東京マラソンの次はコレ!全長250km「世界一過酷」なサハラマラソンが熱い

サハラマラソン(Marathon des Sables)とは?

それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月上旬の期間に、南モロッコの砂漠で開催され、その距離なんと約250km。6ステージ7日間で行われ、その間、選手たちは砂漠のなかを走り続ける……。

スタート地点の選手たち。なにゆえ、こんな過酷なマラソンに!?

さらに詳しく…

6ステージ中、第1〜3ステージは、30km〜40km。第4ステージは、オーバーナイトステージと呼ばれ、およそ70km〜85km。第5ステージが42.2kmで、第6ステージが10km〜20kmと分けられている。

通常のステージは12時間以内、最長ステージは34時間以内に走りきらないと失格。もし途中で行方不明者が出た場合、ヘリコプターで捜索してもらえる……というかヘリでしか探せない。

ホントにヤバい!

1994年のレースでは、イタリア人の警察官 マウロ・プロースペリさんが砂嵐で迷ってしまい、砂漠を5日間さまよう羽目に。灼熱の大地でコウモリを捕まえ、生き血を飲んで渇きをしのぎ、果てには絶望し、手首を切り自殺をはかったマウロさん。幸いにも、脱水症状により血液濃度が濃かったために、血が流れずに一命を取り留めたが、遊牧民の一団に発見された時には、13kgも体重が落ち、ゲッソリしていたそう。

参加するには!?

そんな危険なレースに参加するためのエントリー費用は、3150ユーロ(約45万円)。それに安全保障費が別途200ユーロ(約3万円)必要となる。割高? でも、毎年多くのランナーがこのレースに参戦を希望している。

申込みは、国境なきランナーズより。

用意すべきモノ

競技中の食事はすべてランナー自身が、用意しなければならない。つまり、ランナーは7日分の食料、寝袋、炊事道具、懐中電灯、コンパス、衣服、薬、毒素抽出用のスネークポンプ、塩タブレットなど、必要な荷物(6kg〜13kg)を背負いながらマラソンするわけだ。

水と地図は運営側から提供されるが、バックパックを背負い、砂の上をランニングする辛さは想像に難くない。最終日に近づくにつれ、荷物は軽くなってくるのがせめてもの救いだ。

 実は他にも、まだまだある!

サハラマラソンのほかにも、Racing the planet社が主催する、SAHARA RACE(エジプト)、ATACAMA CROSSING(チリ)、GOBI MARCH(中国)など、過酷なウルトラマラソンは世界中で開催されている。これらはすべて7日間で250kmの行程となり、この内の2レースを完走することができれば、THE LAST DESERT(南極)を走る切符が手に入る。

市民マラソンでは、満足できないアナタへ。ぜひ、これらのレースに挑戦してみて欲しい。

砂漠の真ん中でシャワー。なんか気持ち良さそう。
サハラマラソンの日本人最高順位は9位。体力に自信のある人はチャレンジだ!

サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
東京オリンピックを「アフリカ」から狙うプロランナー・神野大地選手が、新しい取り組みに挑戦。自身がプロデュースした、オリジナルのスポーツネックレスブランド「...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
10月10日、「ナイキジャパングループ合同会社」と「三井不動産レジデンシャル株式会社」が「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × A...
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
2017年5月13日(土)〜14日(日)にかけて開催予定の『第一回 ASO ROUND TRAIL』は、全長約105kmに及ぶ九州初となるロングトレイルラ...
海外まで行ってクルーズの旅を楽しんできたら、思わぬ発見!船の外周デッキで走って汗を流す。それでいて、着替えや休憩、食事に困らない。まるで、海を一緒に動く“...
「ニューバランス」が、10月19日(月)〜25日(日)にオンラインランニングイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」を開催する。
今回は原宿にある「Allbirds」。アメリカのTime誌が「世界一快適なシューズ」と紹介したサステイナブルなスニーカーを履いてみました!
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。