ステレオタイプをぶち壊す「理系好き女の子」のための服

男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。ジェンダー不要論が出るのも当然でしょうが、このママたちの考えは、女の子の創造力や可能性を限定させないことに重きを置いていたようです。

ピンクのシャツにロケットや恐竜。これが、シアトルのJenifferママとMalorieママが始めたブランド「BuddingSTEM」。

女の子だって恐竜やロケットが好き
なのに、売り場にないのはナゼ?

まずは、このアパレルブランドを立ち上げるきっかけをつくった二人のママの実体験から紹介します。

Jenifferママ

3年前のハロウィン、当時4歳だったJenifferの娘さんは、宇宙飛行士の仮装をしたいと答えました。二人でコスチュームをカタログを取り寄せて見てみると、どれも男の子のが衣装を着ている写真ばかり。小さな女の子は「ママ、宇宙に行けるのは男の子だけなんだね」。それからというもの、娘さんは宇宙飛行士の仮装をしたいと言わなくなったんだそう。

Malorieママの話

ある年のクリスマス、娘がサンタクロースに宛てたリクエストの手紙に「電車のプリントが入ったパンツ」とあるのを目にしたMalorieママ。子供服売り場を見渡しても、もっぱらそれらが男の子用しかない現実に落胆したと言います。

同じフラストレーションを共有したママ二人が、手を取り合うのに時間はかからなかった、と「Huffingtong Post」は伝えています。

女の子らしく振舞おうとすることと、彼女たちの興味を閉ざしてしまうこと、そのどちらかを選ばなきゃいけないなんて、今の時代にまったくマッチしない考え方だとママたち。

子どもだって、大人と同じように着るもので自分を表現できるし、好きなこと、興味のあることの話しをするように、洋服が表現手段のひとつである世の中であってほしい。

それには…。

自分たちでオリジナルのブランドをつくるしかない!

ステレオタイプに囚われない
すべての子どものための服

こうして、「サイエンス、宇宙、恐竜、電車…が大好きな女の子たちのための」アパレルブランドBuddingSTEMは誕生しました。

電車やロケットが男の子のモチーフである必要はない。もちろん逆を言えば花柄だってハートだって女の子限定とは限らない。ステレオタイプなジェンダーイメージのマーケットとは別の視点で、ものづくりに挑んだ結果、目標額を大幅に超える資金が二人の元へ。

「幼少期の子供服は、子どもたちの認知や好奇心の形成に大きな影響を与えます。サイエンスに興味のある女の子のためにも、こうした服をつくることは重要だと信じています」。

実際スタートしてみたところ、同じママたちからの共感、リクエストの多さに驚いた。とJenifferママ。

子どもの可能性を広げる
選べる自由と楽しさを

Tシャツ、レギンス、ワンピース、ロンパースなどが中心の衣類。モチーフはロケット、飛行機、電車、恐竜、ホタル、カエルとバラエティも豊富。オンラインショッピングでは、残念ながら現時点では日本への出荷はないみたい。

ガーリーなロゴや、お姫様チック、ピンク推しがメインストリームの現状に、違和感を感じる人たちが増えいる。少なくともアメリカはそのようです。子供服売り場の多様性がどんどん広がっていくって、ひとりの親としても楽しくなってしまうトピックスでした。

Reference:Huffington Post
Licensed material used with permission by buddingSTEM/Christy Kinskey, Facebook, Twitter, Instagram

関連する記事

育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
この記事では、ステレオタイプ(固定概念)の意味や語源、身近な用例などを解説しています。
「中川政七商店」が、来週8月3日(月)から初のアパレル業態「中川政七商店 分店 服」を「グランスタ東京」にオープンする。
「BEAMS」が、野口宇宙飛行士とともに製作した宇宙服をファッションウェアにアレンジして、12月2日より先行販売をスタート!
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
「Emmy Kasbit」は、ナイジェリアの紳士服ブランド。創設者Okoro Emmanuelは、インスピレーションを70年代に父親が着ていた洋服から得て...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
2020年春夏シーズンから始動する、スノーピークの新アパレルライン「YAMAI」。テーマは、豊かな自然に似合う服。
「asobito」と「空調服」がコラボテーションしたクールウェア「asobito FAN WEAR」なら、夏の過酷なキャンプやアウトドアでも涼しく快適に過...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
「株式会社京都紋付」から、リウェアブランド「K」がデビュー。究極の黒に染め上げる「黒染めサービス」でお気に入りの服が美しく生まれ変わる。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
「Netflix」がオリジナルで制作を手掛けた初となるリアリティファッション番組『ネクスト・イン・ファッション』が公開中。司会にはモデルのアレクサ・チャン...
母:「ねえデイジー、この服なんてどう?」娘:「見てママ、これってヘンじゃない?」イギリス南部に暮らすデイジー・エドモンドちゃんは、この日母親とともに近所の...
「YouTube」の記念すべき初動画がアップロードされたのは、今から15年前となる2005年4月23日。「動物園にいる僕」と題された、わずか18秒のこの動...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
トランスポーター(移動手段)としての車には、もう多くの人の興味が失われているとおもう。誰もが車をもてる時代をへて、今はカーシェアリングなんてあたりまえ。U...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。