「ここがヘン!」8歳少女が異議を唱える子供服のあり方に、大人たちが考えさせられた

母:「ねえデイジー、この服なんてどう?」
娘:「見てママ、これってヘンじゃない?」

イギリス南部に暮らすデイジー・エドモンドちゃんは、この日母親とともに近所のスーパーで買い物を楽しんでいました。これは、子供服売り場にやってきた二人が洋服を手に取りながら交わした会話です。

8歳のデイジーちゃんに「ここがヘン!」と思わせたものは何だったのか。ちょっと想像してみてから、続きをどうぞ。

子どもの視点で見えた
ロゴの上の不平等

こんなの不公平だよ。だって女の子はいつでもおしとやかで、男の子はつねに大胆であれって、みんなが思っているからでしょ?」。

彼女の主張はデザインやカラーではなく、刺繍やプリントで表現された胸元のロゴにあったのです。不服そうなデイジーちゃんのこの表情。両者を比較してみれば、たしかに彼女の言わんとしていることが分かるはず。

まずは、女の子用のシャツ。左からそれぞれ“HEY!(やあ!)”、“Beautiful(きれい)”、“I feel FABULOUS(気分は最高)”のロゴ。

いっぽう、こちらは男の子用。左から順に、“DESERT ADVENTURE AWAITS(荒野への冒険が待ち受けている)”、“THINK OUTSIDE THE BOX(形になんか囚われるな)”、“HERO!(ヒーロー!)” といった具合です。

大人の勝手なイメージに
子どもは縛られている?

そもそも女の子用、男の子用という分け方からしておかしいじゃないか、とデイジーちゃん。8歳の彼女からすれば、もしかしたら頭の片隅にふっと沸いたギモンのひとつだったのかもしれません。

それでも「ほら、ヘンでしょ?」とでも言いたげな表情を見るにつけ、男女の性差をわざわざメッセージングするようなロゴなんてナンセンス。そう子どもたちに嘲笑されている気持ちになるのはなぜでしょう。

ジェンダーフリーを感覚的に体現してみせた彼女の主張に、世界中から絶賛の声が寄せられたことは元より、「なるほど、たしかに!」と多くの大人たちが、デイジーちゃんの主張にどこか一本取られた気がしているんじゃないでしょうか。

Licensed material used with permission by Storyful
写真は、8歳の少女が泥棒に宛てて書いた手紙(走り書き)。留守中を狙って空き巣に入られたその窓に、彼女は手紙を貼りました。泥棒がこれを目にすることはきっとな...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
心温まる動画をご紹介。
インドドラマ「Pehredaar Piya Ki」は王家の血を引く9歳男子が18歳少女に一目惚れし、結婚前提・親公認の真剣恋愛をする物語。しかし批判殺到で...
アメリカ・カンザス州に住む13歳の少女が、お気に入りの服を着て学校へ行きました。裾が広がりレースがついていて、肩が大きく開いたピンク色のトップス。「可愛い...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。でも、オ...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。「I AM 14」シリーズは、ゴンゴ共...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
スイス人作家ヨハンナ・シュベリによって書かれた『ハイジ』。原作は60もの言語に翻訳され、発行部数はじつに5,000万部以上だそう。世界中で愛され続けている...
依然として内戦が続く、シリア北部の都市アレッポ。この街に、空爆に怯えながらもTwitterで状況を発信し続けている7歳の少女がいます。彼女の名は、Bana...
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
ヒリヒリするような切なさと得体の知れぬ焦燥感…かつてわたしたちが“少女”だった時、こういう気持ちはわりと密接だった気がします。そんな気持ちを思い出すことの...
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
これは、イリノイ州に暮らす3歳の女の子ブルックリンちゃんと、ゴミ収集作業員(ドプソンさん)とのハートウォーミングなストーリー。この小さな恋のものがたりは、...