アムステルダムで話題のビール「天国の水」は、雨水から作られた!?

雨水がビールに!?

冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダに降る雨が増加した状況にある。特にアムステルダムは、土地の高低差がほとんどないゼロメートル地帯。街のあらゆるところを運河が流れている土地柄のせいか、洪水も起こりやすい…。

誰もが頭を抱えていた中、突如「雨水をビールにしてしまおう」という奇想天外なアイディアが生まれたのだとか。

「天国の水」を意味する
HEMELSWATER

858edc174a673d77eb41b3418eeab23631ae774b

「天国の水」ーー。その響きはいいかもしれないが、やっぱり気になるのは衛生面。しかし、さすがにそこらへんは大丈夫。しっかりとした煮沸によってバクテリアを殺菌処理しているらしい。

HEMELSWATERの共同経営者のJoris Hoebe氏曰く

「現在は、飲み水にも多くの薬品類が混ざっているからね。雨水のほうがクリーンなビールを作ることができると信じているよ」

レストランでは
1瓶€4ほどで販売

A509ae9eb4367cb00cb67f488abe632018a0c8c0

このビールは、現在、オランダの様々なレストランやバーで飲むことができる。気になる価格は、€4(約¥500)ほど。リカーショップなら€2〜3(約¥250〜¥375)で手に入れることができる。

考えてみれば、雨水を飲むっていうのは、水の循環からみれば当たり前のこと。そんなエコで革新的な取り組みに加えて、リーズナブルな値段設定は、多くの市民からも高く評価されている。

今後は、レストランやカフェ、または、企業の屋根に何百ものタンクが増設されスケールアップした活動となる計画がある。

さて、気になるテイストは?

6368cb29210f4c4a1bcd6df1d998de82475f51b0

味に関するJoris Hoebe氏のコメントは、以下。

「苦味のある黄金色のビールは、IPAに似ているよ」
「かなり苦いけれど、フルーティーで口当たりは柔らか」

うーん。一体、どんな味なんだろう?とっても気になるけど、コレばかりは、一度、現地で飲んでみるしかないようだ。

Licensed material used with permission by Hemelswater
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
植物の水やりには、水道水を使っている人が大半だと思います。でも、人が飲めるくらいキレイに濾過した水を植物にあげるのって、ちょっともったいないかも...!?...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
街でビールを配っていたらーー。そりゃもらいたくもなるもの。でも、手にとった瓶が急に道案内しだしたとしたら、あなたはどうしますか?オランダの首都、アムステル...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
「Elite Daily」の記事では、運動後にビールを飲んでもイイ理由を紹介しています。飲酒を勧めているワケではありませんが、これらの知識を使えば、今度か...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリー...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
2016年夏から2017年にかけて、オランダのフレヴォラント州にある自治体アルメーレ市に、100軒の家が建設される予定です。目的は自給自足できるコミュニテ...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
ビールを飲みたいけど、カラダを鍛えているからちょっと控え中。そんな方に朗報です。米でいま話題になっているのは、プロテインが入っているビール「Supplem...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...