女性の知らない、「隣のトイレ」で起きていること…。

最近、オランダのスタートアップがこんな便器を開発して、いろんな国のメディアに取り上げられていた。

Mr.Friendly

ミスターフレンドリー。(どのあたりがフレンドリーなのかはちょっとわからない)

この便器たち、“善意感”を名前から出しながらもちゃっかりしていて、男性が用を足している約40秒のあいだ、ディスプレイに広告を流しているのだ。

40秒って、けっこう長いと思う。CMだって、渋谷の大きなスクリーンに映る映像だって、たっぷり40秒間じーーーっとそれだけを見つめていることって、意外とない。

だからこの『フレンドリー』を見たときは、なるほど。と思ってしまった。たしかにこの時間なら、リラックスした状態で広告を最後まで見てもらうことができる。男子便所は、こんなふうにハイテク化していくのかぁ〜と思っていたら、「日本にもこういうのあるよ。」という声が……!

え、そうだったの?

女子の知られざる
<男子便所ハイテク化>

なにこれ……!?

数名からの口コミにより調べてみたら、まさかの大手ゲームメーカーSEGAのプロデュースで、便器のエンタメ化が行われていた。その名も「トイレッツ」。

的をつけて放尿を誘導することで、きれいに保ち、画面に広告やゲームを表示させるのだとか……。すでに東京ジョイポリスなどのアミューズメントパークや、一部の居酒屋では導入済み。(手で画面にタッチする操作はなし。操作は放尿の勢いというまさかの仕組み)

リスペクトを込めて言わせていただきますが、なんてアホらしい…(笑)!

まさか隣でこんな進化が起きているなんて思いもしなかった。

考えてみれば、便器のレパートリーだって男子のほうが圧倒的に多い。周りを汚してしまうという社会問題を解決するべく、試行錯誤を日々重ねて改良されているのだから。トイレごとに形が微妙に違うだろうし。

女子のほうが滞在時間は長いし、最近ではフィッティングルームやパウダールームも充実しているから、「このトイレが好き」というのは圧倒的に多いと勝手に思っていた。こう言っては変だけれど、「トイレの楽しみ」だって女子のほうが。

でもそれは思い込み。彼らは、彼らにしか味わえないトイレの楽しみを謳歌していたのだ。

Licensed material used with permission by Mr. Friendly B.V.

 

【TABI LABOのsarahahができました◎】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポッチっと受付中です。こちらからどうぞ

他の記事を見る
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
「ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?」っていう本、知ってる? 北九州市立大学准教授の、アン・クレシーニさん(通称:アンちゃん)が書いた本なんだけ...
100箇所以上の公衆トイレにある膨大な量の落書きを撮影して、それらを性別ごとに徹底的に分析したプロジェクト。
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
トイレの夢を見て目を覚ましたことはあるでしょうか。目覚めとしては決して良いものではありませんが、昔からトイレの夢は吉夢として伝わっています。トイレは日々の...
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
トイレで「小」をする時、男性は手で大事なトコを触るもの。でも、手のひらには無数の細菌が潜んでいるから要注意。これが、原因で病気になってしまうケースも多くあ...
公衆トイレを使用する際、便座の汚れが気になって仕方ない!という人、多いかもしれません。中にはトイレットペーパーを敷いたり、事前に便座をふいたりする人もいる...
面白いと話題になったベルリンのトイレ。多数のスクリーンが設置され、3D映像や音が流れたり。用を足しにきた人が落ち着ける空間を追求したとのこと。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...
家の中でいちばんプライベートな空間、それはトイレと答える人は多いのではないでしょうか?Houzzの写真を見ていると、トイレに求めるものは人それぞれであるこ...
毎日疲れて帰っても、とびっきりのかわいさで癒してくれる、愛犬。でも、室内でのウンチやオシッコの始末は、悩みの種。トイレの場所を教えておいても、時間が経つと...
なぜか私たちは「うんち」や「おしっこ」という言葉を声に出すことに恥じらいを覚えてしまう。でも、世界のトイレ事情についてあつ〜く語ってくれている「The I...
急速に時代が移り変わり、暮らしが便利になっているにもかかわらず、唯一変わらないものーー。それは人が“もよおす”こと。どれだけ技術が発達しようと、この生理現...
Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌て...
夜、トイレに行きたくて起きることがある。いきなり明かりをつけると、眩しい上に目がパッチリ覚めてしまう。だから、暗闇の中を手探りで洗面所方面へと進んでいくハ...