「立ちション問題」を解決する「サステイナブルなトイレ」

オランダの首都・アムステルダムで、じつは根深い問題となっているのが野外排泄。そう......つまり“立ちション”だ。

そもそも公衆トイレの数が少なく、わずかに存在するトイレもほとんどが有料。結果「探してたら間に合わなくなっちゃった.....」というパターンがほとんだだろうが、尿は建物を腐敗させ、そしてなによりも環境に悪影響を及ぼす悪臭のもとになる。

そんな諸問題を解決しようとオランダ企業「Urban Senses」が作ったのが、植物プランター付きの公衆トイレ「GreenPee」

安直すぎるネーミングはひとまず置いておいて、このトイレ、機能効果もあなどれない。

内部では、臭いを吸収する麻の繊維を入れた容器に尿を回収。その繊維と尿を混ぜたものが堆肥化され、リン酸塩を多く含む有機肥料となる。そして、その肥料で公園や緑地を施肥できる仕組みだ。

なお、このボックスには、雨水を集めるための30Lの貯水タンクを備えた実用的なハイドロシステムが搭載されており、乾季でも植物に与える水は最小限で済むのだとか。

現在、オランダ屈指の歓楽街・レッドライトディストリクトを中心に12個が設置。試用期間では、なんと50%も野外排泄を減らすことができたとのこと。

今後は、臭気を吸収するだけでなく、薬物除去効果が見込めるものへの改良や、発電設備の搭載も検討しているらしい。

罰金では解決しなかった社会問題が、アイデアで解決されようとしている好例といえるだろう。

greenpee
©GreenPee 2020
©GreenPee 2020
Top image: © GreenPee 2020
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
コペンハーゲンで開発された「Lapee」は、女性なら誰もが経験したことのある悩みを解決してくれる簡易トイレだ。
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
国連が定めた「世界トイレの日」の本日、NPO法人「日本トイレ研究所」が訪日外国人に向けてトイレの使い方動画「 The robot toilets in j...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
中国発のテクノロジー企業「Xiaomi」は、スマホなどのデバイスをリモートで充電する技術を発表した。この技術が一般化すれば、スマホをリモート充電できるよう...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...