なるフェ...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
新生活がひと段落し、疲れも出てくる頃。思い通りの人生を歩めているか、疑問に思うタイミングもありますよね。そんな時参考にしたい5つのサインを「Higher ...
新型コロナウイルスの影響で注目を集めた「プレッパー」とよばれる人々。意味、なぜ注目されているのか時代背景やミニマリストとの比較を混じえながら紹介します。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...