まるでフォレスト・ガンプ。いくつになっても、彼は走り続ける。

ジェニーからもらったNIKEのスニーカーを履いて、アメリカ大陸を走り続けるフォレスト。ただ「走りたいから」という理由なのに、たくさんの人が群がって、その意味を聞こうとする。

「インドで119年も生きている」と語るランナーのDharampal Singhさんをおったドキュメンタリーを観たら、『フォレスト・ガンプ』を思い出しました。

ランニングで
神とつながることができる。

このビデオでフォーカスされるのは、先にもふれた自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。彼の年齢は、インド政府の発行するパスポートを含めた4つのドキュメントで、証明されているのだとか。

もちろん、疑いたくなる気持ちは誰でも一緒。「New York Times」では、嘘ではないか?という記事も公開されています。

だけど、動画の中で話している彼を知ると、年齢に対する“想い”はあまり感じません。

A00611072ef5b958de1c539bf757bb234215d126

ランニングは、私と神がつながるのをサポートするものです。

インドに誇りを届けるために走ることはやめません。村を走っていると、子どもたちが一緒に走ってくれます。レースを楽しめる人がいなくなっても、命がある限り、私は同じことをするでしょう。

死ぬまで走る──

Dharampalさんの年齢を疑うことは、フォレストの後を追って、「平和を願って走る男」と意味を見出す行為に似ているのかもしれません。つまり、どこまでいっても予想なのでしょう。たとえ年齢が間違っていたとしても、本当に119歳になるときまで、走り続ける予感さえもします。

彼は、自分の姿を多くの人を見てもらうことで、こんなことを伝えたいようです。

「もしも年をとっている人が走れるなら、若い人だって同じことができる。年老いた人には、死を待っているのではなく、活動的になってほしい」

D2839f0ab877539d156e2c5c9d11efc047e361b2
Licensed material used with permission by MEL Films
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
海外に出ると、日本人ってたいてい年齢より若く見られるもの。小柄で童顔、そんなイメージが板についているんでしょう。でも、私たちが外国人の年齢をズバリ当てられ...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
3月9日はバービーのお誕生日。レディに年齢を尋ねるなんて失礼なんだけど、一体いくつなんだろう?って思って調べてみたら…なんと59歳!そんなバービーが、見覚...
Bill Sycalikさんは、健康に気を配ろうとランニングを始めた人のひとり。マラソンに出場しようとトレーニングを重ねていたら、彼はいつしかランニングの...
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。