ステレオタイプをぶち壊す「理系好き女の子」のための服

男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。ジェンダー不要論が出るのも当然でしょうが、このママたちの考えは、女の子の創造力や可能性を限定させないことに重きを置いていたようです。

ピンクのシャツにロケットや恐竜。これが、シアトルのJenifferママとMalorieママが始めたブランド「BuddingSTEM」。

女の子だって恐竜やロケットが好き
なのに、売り場にないのはナゼ?

まずは、このアパレルブランドを立ち上げるきっかけをつくった二人のママの実体験から紹介します。

Jenifferママ

3年前のハロウィン、当時4歳だったJenifferの娘さんは、宇宙飛行士の仮装をしたいと答えました。二人でコスチュームをカタログを取り寄せて見てみると、どれも男の子のが衣装を着ている写真ばかり。小さな女の子は「ママ、宇宙に行けるのは男の子だけなんだね」。それからというもの、娘さんは宇宙飛行士の仮装をしたいと言わなくなったんだそう。

Malorieママの話

ある年のクリスマス、娘がサンタクロースに宛てたリクエストの手紙に「電車のプリントが入ったパンツ」とあるのを目にしたMalorieママ。子供服売り場を見渡しても、もっぱらそれらが男の子用しかない現実に落胆したと言います。

同じフラストレーションを共有したママ二人が、手を取り合うのに時間はかからなかった、と「Huffingtong Post」は伝えています。

女の子らしく振舞おうとすることと、彼女たちの興味を閉ざしてしまうこと、そのどちらかを選ばなきゃいけないなんて、今の時代にまったくマッチしない考え方だとママたち。

子どもだって、大人と同じように着るもので自分を表現できるし、好きなこと、興味のあることの話しをするように、洋服が表現手段のひとつである世の中であってほしい。

それには…。

自分たちでオリジナルのブランドをつくるしかない!

ステレオタイプに囚われない
すべての子どものための服

こうして、「サイエンス、宇宙、恐竜、電車…が大好きな女の子たちのための」アパレルブランドBuddingSTEMは誕生しました。

電車やロケットが男の子のモチーフである必要はない。もちろん逆を言えば花柄だってハートだって女の子限定とは限らない。ステレオタイプなジェンダーイメージのマーケットとは別の視点で、ものづくりに挑んだ結果、目標額を大幅に超える資金が二人の元へ。

「幼少期の子供服は、子どもたちの認知や好奇心の形成に大きな影響を与えます。サイエンスに興味のある女の子のためにも、こうした服をつくることは重要だと信じています」。

実際スタートしてみたところ、同じママたちからの共感、リクエストの多さに驚いた。とJenifferママ。

子どもの可能性を広げる
選べる自由と楽しさを

Tシャツ、レギンス、ワンピース、ロンパースなどが中心の衣類。モチーフはロケット、飛行機、電車、恐竜、ホタル、カエルとバラエティも豊富。オンラインショッピングでは、残念ながら現時点では日本への出荷はないみたい。

ガーリーなロゴや、お姫様チック、ピンク推しがメインストリームの現状に、違和感を感じる人たちが増えいる。少なくともアメリカはそのようです。子供服売り場の多様性がどんどん広がっていくって、ひとりの親としても楽しくなってしまうトピックスでした。

Reference:Huffington Post
Licensed material used with permission by buddingSTEM/Christy Kinskey, Facebook, Twitter, Instagram
andmore
他の記事を見る
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
「Emmy Kasbit」は、ナイジェリアの紳士服ブランド。創設者Okoro Emmanuelは、インスピレーションを70年代に父親が着ていた洋服から得て...
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
母:「ねえデイジー、この服なんてどう?」娘:「見てママ、これってヘンじゃない?」イギリス南部に暮らすデイジー・エドモンドちゃんは、この日母親とともに近所の...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
もし、服が自分の感情を表現してくれたなら…。それを実現させたのが、スマートコミュニケーションウェアの「ACT」だ。この服は、特殊な電子回路を搭載。抱き合っ...
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
使い古して役に立たなくなった布やボロ切れを使用して作られた衣服「BORO」。装飾的な美しさだけでなく、寒さをしのぐために、丈夫にするためにと、実用性を追い...
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
美しい女の人っていうのが、私の中の「人魚」のイメージ。アンデルセンの『人魚姫』の影響もあるのか、頭に浮かぶのは女性像という人も多いのではないでしょうか?今...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...