女性の知らない、「隣のトイレ」で起きていること…。

最近、オランダのスタートアップがこんな便器を開発して、いろんな国のメディアに取り上げられていた。

Mr.Friendly

ミスターフレンドリー。(どのあたりがフレンドリーなのかはちょっとわからない)

この便器たち、“善意感”を名前から出しながらもちゃっかりしていて、男性が用を足している約40秒のあいだ、ディスプレイに広告を流しているのだ。

40秒って、けっこう長いと思う。CMだって、渋谷の大きなスクリーンに映る映像だって、たっぷり40秒間じーーーっとそれだけを見つめていることって、意外とない。

だからこの『フレンドリー』を見たときは、なるほど。と思ってしまった。たしかにこの時間なら、リラックスした状態で広告を最後まで見てもらうことができる。男子便所は、こんなふうにハイテク化していくのかぁ〜と思っていたら、「日本にもこういうのあるよ。」という声が……!

え、そうだったの?

女子の知られざる
<男子便所ハイテク化>

なにこれ……!?

数名からの口コミにより調べてみたら、まさかの大手ゲームメーカーSEGAのプロデュースで、便器のエンタメ化が行われていた。その名も「トイレッツ」。

的をつけて放尿を誘導することで、きれいに保ち、画面に広告やゲームを表示させるのだとか……。すでに東京ジョイポリスなどのアミューズメントパークや、一部の居酒屋では導入済み。(手で画面にタッチする操作はなし。操作は放尿の勢いというまさかの仕組み)

リスペクトを込めて言わせていただきますが、なんてアホらしい…(笑)!

まさか隣でこんな進化が起きているなんて思いもしなかった。

考えてみれば、便器のレパートリーだって男子のほうが圧倒的に多い。周りを汚してしまうという社会問題を解決するべく、試行錯誤を日々重ねて改良されているのだから。トイレごとに形が微妙に違うだろうし。

女子のほうが滞在時間は長いし、最近ではフィッティングルームやパウダールームも充実しているから、「このトイレが好き」というのは圧倒的に多いと勝手に思っていた。こう言っては変だけれど、「トイレの楽しみ」だって女子のほうが。

でもそれは思い込み。彼らは、彼らにしか味わえないトイレの楽しみを謳歌していたのだ。

Licensed material used with permission by Mr. Friendly B.V.

 

【TABI LABOのsarahahができました◎】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポッチっと受付中です。こちらからどうぞ

ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
コペンハーゲンで開発された「Lapee」は、女性なら誰もが経験したことのある悩みを解決してくれる簡易トイレだ。
2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
国連が定めた「世界トイレの日」の本日、NPO法人「日本トイレ研究所」が訪日外国人に向けてトイレの使い方動画「 The robot toilets in j...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!