「児童労働を児童労働で解決する」インドの学校

経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。

「児童労働を児童労働で解決する」というキャッチーなテーマを掲げ、生徒たちが一体となって負のスパイラルを断ち切ろうと尽力。

お金がないから、親は子どもに働いてもらうしかない。働かなければいけないから、子どもは学校に行けない。知識が足りないから、社会から取り残されてしまう。

「Akshar Forum」は、縦割りグループをつくり、上の年齢の生徒が下の子に勉強を教える仕組みを採用。その指導の対価として生徒に独自の“お金”を支払い、生活用品を“買える”ように。仕事をする感覚を知ってもらいながら、生徒の生活をサポートするためです。

生徒自身の学力が上がっていけばいくほど、その“賃金”も高くなるそうですよ。

「Akshar Forum」での経験は、小さな成功にすぎないかもしれないけど、きっと将来に生きてくる。生徒たちの努力が、好循環をつくるきっかけになりそうです。

Top image: © iStock.com/triloks
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...