「イソップ」は、トイレでもスゴかった!

ちょっとトイレの話をさせていただきます。
お食事中にご覧の方、失礼します。

ウンチをすれば、誰だってトイレのニオイが気になります。だって、人間だもの。個室空間だもの。

そこで、トイレ用の消臭剤や芳香剤を考えるわけです。でも、あの独特の香りがどうにも好きになれない。で、お気に入りのアロマやサシェやディフューザーなんかを持ち込んではみるんですが……。

それはそれでアンモニア臭と相まったりすると、好きだったはずの香りが、これまたどうにも受け入れられなくなったりする。違う?

結局のところ、換気とこまめな掃除がイチバンなんでしょうが、ついに、このアイテムがトイレの“ニオイ問題”をすべて解決してくれました。

「イソップ」は
トイレでもスゴかった

スキンケアブランドの「Aēsop(イソップ)」のトイレ用消臭芳香剤「POST-POO DROPS(ポスト プー ドロップス)」です。「プー」とは英語でウンチのこと。なんとストレートなネーミングでしょう。

結論から言います。

ウンチを流したあと、便器の水たまりにキャップと一体になったスポイトから3滴。これだけで、すべてが解決します。大げさでなく、3滴で十分。

気になるときは、洗面台にさらに数滴でシトラスのそよ風が吹き抜けるように、ニオイが“香り”に変わるんです。これはやや誇張かな。でも、そのくらいサッとニオイがなくなるのは確か。

「かき消す」より
「中和する」の魔力

爽やかなシトラスピールと控えめなフローラルのノートで気になるニオイを中和する、植物の香りのトイレ用消臭芳香剤。

イソップ公式サイトから引用させていただきました。

着目したいのは「ニオイを中和する」という表現。じつは、ここに「ポスト プー ドロップス」のスゴみを感じるわけです。

もちろん、消臭作用のある成分も入っている。けれど、いかにも「消臭しました!」みたいな強い香りでかき消すタイプの消臭芳香剤とは、香りも性質もまったくの別物。

強さに強さで対抗するんじゃなく、ニオイの元を包み込むように中和させる、みたいな。柔よく剛を制す、的な。

さて、くだんの香りの主成分はレモン、オオベニミカン、マンダリンオレンジなどの果皮油にイランイラン花油やニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム)によるもの。淡くフレッシュで、鼻腔にトゲトゲしさを感じさせない心地いい香りです。

ちなみに、「お掃除が苦手」という人のテンションも間違いなく爆上げしてくれます。掃除後の「ポタっ」が楽しみになりますよ。

トイレの小窓やニッチ、収納棚なんかにちょこんと置いただけで絵になっちゃうのは言わずもがなですね。そのあたりはインスタで確認してみてください。

何より、「イソップ」製品で100ml、2970円(税込)はコスパよすぎだと思います。

Aesop post-poo drops(100ml)

価格:2970円(税込)
購入は公式オンラインショップから

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

真夏だろうと、真冬だろうと、いつだって油断大敵なのが「ニオイ」です。
梅の種を原料とした和紙(梅炭抄繊糸)による消臭抗菌効果を活かした、淡路島産「梅和紙の消臭靴下」。
酢酸を使った綿の消臭技術を用いた超消臭タオル「ホスピタイル」は、アンモニアなどの臭いを瞬時に中和する性能に加え、洗濯することでその消臭効果が半永久的に持続...
2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
ANAをはじめとする航空会社や鉄道で採用されてる「A2Care」の除菌消臭スプレー。キッチン、リビングからバスルーム、トイレまで、どこでも使える汎用性と高...
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
国連が定めた「世界トイレの日」の本日、NPO法人「日本トイレ研究所」が訪日外国人に向けてトイレの使い方動画「 The robot toilets in j...
面白いと話題になったベルリンのトイレ。多数のスクリーンが設置され、3D映像や音が流れたり。用を足しにきた人が落ち着ける空間を追求したとのこと。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
コペンハーゲンで開発された「Lapee」は、女性なら誰もが経験したことのある悩みを解決してくれる簡易トイレだ。
2月13日から「大阪国際空港(伊丹空港)」内にある国内初の「愛犬専用トイレ」が利用可能に。送迎スペースに設置され、水洗機能付きおしっこポール、汚物流し、シ...
誰もが快適に使用できる公共トイレを設置するプロジェクト「THE TOKYO TOILET」により、2021年夏までに渋谷区内17ヵ所の公園トイレが生まれ変わる。
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
プラスチックを一切使っていない妊娠検査薬「Lia」。生物分解されるので、地球に悪影響を与えないエコ製品です。その性質はトイレットペーパーとほぼ同じ。だから...
野外排泄の問題で悩まされてきたオランダの首都・アムステルダムで、サステイナブルな公衆トイレが各所に設置された。
「Zorpads」は、シートタイプの消臭グッズで、NASAが保証した技術が採用されています。たった1枚で、60足分の靴の臭いを消してくれるポテンシャルがあ...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Makuake」にて先行販売を実施中の「MUZOSA X-PAC」は、素材に「X-PAC」を採用し、耐久性、防水性共に優れ、しかも軽量。鍵、紙幣・硬貨、...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
クラウドファンディングで1700%の支援を達成した「100年使える湯のみ」が、ついに一般販売を開始。