まるでフォレスト・ガンプ。いくつになっても、彼は走り続ける。

ジェニーからもらったNIKEのスニーカーを履いて、アメリカ大陸を走り続けるフォレスト。ただ「走りたいから」という理由なのに、たくさんの人が群がって、その意味を聞こうとする。

「インドで119年も生きている」と語るランナーのDharampal Singhさんをおったドキュメンタリーを観たら、『フォレスト・ガンプ』を思い出しました。

ランニングで
神とつながることができる。

このビデオでフォーカスされるのは、先にもふれた自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。彼の年齢は、インド政府の発行するパスポートを含めた4つのドキュメントで、証明されているのだとか。

もちろん、疑いたくなる気持ちは誰でも一緒。「New York Times」では、嘘ではないか?という記事も公開されています。

だけど、動画の中で話している彼を知ると、年齢に対する“想い”はあまり感じません。

ランニングは、私と神がつながるのをサポートするものです。

インドに誇りを届けるために走ることはやめません。村を走っていると、子どもたちが一緒に走ってくれます。レースを楽しめる人がいなくなっても、命がある限り、私は同じことをするでしょう。

死ぬまで走る──

Dharampalさんの年齢を疑うことは、フォレストの後を追って、「平和を願って走る男」と意味を見出す行為に似ているのかもしれません。つまり、どこまでいっても予想なのでしょう。たとえ年齢が間違っていたとしても、本当に119歳になるときまで、走り続ける予感さえもします。

彼は、自分の姿を多くの人を見てもらうことで、こんなことを伝えたいようです。

「もしも年をとっている人が走れるなら、若い人だって同じことができる。年老いた人には、死を待っているのではなく、活動的になってほしい」

Licensed material used with permission by MEL Films
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
焙煎、ドリップ、空間にまでこだわった表参道の裏道に突如現れるコーヒースタンドCHOP COFFEE OMOTESANDO〒150-0001 東京都渋谷区神...
ガラス張りの巨大な焙煎所がある学芸大学のコーヒーラボ&カフェ神乃珈琲〒152-0001 東京都目黒区中央町1丁目4-15https://www.kanno...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
3月9日はバービーのお誕生日。レディに年齢を尋ねるなんて失礼なんだけど、一体いくつなんだろう?って思って調べてみたら…なんと59歳!そんなバービーが、見覚...
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...
海外に出ると、日本人ってたいてい年齢より若く見られるもの。小柄で童顔、そんなイメージが板についているんでしょう。でも、私たちが外国人の年齢をズバリ当てられ...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
Bill Sycalikさんは、健康に気を配ろうとランニングを始めた人のひとり。マラソンに出場しようとトレーニングを重ねていたら、彼はいつしかランニングの...
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...