5分弱でできる「DIYの芳香剤&消臭剤」

ニンニク料理をつくっていて誤まって焦がしてしまうと、信じられないほど臭いが充満。ニンニク好きとはいえ、食後はしっかり消臭したい!

これまで消臭剤を購入してたけど、「Food52」のさんによると、自分好みの香りの芳香剤が5分弱でカンタンに作れちゃうんだとか。

材料のエッセンシャルオイルも、ものによっては高いけど、1本で何個か作れると思うと、市販の安い消臭剤とどっこいどっこいかも。
では、気になる作り方を5つご紹介!

5分で完成!DIY芳香剤

台所に立つお母さんの香りや、以前の職場の同僚のスパイシーな香水の匂いなど、似たような香りを街で嗅いでふと思い出したり。匂いは記憶を喚起してくれたり、安心させてくれたりと、とてもパワフルな感覚ですよね。ならば、家の芳香剤を自分で作ってみるのはどうでしょう。

安らぎたいときは「ラベンダー」、気持ちを入れ替えたいときは「シトラス」、集中したいときは「ペパーミント」。こんな具合に、料理をするように気分に合わせて香りと強度を楽しめちゃいます。

私が今回まとめたのは、私たちのお気に入り、かつ安くDIYできる芳香剤の作り方。これでおうちもいい匂い。5分以下でできちゃうなんて驚愕。ギフトにも◎です。

1.消臭剤
①ジャータイプの小さめの瓶に重曹を瓶の半分まで入れ、お気に入りのエッセンシャルオイルを10〜20滴垂らす。

ちなみに私はWhole Foodsの365というシリーズとNow Foodsのブランド(価格帯がリーズナブルなのはthe trios)がお気に入りです。いくつか混ぜてみるのもオススメ(たとえばオレンジ&ペパーミント、ラベンダー&ローズマリー、レモン&ユーカリなど)。

 

②その上にガーゼ、もしくは可愛い柄の布をかけて蓋をしめる。厚手の布を使っている場合は、何個か穴を開けましょう。数日に一回は軽く振ることで、匂いを充満させてあげて。匂いが弱くなってきたら、エッセンシャルオイルを付け足して調整しましょう。

5013161728016384
Photo by Julia Gartland

2.リードディフューザーオイル

①開口部が狭いグラスか陶器に、1/4カップのぬるま湯と1/4カップのウォッカを混ぜて、お気に入りのエッセンシャルオイルを20滴まで垂らす(エッセンシャルオイルは1種類でも、ブレンドしてもOK)。

 

②その中に、ひと摑みの木串を投入。BBQで余った木串を使い回すのもアリ。串が液体を吸収するまで、根気強く待つこと。香りが弱まってきたら、串をひっくり返して。液体がなくなったら、同じプロセスを繰り返して新たなディフューザーを作りましょう。詳しい説明は、こちらからどうぞ。

6110201602113536
Photo by Bobbi Lin

3.縫わずに作れるラベンダーの匂い袋

①まずはカワイイ布を見つけましょう(1メートル分で10個作れます)。9センチx9センチの四角に切り、柄がついているほうを下に向けて(無地の部分が自分を向いている状態)テーブルにおき、アイロン接着テープを3つの端に貼り付けます。4つ目の端は、ラベンダーとお米を入れるように開けておきます。

 

②アイロンで袋を閉じて、(手もしくはスプーンで)中身を詰めていきましょう。入れるのは、乾燥したラベンダーの花びら2に対してお米を1。詰め終わったら4つ目の端にもテープを留めて、アイロンをかけます。出来上がったカワイイ子ちゃんたちは、清涼感を漂わせたい引き出しにポイッ。縫うバージョンの作り方はこちらから。

6401026856845312
Photo by James Ransom

4.沸騰させて作る芳香剤

①ストーブにかけるもの次第で、家の中もたちまちいい匂いになるものです。これを作るのには、一番香り高い"残りもの"をとっておきましょう(たとえば生姜の塊や柑橘系フルーツ、それから梨の皮など)。

 

②それから、ユーカリの葉っぱとラベンダーの蕾を集めて。お鍋に水を張り、これらの具材を弱火でグツグツ煮ると、たちまち心喜ぶ香りがお部屋中にフワッと漂います。詳しい作り方はこちら

5558934496608256

5.消臭ミスト

①市販のスプレーはやめて、自分の消臭剤を作ってみては?小さなボウル、小ぶりのスプレーボトル、エッセンシャルオイル(ティートリーオイルやローズマリー、ペパーミントがおすすめ)、水、そしてウォッカを用意。

 

②ボウルにオイルを垂らし、好みの香りにブレンド。そのオイルを水とウォッカとともにスプレーボトルに流し込み、よく振ったら完成。

 

あっという間でしょう?空気を入れ替えるのにも、家具や布にシュッと振りかけるにも最適(布地にはかけすぎないよう注意してね)。気分もリフレッシュ!詳しい作り方はこちらを参照。

5818381257146368
Top Photo by Julia Gartland
Written byHana Asbrink
Licensed material used with permission by Food52
この防虫用のアロマフックは、木曽のヒノキの「節の部分」を使っているそうです。そもそもヒノキには抗菌作用、消臭作用があることは有名ですが、とくに「節の部分」...
紙粘土みたいな見た目ですが、こいつがスゴかった。
「Zorpads」は、シートタイプの消臭グッズで、NASAが保証した技術が採用されています。たった1枚で、60足分の靴の臭いを消してくれるポテンシャルがあ...
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでし...
ANAをはじめとする航空会社や鉄道で採用されてる「A2Care」の除菌消臭スプレー。キッチン、リビングからバスルーム、トイレまで、どこでも使える汎用性と高...
入浴剤ソムリエの肩書を持つ、パラダイス山元さんがプロデュースした「蔓潤湯椿」。入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品です。
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
週末につくり置きしておけば、どんなに疲れて帰ってきた夜も、極上のバスタイムが楽しめますよ!
〈グランズレメディ〉は、ニュージーランド生まれの靴の消臭剤。5日〜7日間、足の裏に白い粉がつくことを我慢すれば、約半年の消臭効果が!
静岡の西伊豆の離島で開催される「MUJINTO cinema CAMP」は、無人島でキャンプをしながら映画を楽しむフェス。その最大の特徴は、参加者も含めて...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
木曾ヒノキ、秋田スギと並んで日本三大美林の一つとされている青森ヒバ。「Cul de Sac-JAPON」は、社殿や仏閣などの建築用素材として有名なこの樹木...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。自作したものを使う喜び、...
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...