「児童労働を児童労働で解決する」インドの学校

経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。

「児童労働を児童労働で解決する」というキャッチーなテーマを掲げ、生徒たちが一体となって負のスパイラルを断ち切ろうと尽力。

お金がないから、親は子どもに働いてもらうしかない。働かなければいけないから、子どもは学校に行けない。知識が足りないから、社会から取り残されてしまう。

「Akshar Forum」は、縦割りグループをつくり、上の年齢の生徒が下の子に勉強を教える仕組みを採用。その指導の対価として生徒に独自の“お金”を支払い、生活用品を“買える”ように。仕事をする感覚を知ってもらいながら、生徒の生活をサポートするためです。

生徒自身の学力が上がっていけばいくほど、その“賃金”も高くなるそうですよ。

「Akshar Forum」での経験は、小さな成功にすぎないかもしれないけど、きっと将来に生きてくる。生徒たちの努力が、好循環をつくるきっかけになりそうです。

Top image: © iStock.com/triloks
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
「海岸侵食」が襲うワイキキビーチ。観光客が戻ってくるその日まで、懸命な砂の運搬作業に追われる市当局。
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
「オーストラリア連邦政府」が、プラスチックによる環境汚染への対応をさらに一歩進める、「国家プラスチック戦略(National Plastics Plan)...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
インド政府は国内およそ7000の駅構内におけるプラスチックカップの提供を中止し、代わりに焼き物の「クルハド」を用いることを発表した。
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
「チャイルド・トラフィッキング」これは子どもの人身売買を意味する言葉。インドでは女の子を誘拐し、強制的に売春をさせているという事実があります。けれど、加害...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
日本初となる児童向けの昆虫食の図鑑『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』が刊行された。環境や社会へのメリット、昆虫食の種類、おいしく食べる方法など充実...
「Sustain Natural」が製造するコンドームは、安すぎない価格で取り引きされた天然ゴムを使っている。フェアトレードされているってことだ。農園で児...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
インド北部の村に暮らす男性のこの奇行。合法か否かとか、もうそんな次元じゃない。
ニューノーマルが叫ばれるなかで、働けば働くほど集中力が下がるという調査結果をもとに「1日8時間」という労働時間の規定に対しても疑問が湧き上がる。
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。
「インド工科大学ボンベイ校(IIT Bombay)」バーチャル卒業式を開催。学生と教授はそれぞれアバターを式に参加させ、学位やメダルの授受をおこなった。
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...