いらない服を送って、新品を。サステイナブルな「Aeon Row」

新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったいない…。そんな服でクローゼットがいっぱいになってしまってはいないでしょうか。

ここで紹介する「Aeon Row」は、そんな人にこそ知ってほしい、サステイナブルな提案を持ったショップなんです。

古い服を送って
新しい服へ「つなぐ」

2016年の7月にできたばかりの「Aeon Row」で取り扱う服は、スタンダードでとてもシンプル。欲しい服をオーダーして手元に届くところまでは、普通のお店と同じです。

ただひとつ違うのは、一緒に送られてきた箱に古い服を入れて送り返すと、次回のオーダーが15%も割引になる、ということ。

捨ててしまったら1円にもならない古い服も、新しい服を買うときのプラスになるなら嬉しいですよね。

すべての服が
リサイクル素材からできている

ところで、送った古い服はどうなるのか?もちろん捨ててしまうわけではありません。

回収された服は色別に分けられ、使用済みペットボトルをリサイクルしたポリエステルを加え、新しい服へを生まれ変わるのです。そう、Aeon Rowのアイテムは、すべてリサイクル素材から作られているんです。

Tシャツ1枚作るだけで、通常は2500リットルの水と、150グラムの化学物質が必要になると言われています。Aeon Rowは、これらの消費をゼロにすることが目的。

もちろん、あまりに綺麗でそのまま着られるものは、リサイクルせずそのまま寄付します。

古い服も
生まれ変わって誰かの元へ

Aeon Rowを創業し、このサービスを考えたGriffin Vanzeさんは、もともと海を清掃するNPOに関わっていました。同時にファッションにも興味があり、そのふたつの経験から、エコでサステイナブルな服について考えるようになったそうです。

「古い服を送り返したら割引、というシステムにすれば、みんな服が古くなったときにだけ買い物をするようになるでしょう?私たちは、服と人の関係をより良いものにしていきたいんです」

古い服も、新しく生まれ変わって誰かの手元に届く。自分のところに来た服も、どこかで誰かが着ていた服の素材から作られている。お財布にも環境にも優しいAeon Rowのサービス、これからも注目していきたいですね。

Photo by Karin Dailey
Licensed material used with permission by Aeon Row
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
いま、世界中の若者から人気を集めている「ASMR」。ASMR動画を見て、「頭や背中がゾワゾワっするけどなんだか止められない!」と感じたことのある方も少なく...
東京・墨田区の老舗縫製メーカー「和興」が「和紙の服」を国内初リリース。吸湿性と保湿性を兼ね備え、抗菌と消臭の機能も搭載。環境負荷が少ない循環型の素材として...
「Emmy Kasbit」は、ナイジェリアの紳士服ブランド。創設者Okoro Emmanuelは、インスピレーションを70年代に父親が着ていた洋服から得て...
2009年に誕生したリサイクル素材や環境負荷の低い素材・副資材のみを使用したアパレルブランド「エコアルフ」。2020年3月に渋谷区神宮前に1号店をオープン。
2020年春夏シーズンから始動する、スノーピークの新アパレルライン「YAMAI」。テーマは、豊かな自然に似合う服。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
一応はペニスリング、だけど、いろんな使い方ができるマルチプレイヤー!
防護服やマスクをテーマにしたファッションブランド「SOUBI BY TAKASHI TESHIMA」。プロダクトやファッションの分野でデザイナーとして活動...
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
「GLOBAL WORK」が、毎年大量に破棄されてしまっている残反(洋服を作る際に必ず出る余った生地)をリサイクルしたエコバッグの販売を開始。
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
おうち時間のお供にぴったりの食べ物や飲み物、(仕方のない)外出時に便利な非接触棒などを、応援の意味も込めて「日本の老舗」からピックアップ!
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
今回は原宿にある「Allbirds」。アメリカのTime誌が「世界一快適なシューズ」と紹介したサステイナブルなスニーカーを履いてみました!
来秋発売の「Forever Floatride GROW」は、「Reebok」が誇る独自のクッショニング素材「Floatride」を搭載した高機能ランニン...
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...