私がインドに行って、すっかり失ってしまった「21の常識」

アメリカ人女性のDeliberate Wanderer氏(blog,http://deliberatewanderer.com/)は、旅行先のインドで、カルチャーショックに打ちのめされたようです。当たり前だと思っていたことが一つも通用しない。その事実に彼女は、それまで抱いていた「21の固定概念」を捨てたと「Matador Network」で書いています。
これこそ、旅の醍醐味!とも言えますが、ではいったい、インドは彼女からどんな常識を奪っていったのでしょう?

 私がインドで捨てた
21のアメリカ的習慣

21habits-you-lose-in-india2

 01.
モノゴトが
時間通りにいくこと

「時は金なり」という価値観で、今まで生きてきた私。インドでは、ひたすら待つことを学びました。あの国では「30分かかる」と言われたら、数時間と考えてまず間違いはありません。「3時に会いましょう」と言われたら、本を片手に待ち合わせ場所に向かった方が懸命。待たないことの方が珍しいのだから。

02.
当たり前のように、
「紙がある」トイレ

21habits-you-lose-in-india3

インドでは、じつに数百万人もの人々が、いまだにトイレットペーパーのない生活を送っているそうです。代わりとなるのは、バケツに汲んだ水と石鹸。そして、自分の手…。最初は驚いたけれど、不思議なことに人間、自然と慣れていくものです。いつしか、トイレットペーパーを使うよりも、こっちの方が清潔だってことに気づくはず。

03.
面倒くさい
欧米スタイルの結婚式

インドの結婚式に比べたら、欧米スタイルの結婚式がどれだけ楽チンかが分かります。あの国の結婚式が、一日で終わることはほとんどありません。さらには、本番の式以外にも、様々なお祝いのイベントが目白押し。結婚式のためだけに、何十年も前から準備をしている家族もいるんだとか。

04.
ド派手な配色は
敬遠するべき

私のお気に入りの黄色は、それほどアメリカ人が好んで着る色ではありません。でも、インドでは真っ黄色のパンジャビドレス(インドの女性用民族衣装)に、同色のスカーフを合わせて、よく着ていました。サフラン、インディゴ、パープル、ライムグリーンなど、極彩色のサリーを着こなすインド人女性のなかに入れば、逆にあなたが地味に見えるはず。

05.
プライベートな質問は
ノーコメント!

21habits-you-lose-in-india4

年収はどれくらい?子供は何人いるの?今の体重は?こうした立ち入ったことを、いちいち尋ねられることにも慣れっこに。どうせ聞きたいんでしょ?と、自分から諦めるようになってしまいました。むしろ、「初対面で聞いてくる?フツー」なんて、友達と話すキッカケにも。

06.
ホテルの階数の数え方
当然、世界共通でしょ?

レストランやホテルでは、1階のことを“グランドフロア”と呼び、その上が“1階”と呼ばれています。そのことに慣れるまでには、少々時間がかかりました。

07.
正直、期待していない
カスタマーサービス

インドのカスタマーサービスは良すぎるくらい。膝にナプキンを置いてくれるわ、グラスの水がなくなれば、すぐ注ぎにくるわできてくれます。アパートの警備員も、毎回、前を通る度に挨拶するために立ち上がってくれます。

08.
インドは一つの国という認識

Varanasi India

世界最大の民主主義と無数の言語、文化、宗教や伝統が複雑に入り混じっている国、それがインド。ボリウッド映画に代表されるように、映画産業が盛んなイメージもありますが、現実にはそれもかなり限定された範囲でのこと。ヒンディー語が公用語となっていない地域も多々あります。州ごとに「国が違う」と思ってしまうほど。

09.
フォークとナイフ
もしくは、お箸で食事

素手でカレーとライスを食べることにもすぐ慣れました。むしろ、手を使って食べることの方が、フォークを使うよりもカレーとライスのバランスは調整しやすい!金属製のカトラリーを使って食事をするよりも、美味しく感じるはずです。

10.
社会は車よりも
歩く人優先

「渡っていいよ」の合図を自動車が出してくれるのを待っていては、いつまで経っても、道路を横断することなんてできません。インド人の友達が教えてくれた、“神の手”がなければ道をどうやって渡っていいのか分かりませんでした。その方法は、両手を突き出し、手のひらを車に向けて「絶対に止まる!」と自信を持って歩くこと。なぜか、これだと彼らは止まってくれるのです。

11.
乗り物には
定員制限がある

21habits-you-lose-in-india6インドでは、牛が道路を渡るのと同じくらい、家族全員がバランスをとりながらスクーターに乗っている姿を、たびたび目撃します。5人家族で、重さに耐えられる!?と心配してしまう場面も珍しくありません。最初は信じられない光景でも、いつしかそれも納得してしまうようになるんです。

