クローゼットに「檜のアロマフック」がある生活。

化学香料って、最初はいいんだけど、ずっと嗅いでいるとちょっと気持ち悪くなる。何も使わないよりは…と思ってクローゼットに置いてるけど、満足度的にはイマイチです。

だから「木曽生活研究所」のこれを見つけたときは「おっ」っていう感じでした。

from 木曽

木曽の檜でつくったアロマフック(1,728円)

この防虫用のアロマフックは、木曽のヒノキの「節の部分」を使っているそうです。

そもそもヒノキには抗菌作用、消臭作用があることは有名ですが、とくに「節の部分」にその成分が多いのだとか。知らなかった…!

ちなみに香りが弱まってきたら、付属の紙ヤスリで表面を削ることで、また香りが戻ってくるというのも嬉しい。長く使える…!

天然素材のほのかな香りが、クローゼットを包み込んでくれそうです。

「木1本、首1つ」

かつては、1本盗んだら首が1つ飛ぶという刑罰があったほど、日本の宝とも言うべき「木曽のヒノキ」。耐久性、防虫効果、香り、どれをとっても日本の豊かさを感じさせてくれます。

最後に、簡単にスペックを。
・素材:檜、スチール
・サイズ:W120×D25×H250

ハンガーフックのシンプルさもいい。

Licensed material used with permission by 木曽生活研究所(運営 Tree to Green)
アメリカの出会い系サイト「GLEEDEN」が販売しているクローゼットの“目的”が物議を醸している。「The GLEEDEN Closet」の目的はなんと恋...
「Zorpads」は、シートタイプの消臭グッズで、NASAが保証した技術が採用されています。たった1枚で、60足分の靴の臭いを消してくれるポテンシャルがあ...
「ヒノキシリーズ」の消臭除菌スプレー、吹きかけるだけでフットウェアなどに着いた汚れを落としてくれる「ギアクリーナー」、使い古したウェアやテントを大切に長く...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。