アムステルダムで話題のビール「天国の水」は、雨水から作られた!?

雨水がビールに!?

冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダに降る雨が増加した状況にある。特にアムステルダムは、土地の高低差がほとんどないゼロメートル地帯。街のあらゆるところを運河が流れている土地柄のせいか、洪水も起こりやすい…。

誰もが頭を抱えていた中、突如「雨水をビールにしてしまおう」という奇想天外なアイディアが生まれたのだとか。

「天国の水」を意味する
HEMELSWATER

「天国の水」ーー。その響きはいいかもしれないが、やっぱり気になるのは衛生面。しかし、さすがにそこらへんは大丈夫。しっかりとした煮沸によってバクテリアを殺菌処理しているらしい。

HEMELSWATERの共同経営者のJoris Hoebe氏曰く

「現在は、飲み水にも多くの薬品類が混ざっているからね。雨水のほうがクリーンなビールを作ることができると信じているよ」

レストランでは
1瓶€4ほどで販売

このビールは、現在、オランダの様々なレストランやバーで飲むことができる。気になる価格は、€4(約¥500)ほど。リカーショップなら€2〜3(約¥250〜¥375)で手に入れることができる。

考えてみれば、雨水を飲むっていうのは、水の循環からみれば当たり前のこと。そんなエコで革新的な取り組みに加えて、リーズナブルな値段設定は、多くの市民からも高く評価されている。

今後は、レストランやカフェ、または、企業の屋根に何百ものタンクが増設されスケールアップした活動となる計画がある。

さて、気になるテイストは?

味に関するJoris Hoebe氏のコメントは、以下。

「苦味のある黄金色のビールは、IPAに似ているよ」
「かなり苦いけれど、フルーティーで口当たりは柔らか」

うーん。一体、どんな味なんだろう?とっても気になるけど、コレばかりは、一度、現地で飲んでみるしかないようだ。

Licensed material used with permission by Hemelswater
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
植物の水やりには、水道水を使っている人が大半だと思います。でも、人が飲めるくらいキレイに濾過した水を植物にあげるのって、ちょっともったいないかも...!?...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
街でビールを配っていたらーー。そりゃもらいたくもなるもの。でも、手にとった瓶が急に道案内しだしたとしたら、あなたはどうしますか?オランダの首都、アムステル...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
アボカドサラダにトッピングされている様子は、とっても美味しそう!
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。