旅先で絶対に飲みたい!17ヶ国別「ビールください」の伝え方

海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。

さらに「乾杯」まで言えたら、地元の人ともグッとお近づきになれるかもしれません。17ヶ国のビールの頼み方(発音付き)と、定番おつまみをまとめてみました。

ぜひこの記事も、旅とビールのお供にどうぞ。

01.
アメリカ

3f898e097d4913ef4e2b6aab1392762a938d0ffb

頼み方:GIVE ME A BEER(ギブ ミー ア ビア)
乾杯:Cheers!(チアーズ)

2015年時点で4,824ものブルワリーがあり、ますます増えているそう。ビールのお供はチキンウィングが人気。

02.
ギリシャ

B7170c706fb06c8d3d9a76e6181e3a6446d540c6

頼み方:MEE-A BEER-A PARAKA-LOH(ミーア ビーア パラカ ロー)
乾杯:Stin Eyiassou!(スティン アイヤッソゥ)

 紀元前5,000年頃、ヨーロッパで初めてビールがもたらされた国です。でもギリシャ人はビールよりワインのほうがお好き。レストランではメゼと呼ばれる小皿料理が前菜として並びます。タラモサラダや肉だねをブドウの葉で包んだドルマなど、一皿が少量で、おつまみにはもってこいです。

03.
オーストラリア

27fdd1f548b0ed058806ecd5f5ae5a6f71728d6a

頼み方:A BEER,MATE(ア ビア マイト)
乾杯:Cheers!(チアーズ)

オーストラリアの元首相ボブ・ホークはかつて、ヤードエール(首の長いフラスコ状の入れ物に入ったビール)を12秒以下で飲み干すという、世界記録保持者でした。出席したパーティーではよくその妙技を披露されたそうです。

ビールのおつまみにはバーベキュー・ソーセージとハンバーガー。おつまみというより、もはや食事レベルのボリューム。

04.
デンマーク

E24a6ce22189af244a9d63c5090af991b14e05c0

頼み方:JEG VIL GERNE HAVE EN OL(ヤ ヴィガーン へ ウオール)
乾杯:Skal!(スコール) 

2002年、デンマークでは世界最大のビールコースターが作られました。このコースターは厚さ6センチ、直径15メートルもあったそうです。

おつまみは、スモ―ブローと呼ばれる、カナッペのようにスモークサーモンなどの具を上に乗せるオープンサンドイッチが有名。

05.
エジプト

89dfc48c8f9fb8c6d304bb39323d9ccc30ba8968

頼み方:WAHEED BEERA, MEEN FADLEEK(ワヒード ビーラ,ミーン ファドリーク)
乾杯:Fisehatak!(フィ シヒタック) 

古代エジプトではビールの神があがめられ、病気にはビールが処方されたとのこと。当時はお水よりもビールのほうが健康にいいとされていたなんていう話も。

おつまみには、ウチワマメの塩ゆでがストリートフードとして人気。

06.
ブラジル

873a0732d0e182bc9b851ca166ded8bc457ae7bb

頼み方:UMA CERVEJA POR FAVOUR(ウニャ セルべージャ プーア ファボル)
乾杯:Saude!(サウーヂ)

ブラジルのビール文化は、100年ほど前にドイツ移民から伝わったものだとか。

おつまみは大航海時代にポルトガルから伝わった、魚のタラのすり身の団子が定番。

07.
アイルランド

38553ae65a54b0078f1064f96d8ac0e9901ccf0f

頼み方:BEOIR AMHAIN,LE DO THOIL(ボーア アォウン,レ ド フル)
乾杯:Slainte!(スロンチャ)

アイルランドビールは、ラガーが主流。ギネスなどのスタウトビールは、ダブリンの硬水が生み出しているのです。

サンドイッチと言えば、アイルランド人はポテトチップスを中に挟むそうです。サクッとした感触が加わりますね。

08.
タイ

7fd97d80c75d9be28b012e2d09169b66e4d8ff1d

頼み方:OW BEE-A NEUNG KRUP(オゥ ビーア  ヌン クラップ)
乾杯:Chok-dee!(チョークデー)

タイのビールには、グラスに氷が入れられています。ビールを注文するとアイスペールが添えられています。

屋台では、豚の皮を油でサクサクに揚げた「ケープムー」がおなじみ。

09.
アルゼンチン

Bc7dab5d12f86c42fed0883190cb4ee99a63062f

頼み方:MOZO,UNA BIRRA,POR FAVOR(モソウニャ ビーラ ポル ファボル)
乾杯:iSalud!(サルー)

キルメスビールは、アルゼンチンの国民的ビールです。

おつまみは、「ピカーダ」と頼めばサラミやチーズなどの冷菜の盛り合わせが出てきます。前菜にもかかわらず、これだけでお腹いっぱいになりそう。牛肉大国アルゼンチンですが、ステーキをおつまみにしていると思いきや意外。

