今すぐ世界と出会いたくなる。旅人たちを感動させた心あたたまる15のエピソード。

旅先での出会いは、人生における貴重な体験であり、旅する醍醐味のひとつ。現地の人のやさしさにふれることができたのなら、それだけで旅は「最高の思い出」になる。慣れない土地に感じる不安からも解放されます。

世界を旅する人々が体験したほっこりするエピソード。『僕が旅で見た世界』に集約されているそのどれからも、人との出会いの素晴らしさが伝わってくるようです。

治安が悪いと警戒してばかりでは、もったいない。少しだけ、心を開けばステキな出会いが待っているかもしれません。

Eddc803aabda4a268da8fb68b28480aa241b84dd

01.

リキシャの運転手がいろんなオススメスポットを一日かけて回ってくれたので、とても仲良くなれた。
最後にはなんと自分の実家に案内してくれて料理を振る舞ってくれたり、子どもたちと交流できた。
変なとこ連れてかれると疑ってしまった自分が情けなく、反対に、会って一日の僕たちを家に案内するほど信頼してくれた運転手に、感謝の気持ちでいっぱいだった。

(インド)

4ed6fb8d0c1499a13983ea27b4746a56de958e8d

02.

宿の主人が組んでくれたツアーがぼったくりだった。
運が悪いことに、そのまま体調を崩し、その宿で休養することに。
熱が出たことを伝えると急に優しくなり、果物や水をたくさん買ってきてくれた。
たぶん、僕からぼったくったお金だけど嬉しかった。

(インド)

6cdaaedec3308fd228705acc22da5941eb23cf04

03.

列車の中。
外の風景を見てたら線路を整備している人たちがいて、笑顔で手を降ってくれた。
一瞬の出来事だったけれど、こんな素敵な人たちが整備している線路の上を走っていると思ったら、無性に感動してしまった。

(中国)

04.

マチュピチュ遺跡の後ろにそびえる山、ワイナピチュの裏側を散策中に持ってきた水を飲みきってしまった。
干からびそう〜!って言ってたら遺跡修復のお兄さんがオレンジをくれた。
癒されたーーー。

(ペルー)

4c301a1617359a6ec9d571c300d9e4c1b98d0b28

05.

物静かなホームステイ先のお父さんが
「おまえも息子だから、いつでもこのうちに帰って来なさい」
と、ウルウルしながら言ってくれた。
つられて泣いた。

(パラグアイ)

06.

街で迷ったときに「近くまで行くから」とおばさんに誘われ、一緒にタクシーに乗り、目的地に送ってくれた。
お金を出そうとしたら、「いらない」と言う。
連絡先を交換したのでお礼のメールをしようとしたが、メールアドレスが間違っているのか送れない。
とりあえず声を大にして言いたい。ありがとーーー。

(フィリピン)

07.

地元の人が行くような食堂に入ったら、店長のおっちゃんがいい人で、頼んでないのに食後にリンゴ剥いて出してくれた。
あと、コーヒーも出してくれた。
適当に頼んだ韓国料理がどれもめちゃくちゃ辛かったので、本当に嬉しかった。

(韓国)

51d6f86bf341768ccde98aa438aa121b3ac09e99

08.

バス停なんてものは無し。
目的地行きのバスが来たら自分で停める方式。
だけど、少しスピードを落としただけのバスにうまく飛び乗れず、中のお兄さんにすくい上げられた。
まさに恩人。

(エクアドル)

09.

3・11の次の日にタイへ行った私。
本当に多くの人が声をかけてくれて励ましてくれた。

(タイ)

10.

世界遺産に到着して、まったり。
次の目的地、現地の大学に行くのに迷っていたら、その遺産にいた学生が、現地までタクシーで連れて行ってくれ、さらに歴史や文化、いろいろ案内してくれた!
さらに最後に、
「案内できたことで、自分の悲しかった気持ちが晴れた。出会ってよかった」と逆に感謝された。
感謝するのはこっちなのに…メキシコは人がすごくいい!

(メキシコ)

11.

一緒にいた女性の荷物を現地の人がひょいと持ってくれた。
最初は「スリだ!」と思ったが、荷物を返され、
「女性、子どもを大切にしないと人類は死にたえるよ」と笑顔で言われた。
確かに…と優しくなかった自分が恥ずかしかった。

(メキシコ)

8c1e4798c5e90d7fe26cad822ca5f3c6e73e7bf4

12.

宿で出会った日系ブラジル人に、
「僕は将来日本のジブリで働くんだ、だからそれまでに君も日本で成功しててね」と言われた。
その言葉は僕に勇気をくれる言葉になった。

(スペイン)

13.

空港に向けて帰るというときに、なんと電車のチケットを取りそびれてしまった。
このままだと日本に帰れない!と焦る僕らを見て、そのとき泊まっていたホテルの男の人が駅員さんと交渉して席を取ってくれた。
安心と優しさに、泣きそうになった。

(インド)

C6f7918e862099a5a4462fbce6639cc9e9e918b1

14.

現地の人しか乗らないバスに揺られての時間。途中、昼食休憩として屋台の前で私たちを降ろした。
空腹だったが、そこはど田舎の街。英語も通じなければジェスチャーもうまく伝わらず、結局ぐぅぐぅなるお腹をかかえて、ゴハンを買うことを諦めバスに戻った。
すると隣の席のおばちゃんが、そっと、パンを私に差し出した。にっこりとあたたかな笑顔で。
「ありがとう、ありがとう」
言葉が通じないなんてことを忘れて、日本語で繰り返した。

(カンボジア)

15.

現地の人が
「日本人は謙虚で勤勉!だから過去の過ちがあっても、僕たちは親友なんだ!」と言ってくれた。
そのイメージを崩さずにいよう、と誓った。

(中国)

この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自称するJacqui Kennyは、驚くことにたくさんの旅行写真を自身のInstag...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
   窪咲子  Sakiko Kubo元雑誌編集者。初心者バックパッカーながら、女ひとり、世界一周の旅へ出発。ライターの仕事をしながら、1年8か月、50カ...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
旅先に思わぬトラブルはつきもの。その中には本当にテンションが下がってしまうようなトホホな出来事も……。残念な旅行にさせないために知っておきたいのは、その国...
フリートラベラー、中村洋太のコラム。英語が苦手でも、身近に外国人がいたら、なるべく話しかけるようにしてきた。そしてそのことが、ぼくの人生を豊かにしてくれた...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
世の中を知れば知るほど、心が震えるような出来事に遭遇するのではないでしょうか。84の国を歩いたフォトグラファーのAlexander Khimushinは、...