スコッチウイスキー好きのためのマラソン

フランス・ボルドーで開催されているワインが飲めるマラソン大会「Marathon du Médoc」は、日本でもちょっぴり知られた存在。だけど、ここで紹介するのはそのウイスキーバージョンである「The Dramathon」です。

開催地はスコットランド・ダフタウン。ここにはシングルモルトで有名な「グレンフィデック」の蒸溜所があり、完走したら彼らのウイスキーを楽しむことができます。

フルマラソンとハーフマラソン、ファンランができる10kmと3つのレベルが用意されていて、友だちとも参加が可能なリレー方式のフルマラソンもあります。ウイスキーだけを求めるなら、10kmコースが一番現実的ですね。でも、通過した蒸溜所でつくられたシングルモルトの小瓶がゴールで飲めるとのことで、フルマラソン完走者に比べたら、飲める量は減ってしまうそうです……。

ちなみに、2017年から開催されているので今年は3回目の大会。まだまだ歴史が浅く認知度が低いので、高い確率で参加できるかもしれないとのこと。2019年は10月19日に開催予定です。

Top image: © 2019 The Dramathon
他の記事を見る
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
海外賞レースでの好成績やNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』などのトピックから火がついた国産ウイスキー人気。それ自体は喜ばしいことですが、人気ゆえに国産モ...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。 ーこの世に味の悪いウイスキーは存在しな...
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
BARに行ったとき、ウイスキーをニート(ストレート)で飲む女性を見ると、思わずなんてカッコいいんだろう、と思うんです。でも男性からすると、少し近寄りがたく...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...