「立ちション問題」を解決する「サステイナブルなトイレ」

オランダの首都・アムステルダムで、じつは根深い問題となっているのが野外排泄。そう......つまり“立ちション”だ。

そもそも公衆トイレの数が少なく、わずかに存在するトイレもほとんどが有料。結果「探してたら間に合わなくなっちゃった.....」というパターンがほとんだだろうが、尿は建物を腐敗させ、そしてなによりも環境に悪影響を及ぼす悪臭のもとになる。

そんな諸問題を解決しようとオランダ企業「Urban Senses」が作ったのが、植物プランター付きの公衆トイレ「GreenPee」

安直すぎるネーミングはひとまず置いておいて、このトイレ、機能効果もあなどれない。

内部では、臭いを吸収する麻の繊維を入れた容器に尿を回収。その繊維と尿を混ぜたものが堆肥化され、リン酸塩を多く含む有機肥料となる。そして、その肥料で公園や緑地を施肥できる仕組みだ。

なお、このボックスには、雨水を集めるための30Lの貯水タンクを備えた実用的なハイドロシステムが搭載されており、乾季でも植物に与える水は最小限で済むのだとか。

現在、オランダ屈指の歓楽街・レッドライトディストリクトを中心に12個が設置。試用期間では、なんと50%も野外排泄を減らすことができたとのこと。

今後は、臭気を吸収するだけでなく、薬物除去効果が見込めるものへの改良や、発電設備の搭載も検討しているらしい。

罰金では解決しなかった社会問題が、アイデアで解決されようとしている好例といえるだろう。

greenpee
©GreenPee 2020
©GreenPee 2020
Top image: © GreenPee 2020
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
スキンケアブランドの「Aēsop(イソップ)」のトイレ用消臭芳香剤「POST-POO DROPS(ポスト プー ドロップス)」です。
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
コペンハーゲンで開発された「Lapee」は、女性なら誰もが経験したことのある悩みを解決してくれる簡易トイレだ。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
国連が定めた「世界トイレの日」の本日、NPO法人「日本トイレ研究所」が訪日外国人に向けてトイレの使い方動画「 The robot toilets in j...
面白いと話題になったベルリンのトイレ。多数のスクリーンが設置され、3D映像や音が流れたり。用を足しにきた人が落ち着ける空間を追求したとのこと。
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
「ZARA」は5月12日に、ヨーロッパ、アメリカ、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、5月13日に日本、中国でメイクアップコレクション「ZARA BE...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
誰もが快適に使用できる公共トイレを設置するプロジェクト「THE TOKYO TOILET」により、2021年夏までに渋谷区内17ヵ所の公園トイレが生まれ変わる。
2月13日から「大阪国際空港(伊丹空港)」内にある国内初の「愛犬専用トイレ」が利用可能に。送迎スペースに設置され、水洗機能付きおしっこポール、汚物流し、シ...
トイレの夢の意味とは?トイレの状態やあなたの行動別に夢占いの専門家が解説します。
公衆トイレを使用する際、便座の汚れが気になって仕方ない!という人、多いかもしれません。中にはトイレットペーパーを敷いたり、事前に便座をふいたりする人もいる...
100箇所以上の公衆トイレにある膨大な量の落書きを撮影して、それらを性別ごとに徹底的に分析したプロジェクト。
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
少しでも他人の目を気にすることなく、心を軽くして検査に臨めるようにと作られた、“0プラスチック”の妊娠検査薬「Lea」。
「ANA」が、手を触れずに出られる機内トイレのドアを航空会社として世界で初めて開発し、今月1日から国内線に順次導入。
今年、カリフォルニアとフロリダでオープンする、『スター・ウォーズ』をテーマにしたエリア「Star Wars: Galaxy's Edge」。ここに誕生予定...
視線を完全にシャットアウト、場所を選ばず、約3秒で作れる心落ち着くプライベートなトイレ空間「InstaPrivy」。キャンプなどのアウトドアシーンはもちろ...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
アメリカのイリノイ州知事は、州内の個室トイレを「ジェンダーニュートラル」にする法案に署名。2020年1月1日から施行される見通しだ。
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
持続可能な漁業の普及に取り組む非営利団体「海洋管理協議会(MSC)」が、世界の有名シェフによるサステイナブルなレシピを公開中。