運河と共に生きるアムステルダムの
「水に浮かぶ」街

運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。

地球温暖化による海面上昇。アムステルダムも被害を受ける都市になるおそれは十分にある。ということで、自然に寄りそった街「Schoonschip」を造ることに。

現実になりえるカタストロフィを想定しているから、自給自足がコンセプト。すべてがこの街で完結する設計です。

ソーラーパネルは当然のごとく設置。自家製電気で、水を供給したり家を暖めたりもします。屋上庭園では野菜やフルーツを栽培する予定。

よくあるコンセプトの発表だけと思いきや、すでに7軒の家が建設されています。最終的には100人以上が暮らせる場所になるのが目標です。となると、あと30〜40軒くらいは水に浮かぶことになるのかもしれません。

ラストは“お金”の話。この街は周囲とのコミュニケーションがシャットアウトされても生活を送れるのがコンセプト。なので、独自の方法でレストランなどの支払いを済ませられるようになります。さすがに通貨は発行できませんから、それぞれが発電した電気がお金の代わりとなるそうです。

「Schoonschip」は、自分たちだけで生活を維持し続けられる街。彼らは決してエバらないんですけど、サステイナブルって……こういうことでは?

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
「Marry an Amsterdammer(アムステルダムの人と結婚せよ)」アムステルダムで始まった新しい旅の企画です。地元の人と指輪交換含むウェディン...
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
アボカドサラダにトッピングされている様子は、とっても美味しそう!
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
日本人にも人気のオランダの都市ユトレヒト。この街にある300を超えるバス停の屋根の上がいま、草や野生の花々で覆われている。
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...