画期的な「絆創膏」を発明したのは、10歳の少女だった

絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。

でも、オーストラリアの10歳の少女、ブリジット・ヴェレリスちゃんが発明した「Faster-Aid」は、絆創膏の弱点をクリアするアイデアが詰まっていました。

セロテープ型で
清潔・エコ・手間いらず

ブリジットちゃんが発明した「Faster-Aid」の仕組みをまとめると

・ディスペンサーの中には、テープ状に巻かれたパッド付きの粘着テープ

・上部のスイッチを上にスライドすると、中央にパッドが入った一枚分の長さの絆創膏が押し出される。

・絆創膏の端にはミシン目が入っており、スイッチを押し下げるとカッターでカット。

・同時にケースが密封され、中を無菌状態に保つ。

と、シンプルで便利。そのまま粘着面の保護シートをはがす手間もなく貼れるそうです。個別包装もないので、ゴミにならずエコでもあります。

2016年の
オーストラリアグランプリに

エネルギー企業「Origin Energy」が開催する学生の発明コンペティション「littleBIGidea」には、毎年オーストラリア中の子供たちから素晴らしいアイデアが集まります。ブリジットちゃんが発明した「Faster-Aid」は、2016年のナショナルグランプリに輝きました。

両親と看護士さんに
ラクをしてもらいたい

ブリジットちゃんは2015年、白血病を発症しました。今回の発明は、入院中、投薬や検査などの止血に、両親や看護士が絆創膏を貼るために苦労している姿を見て、何とか助けになりたいと思ったことからだそう。

とくに衛生グローブをつけた看護士にとって、個別包装された従来の絆創膏を貼るのはなかなか難しそうでした。「Faster-Aid」のアイデアを思いついたブリジットちゃんは、色々なタイプのテープディスペンサーでその仕組みを観察し、デザインを改良したそうです。

Licensed material used with permission by littleBIGidea

関連する記事

イギリスの大手スーパーマーケットが肌の色に合わせた絆創膏を発売。ライト、ミディアム、ダークの3種類がラインナップされ、自分の肌にあった絆創膏を選択すること...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
たしかに使用用途には納得するけれど、そんなシチュエーションがまずない!そんな不必要な発明品ばかりを作り、紹介&販売しているサイト。
傷を負ったときに、ウイルスの侵入を防ぐために使われる「絆創膏」。これまでは、傷が治るのを助けるためのサポート役でした。米ネブラスカ大学リンカーン校の研究者...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
指先に絆創膏を貼るとき、テープがしわになってすぐに剥がれてしまうこと…ありますよね。それを解消する貼り方が、SNSを中心に(海外でも!)話題になっていまし...
「Unnecessary Inventions」というInstagramアカウントの紹介。名前の通り、不必要な発明品……あっても使わないだろうモノがフィー...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...