売春被害者だけが通う、インドのロースクール。「私を虐げた男たちに罰を与えたい」。

「チャイルド・トラフィッキング」

これは子どもの人身売買を意味する言葉。インドでは女の子を誘拐し、強制的に売春をさせているという事実があります。けれど、加害者が法に問われることはほとんどないのが現実。でも、その問題に果敢に立ち向かった人たちがいるのです。

「売春婦として売られたとき、私は9才でした」

そう告白する少女の映像から始まる、1本の動画。これを見ることが、国際社会に根付く深刻な問題に目を向けるきっかけになるかもしれません。

苦しむ少女たち
罪に問われない男たち

「インドでは、約120万人の子どもたちが売春婦として利用されています。そしてもっとも多い日で、一日のうちに20人もの男性と性行為をさせられているのです」

「私はひどく拷問されました。加害者たちは罰を受けず、未だ自由に歩き回っています。だから私たちは、今でも自由になれないのです」

「弁護士になりたい。そうすれば、人身売買をする人たちと戦うことができるから」

「私を虐げた男たちに罰を与えるの」

問題を根本的に解決するため…

Ec298e5d521331282e45ea790f833591275e99771c1892a2b8ae125aeb777148617c13aeb899c682

この悲惨な現状に立ち向かうために設立されたのが、動画のタイトルにもなっている「School for Justice」という、法のスペシャリストを育て上げることを目的とした学校。法律関係の評判が高いインドの大学も、この活動に加わっています。

今年4月6日に開校し、19人いる一期生は皆、売春の被害にあっていたところを救出された少女たち。大学に入学するレベルまでサポートし、その後、彼女たちは法学士を取るため、5年間法律を勉強するのだそう。

彼女たちが弁護士や検察官になれるように教育し、犯罪者たちに自分たちが犯した罪を償ってもらう。そして最終的には、政府に、内部から法的システムの改善に向けた取り組みを行ってもらえるよう、働きかけることを目指しています。

120万人 VS 有罪55件

56ba88abb91ca6ee40fa9f55f24d4f580dcc6573866e43d6cf5841ca6b3f3fd06daacbbc545e6edc

インドで体を売ることを強要されている少女の数は、推定120万人ほど。その中には、最も幼くて7才の子もいるのです。彼女たちは自宅から誘拐され、人身売買を行う人間に売られていきます。そして、協力させられるために拷問されることもあるのです。

それにも関わらず加害者が起訴される数はとても低く、2015年はたったの55件しか有罪判決が下りませんでした。このように、罪を受けるべき人たちが処罰を逃れていることが、解決に導かれない原因だと「School for Justice」は訴えます。

またこの問題には、人身売買や児童買春について深い知識を得ている弁護士や裁判官が不足しているという背景もあり、これらが学校がつくられる理由にもなったのです。

B669e67b729d40f28c2e049d609c397ac600b489

「全てのインド人にサポートしてもらいたい。これは私たちだけでは成し遂げられないことです。最終的には、この国が良くなるために法改正ができるよう、政府にも強力な援助をしてほしい」
ーFrancis Gracias氏 (学校を建設したNGO団体のCEO)

被害者の手で社会を変えていく、という発想。インドの未来はどう変化していくのでしょうか。

Licensed material used with permission by SCHOOL FOR JUSTICE
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌て...
インドドラマ「Pehredaar Piya Ki」は王家の血を引く9歳男子が18歳少女に一目惚れし、結婚前提・親公認の真剣恋愛をする物語。しかし批判殺到で...
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
アメリカ人女性のDeliberate Wanderer氏(blog,http://deliberatewanderer.com/)は、旅行先のインドで、カ...
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
インドのNGO団体が制作した映像が話題になっています。ここで紹介されているのは、ムンバイで生きる野犬にカメラをつけることで彼らが日々どんな生活を送っている...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている、『Mullick Ghat Flower Market』。たった数分でも、歩いていれば売れるのだ...
インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿さ...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
「アシッド・アタック」という言葉を知っていますか?直訳して「酸攻撃」とも呼ばれるこの行為は、硫酸などをかけて顔や身体に重いヤケドを負わせるというもの。DV...
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。