ゴビ砂漠で出会った「ランナーと野良犬」が感動のゴール!

ゴビ砂漠で開催されている「Gobi March」は、灼熱の砂漠を250キロメートル走りきる苛酷なレース。

ですが、ある選手のあとをおよそ150キロもついてきた一匹の犬がいました。

Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

レース初日、どこからか野良犬が現れ、スコットランド出身の選手、ディオン・レオナルドさんのあとをついて走り始めました。2日目の朝にはしっかりとスタートラインに立っていたそう。

 

「横にいて、見上げてくるんだ。一緒に走る? ってな具合にね。でも、そんなに長くついてくるとは思ってなかった。どこまでついてこれるのかな、と考えていた」。

 

と、「The Washington Post」に語った彼。犬の名前は「ゴビ」に決まり。それから砂漠を並んで37キロメートルもの距離を走っては、テントで身を寄せて一緒に寝るようになりました。他の選手と比べても、彼女の走りはずいぶん慣れたものだったとか。

「一日中くっついてくる」

Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

特別なことをしたわけではなかったけれど、不思議なことに、ほかの選手には目もくれません。

3日目には彼女を抱えて、下半身が浸かるくらいの深さがある20メートル近くの川をいくつか渡りました。競技に参加している身としてはそんなことをしている時間はなし。だけれど、次第に情がわいてしまい、彼女を置いてレースを続けることができなくなっていたと「BBC」にコメントしています。

もう独りにはさせられない

Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

気温52度にも及ぶ苛酷な環境だったため、大会主催者の判断でゴビはステージ4と5を離脱、ゴールでレオナルド選手を待つことになりました。

 

「5日目は、80キロメートルある。熱くて疲労も限界だった。彼女のしっぽを振る姿を見た時は、素晴らしい気分だったね」。

 

ちなみに、結果は2位。すごい!

Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

離れ離れになりたくないという思いは大会が終わっても変わらず。彼は自国にゴビを連れて帰ることにしました。

検査や申請などには6,500ドル(約65万円)もの費用が必要でしたが、興奮の熱冷めやらぬ当日のうちに自身のウイスキーコレクションも売却、クラウドファンディングで資金を募りました。

幸運にも必要以上の金額が集まったため、およそ4ヶ月ほどで移住できる予定。いまは友人宅に預けられています。余ったお金は動物愛護団体などに寄付されるそう。

NZ Herald」によると、レオナルド選手の奥さんはちょっと心配してるみたい。自宅で飼っている猫たちと彼女が、いい姉妹関係を築けるかどうかが心配なんだとか。なんとも微笑ましい悩みです。

移住する頃にはちょうどクリスマス。また一緒に新生活のスタートを切るまで、もう少しだけの辛抱ですね。

Photo by 4Deserts.com / Omni Cai
Licensed material used with permission by 4Deserts.com / Omni Cai
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
米アラバマ州で開催されたエルクモント・ハーフマラソン。そのスタート直後、どこからともなく一匹の犬がランナーの隊列に並走し始めました。団子状態の先行集団が坂...
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
ロサンゼルスにこんなに可愛いワンちゃんがいるのをご存知でしょうか。今すぐ、Instagramで『Popeye The Foodie Dog』と検索してみて...
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
東京オリンピックを「アフリカ」から狙うプロランナー・神野大地選手が、新しい取り組みに挑戦。自身がプロデュースした、オリジナルのスポーツネックレスブランド「...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
種の壁を乗り越えて仲良くしている生き物を見ていると、ほっこり温かい気持ちになる。こちらの二匹もしかり。犬の名前はプカ。アメリカンブルドックとボクサーのミッ...
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
海外まで行ってクルーズの旅を楽しんできたら、思わぬ発見!船の外周デッキで走って汗を流す。それでいて、着替えや休憩、食事に困らない。まるで、海を一緒に動く“...
一匹の野良犬が施設に拾われました。名前は、Krusty Kristyちゃん。毛が抜け落ちるほどひどい皮膚炎に苦しんでいた彼女は、里親が見つからず殺処分され...
TABI LABO読者の皆さん、こんにちは。変わった話が好きな方はご注目、今回はすごく奇妙な話をご紹介します。
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...