アムステルダムで話題のビール「天国の水」は、雨水から作られた!?

雨水がビールに!?

冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダに降る雨が増加した状況にある。特にアムステルダムは、土地の高低差がほとんどないゼロメートル地帯。街のあらゆるところを運河が流れている土地柄のせいか、洪水も起こりやすい…。

誰もが頭を抱えていた中、突如「雨水をビールにしてしまおう」という奇想天外なアイディアが生まれたのだとか。

「天国の水」を意味する
HEMELSWATER

858edc174a673d77eb41b3418eeab23631ae774b

「天国の水」ーー。その響きはいいかもしれないが、やっぱり気になるのは衛生面。しかし、さすがにそこらへんは大丈夫。しっかりとした煮沸によってバクテリアを殺菌処理しているらしい。

HEMELSWATERの共同経営者のJoris Hoebe氏曰く

「現在は、飲み水にも多くの薬品類が混ざっているからね。雨水のほうがクリーンなビールを作ることができると信じているよ」

レストランでは
1瓶€4ほどで販売

A509ae9eb4367cb00cb67f488abe632018a0c8c0

このビールは、現在、オランダの様々なレストランやバーで飲むことができる。気になる価格は、€4(約¥500)ほど。リカーショップなら€2〜3(約¥250〜¥375)で手に入れることができる。

考えてみれば、雨水を飲むっていうのは、水の循環からみれば当たり前のこと。そんなエコで革新的な取り組みに加えて、リーズナブルな値段設定は、多くの市民からも高く評価されている。

今後は、レストランやカフェ、または、企業の屋根に何百ものタンクが増設されスケールアップした活動となる計画がある。

さて、気になるテイストは?

6368cb29210f4c4a1bcd6df1d998de82475f51b0

味に関するJoris Hoebe氏のコメントは、以下。

「苦味のある黄金色のビールは、IPAに似ているよ」
「かなり苦いけれど、フルーティーで口当たりは柔らか」

うーん。一体、どんな味なんだろう?とっても気になるけど、コレばかりは、一度、現地で飲んでみるしかないようだ。

Licensed material used with permission by Hemelswater
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」のイベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
植物の水やりには、水道水を使っている人が大半だと思います。でも、人が飲めるくらいキレイに濾過した水を植物にあげるのって、ちょっともったいないかも...!?...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
街でビールを配っていたらーー。そりゃもらいたくもなるもの。でも、手にとった瓶が急に道案内しだしたとしたら、あなたはどうしますか?オランダの首都、アムステル...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
「Elite Daily」の記事では、運動後にビールを飲んでもイイ理由を紹介しています。飲酒を勧めているワケではありませんが、これらの知識を使えば、今度か...