残酷な結婚式「彼女は僕のものだよ」に込められたメッセージとは

みんなに祝福される、結婚式。

ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」という結末になることを祈るのです。

でも、この結婚式は違いました。

そこには
「無表情」の花嫁の姿

ボードには「彼女は僕のものだよ」という新郎からの甘いメッセージが書かれています。

新郎新婦の2人はメイクや正装の準備に大わらわです。手作り感に溢れ、こじんまりとしているけれど心のこもった結婚式になることを、子供が描いた絵が物語っています。

バージンロードを見守る参列者たちと、握手を交わす新郎と新婦の父。みんなの祝福を受けながら式は進んでいきます。

そしていよいよ「誓いの儀式」。新郎が新婦のベールを上げるとそこには…

幼い少女の不安げな瞳が揺れていました。新郎が肩を抱き寄せても、指輪の交換をしても、ずっと無表情のままの少女。

まだ「お絵描き」が
楽しい女の子

ウェディングケーキに飾られていたのは、じつは彼女が描いた結婚への「夢」でした。でも今はもう、彼女の手によって黒く塗りつぶされてしまいました。

「彼は私を所有するの」というのが彼女のメッセージ。泣き声すら上げず、少女は一粒の涙を流しました。

しっかりと手を繋いで式場を去る2人の後に置き去りにされたぬいぐるみは、少女の「童心」でしょうか。

おとぎ話のような結婚式
(たったひとつを除いて)

この映像は児童婚に警鐘を鳴らすため、ユニセフが制作したものです。

はじめはとても幸せそうな結婚式だったのに、周囲からの祝福さえも、彼女を孤独と絶望に追いつめているように見えてきます。

ぬいぐるみで遊ぶ無邪気な年齢の少女を結婚させることが、いかに彼女の人権を踏みにじることなのか、彼女自身も幼すぎて気づくことすらできないかもしれません。

しかしこれは、現実に世界各地で行われているのです。

児童婚の定義は18歳未満での結婚、それに相当する状態のことをいいます。ユニセフによると、世界全体で7億人以上の女性が児童婚をしています。また世界では毎年1,500万人の少女たちが幼くして結婚を強いられ、夢を見ることすら許されない生活を送っているのです。

これらは子供の権利の侵害だけでなく、社会的に非常に深刻な問題を抱えています。教育を受ける機会を奪われ、自立することさえ考えつかないうちに結婚させられることで、じっと家庭内暴力に耐えるしかなかったり、声を上げることすら考えつかない状況に追い込まれることもあると言われます。

すでに児童婚が慣習となり、何世代にも渡って続いている地域もあります。子供が親に結婚するよう命じられたら、従う以外の選択肢があるのでしょうか。

Licensed material used with permission by Studio 1208
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
乳がんを患い、人生だけじゃなく夢にまでみた愛する人との「結婚」まで危うくなったHeatherさん。しかし彼女は最後まで諦めませんでした。周囲の助けもあり、...
インドドラマ「Pehredaar Piya Ki」は王家の血を引く9歳男子が18歳少女に一目惚れし、結婚前提・親公認の真剣恋愛をする物語。しかし批判殺到で...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継...
結婚式の夢は日々の恋愛を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。ひとり身の未婚で結婚願望が...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
初対面が苦手でも相手が思わず、それ何?と話しかけてくる個性的なラペルピンです。小さないお花を入れることで香りも楽しめます。お値段も5000円以下とお手頃で...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
結婚することが決まったら、お金についての情報や知識を集めておきたい。結婚式の予算の目安は?ご祝儀ってどのくらいもらえるの?お金が足りない場合は?など。ここ...