10.
イギリス

B4326936e213ebc070e09c3d04b8a69ed9661364

頼み方:CAN I GET A PINT,PLEASE?(キャナイ ゲット ア パイント,プリーズ)
乾杯:Cheers!(チアーズ)

イギリスでは、1963年まで自家醸造は違法とされていましたが、1982年にはホームメードビールは1,700万ポンドの市場にまで拡大。

イギリスでは、パブなどに行くと豚の上皮を揚げた「ポーク・スクラッチング」がおつまみの定番。

11.
メキシコ

151ddd043c3a0f1dfb7a5bee804a6169b57ade02

頼み方:UNA CHELA,POR FAVOR(ウニャ チェラ ポル ファボル)
乾杯:iSalud!(サルー)

 メキシコビールを頼むと、たいていライムが添えられます。「ミチェラーダ」は、ビールにライムやウスターソースなどが入った人気のカクテルです。

メキシコスティック状に丸めたトルティーヤに、肉や野菜を詰めたメキシコ式春巻き「タキトス」がおすすめ。野菜もたっぷり入っていて、栄養バランスも◎。

12.
ドイツ

Ccaeefd3d0a9ab31632341cc04837e49350032c5

頼み方:EIN BIER BITTE(アイン ビーア ビッテ)
乾杯:Prost!(プロースト) 

オクトーバーフェストでも有名な、言わずと知れたビール大国。ドイツには1040年続く、世界で元も古いビール醸造所「ヴァイエンシュテファン」が残っています。

そしてドイツのおつまみと言えば、やっぱりソーセージ。「ガーキン」と言われるキュウリのピクルスも一緒にいただきましょう。

13.
ロシア

4a54ae16108df6f10df6e66c14779b996d66166e

頼み方:ODNO PIVO POZHALUYSTA(オドノ ピーボ ポジャルースタ)
乾杯:Za vas!(ザバス)

ヨーロッパ最大のビール工場を持つロシア。その規模はバチカンとほぼ同じ広さだというから驚きです。

ウォッカのイメージが強いですがビール党も多いそうで、カスピ海で獲れたローチの塩漬け干物は、酒の肴として好まれているそうです。

14.
カナダ

C5c0f359b11dd5a31e293e61f044a75eda57711b

頼み方:A BEER PLEASE(ア ビア プリーズ)
乾杯:Cheers(チアーズ)

カナダでは、瓶ビールが主流。以前は薬瓶のような首の短いボトルを使用していたのですが、女性人気が今ひとつだったそうで、現在では日本でもおなじみの瓶の形に。

おつまみは、カロリーなんて気にしたら負け!と言わんばかりの、フライドポテトにグレイビーソースとチーズカードをかけた「プーティン」が人気。

15.
ミャンマー

24c0508b6656e9512c49cad38b49ec49f41b6b52

頼み方:BE YA TA KHWET(バイヤタクウェット)
乾杯:Aung Myin Par Say!(オン ミャ バジィー)

生水には注意が必要なので、代わりにビールを飲むというのもありです。

屋台では、肉や野菜などを刺した串焼きをどうぞ。

16.
アイスランド

3afadb6cd5a15b079fabae4534020ad4a8ec6d8d

頼み方:EINN BJOR TAKK(アイン ビョール タック)
乾杯:Skal!(スコール)

アイスランドではかつてビールは違法酒でした。他のアルコール類が合法化されても、ビールは1989年まで解禁されなかったという歴史があります。

間食などによく食べられるのは「ハラズフィスクール」ですが、これは魚の干物をたたいて柔らかくしたもの。

17.
日本

10d78c7a272492fc8d5eda8d58053fdd93bec060

頼み方:ビール一本ください。
乾杯:カンパイ! 

最後に、日本がどのように紹介されていたのか見てみましょう。コラーゲン入りや脂肪の吸収を抑える機能性食品のビールは、世界的に珍しいのだそう。

定番のおつまみと言えば、やっぱり枝豆。

Licensed material used with permission by Expedia Canada
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
「Elite Daily」の記事では、運動後にビールを飲んでもイイ理由を紹介しています。飲酒を勧めているワケではありませんが、これらの知識を使えば、今度か...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
東欧のハンガリー。首都のブダペストでは、数年前に話題になった移動式のバーがいまだ人気。乗車する人たちが自らこがなきゃ進まない。飲んでエクササイズもしながら...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
1日の仕事が終わって、待ちに待った家での晩酌。家で飲むビールって最高の息抜きです。とはいえ、缶からグラスへとただただ注いでいませんか?そう、缶ビールのおい...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。(前回の記事はこちら)。東京を出てから7日目で、静...