「恋人」というか「不倫相手」を隠すためのクローゼット

599万人を越える会員数を誇るアメリカの出会い系サイト「GLEEDEN」が販売するクローゼット「The GLEEDEN Closet」が物議を醸している。

このクローゼットはなんと「恋人」をかくまうことを目的として設計された、特殊なクローゼットなのだ。

公式サイトでは、使用例として、ある女性が自宅で不倫中に夫が帰宅してしまい、慌てて不倫相手の男をクローゼットに隠すというシチュエーションが紹介されている。

このクローゼットは通常のそれよりも奥行きが2倍ほど広く、クローゼット内に隠し扉が存在する。驚くべきは充実したアメニティの数々だ。

隠し扉の奥には、逃げ込んだ恋人のために、イス、ライト、72時間分の食料と水、300本以上の映画を視聴できるタブレットとヘッドフォン、着替え、さらに気持ちを落ち着かせるための酸素マスクまで用意されている。

アメリカらしいユーモアたっぷりのこのクローゼットの販売価格は、日本円にして約87000円。今なら公式サイトで37%オフの約54000円で買えるようだ(笑)。

Top image: © 2019 Gleeden
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
磁気を使ってキレイにクローゼットを整理整頓する、画期的な収納アイテムが「Kickstarter」に登場。クローゼットを整然と保つことが苦手な人には、まさに...
この防虫用のアロマフックは、木曽のヒノキの「節の部分」を使っているそうです。そもそもヒノキには抗菌作用、消臭作用があることは有名ですが、とくに「節の部分」...
「人生には、ジーンズよりも心配しないといけないことがたくさんある」記事の中でそう書くのは、ロンドンでファッション関連の仕事をしているLucie Thomp...
アメリカの企業が開発した「Tersa Steam」というクローゼット、単に本来の役割だけでなく、自動で洋服のシワを伸ばしてくれるスチームクリーニング機能付...
夫や彼に対して「最近全然相手にしてくれないし、前と比べて雰囲気も変わった」と思ったことはありませんか?もしかしたらそれは、不倫のサインかもしれません。「E...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
実際に不倫をしている人は、メディアで騒がれているほど多くはないそうです。坂爪真吾氏の著書『はじめての不倫学』によれば、既婚者のほとんどは、心の内に不倫願望...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
9月5日、Facebookは恋人探しができる機能「Facebook Dating」をアメリカで提供開始と発表。
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
どれだけ旅行が好きでも、パッキングはちょっと苦手。しっかり整理して収納しないと、後々「どこにしまったっけ…」なんてことになる。衣類がシワになってしまうのも...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「Voyage Club」というサービスは、予算と目的地を教えれば、現地の雰囲気とマッチした洋服を用意してくれるんです。ホテルに着いたら、クローゼットに洋...
私たち人間は、男女問わず、生物学的にも社会的にも複数の相手と愛し合うことができてしまう生き物。人類が繰り返してきた「不倫」に関する豆知識を紹介していこう。...
いつ誰がドラッグを隠したのかは分かっておらず、アメリカの麻薬取締局は今でも捜査を続けているそう。
アメリカの研究によれば、別れを告げるときは、必要最低限の優しさ、且つストレートに言うのが、相手を傷つけるリスクが低いそうです。ここでは、言うべき具体例を含...
付き合っていると、ときどき思ってしまうのは「本当に愛しているの?」ってこと。疑うわけじゃないけど、“気持ち”の部分を確かめたくなるときだってある。「Eli...
クローゼットの中身をのぞき見しているようで、ちょっぴりドキドキ、後ろめたさも。だから気になって仕方ないのかも。
童話で読んだお菓子の家のように、すべてがワードローブでできた「洋服の家」がコンセプト。500点以上のファッションアイテムが着替え放題、一部を除いて気に入...
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。