12.
祈りは静謐な時間

寺院内は音楽、礼拝の騒音、鈴の音、話し声など、無数の音が反響し合っています。ちゃんと静かに祈る場所もありますが、ヒンドゥー教の寺院でお祭が実施されているときなど、静けさの欠片すらありません。

13.
臭いが気になるのは
路地裏だけ

どこの国でも似たような問題に直面するものですが、ことインドに至っては、10億人以上の人々のための下水処理が不足していると言われています。下水とゴミの臭いを避けることは、容易なことではありません。でも、それをしばし忘れさせるのが、ジャスミンの花、お香、そしてタンドリー・チキンの香り。

14.
いわゆるインド料理
というジャンル

shutterstock_16794392921habits-you-lose-in-india5

スパイスの発祥地はたしかインドだったはず。アメリカのインド料理店で出される、チキン・ティッカ・マサラ、ナン、マンゴーラッシーを、インド料理かと思っていた私。実際にインドに行くと、美味しいかどうかは別として、食文化は州ごとに大きく異なっています。ドーサ、マンゴーピクルス、チキン・ビリヤニ、カードなど、アンドラ地方のインド料理が、あの国を訪れたことのない人が持つ、インド料理のイメージだったのです。

15.
人口甘味料の味

パック包装されているオレンジジュースに、いかに人口甘味料が含まれているか。ただ、純粋にフレッシュなグァバとマンゴーを絞っただけのジュースを口にしたとき、それを思い知らされました。だって、味が違いすぎる!季節に関係なく、美味しい生ジュースを、いつでも手軽に飲むことができます。

16.
心地いいスペースが
保証されている

インドでバスに乗ったときに、前後左右に動けるということは、まだその乗り物に人が乗る十分なスペースがあるということ。食べているときも、並んでいるときも基本的にギュウギュウです。肩がぶつかり合う距離でも、移動する術をインドで学びました。

17.
商品には定価がある

21habits-you-lose-in-india

値切り交渉は買い物の一部。定価なんて、あってないようなものです。表示されている価格よりも、半額以上安く、買い物ができてしまうことも。

18.
綿密におこなう
旅の計画

インドでは、大抵どこに行っても500年以上前の建物に遭遇することができます。歴史が深く刻み込まれた建物や文化が数多く保存されているから。全部、見終わることなんて不可能なくらい、たくさんの歴史にまつわる名所がありますよ。

19.
人に見られると
居心地が悪い

外国人はインドで目立ちます。ジロジロ見られるのも日常茶飯事。男性女性問わず、純粋な好奇心から、目が止まるのでしょう。見られるのが当たり前になります。

20.
スパイスと名の付くものは
ほぼ、手に入る

21habits-you-lose-in-india5

インドに来る前、私はスパイスに関してそこそこ詳しい方だと自覚していました。ところが、スパイスは本当に奥が深い!インドでは、「Kill-me-now-spicy(今すぐ殺して)」「I'll-be-on-the-toillet-for-weeks-spicy(数週間トイレに缶詰)」といった、今まで聞いたこともないような、エキゾチックなスパイスとの出会いがありました。

21.
考え方や価値観は
ひとつではない

インドは、自分の視野を広げ、世界の見方を変えてくれます。ガンジス川で女性が入浴している姿、チベット仏教の僧侶、交通渋滞をものともしないリクシャーの運転手、みんなでお祝いする結婚式など。インドで暮らすあらゆる人々の姿を目にして、今までの自分の考えや価値観が、180度変わってしまったことは、言うまでもありません。

Originally published on Matador.com
Licensed material used with permission by Deliberate WandererFacebook , Twitter , Instagram

「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
インドに住むカップル、ShyamさんとAnyaさん。ラブラブな2人にも、ひとつだけある不満がありました。それは、インドでは「公共の場でキスをしてはならない...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがない...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
01出る杭が打たれるのは、日本だけ!世界では通用しない日本人の常識。それを語る際、まずこれは言っておきたい。よく「諸外国に比べて、日本は出る杭は打たれる風...
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
いつも時間に追われ、イライラしがちな人ほど、人間関係のトラブルに巻き込まれてしまったり…じつは日常の行動が、その原因を作っているとも言えます。常識だと思い...
本当の豊かさを追い求め、夫婦二人で2年間の世界一周の旅に出る。インドで人々と深く関わる中で、ひょんなことから小学校に机と椅子を贈るプロジェクトを実施し、そ...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...