【衝撃映像】SNSを使えば、少女の「誘拐」はこんなにも簡単です

ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。

ここで紹介する実験動画は、SNSを使って少女を誘拐することがいかに簡単かを示したもの。どんな手口で少女を誘い出すのか? 10代のユーザーはもちろん、年頃の子を持つ親世代にも見てもらいたい。

簡単すぎる!
少女誘拐の手口

【実験1】
SNSで少女を公園に
呼び出すことができるか?

実験を主導するのはこの男性。まずは、Facebookで偽アカウントを作り、ランダムに検索した女性にフレンドリクエストとメッセージを送る。

対象は10代前半の少女。偽アカウントの画像として選んでいるのも、同じ年頃に見える爽やかな少年だ。もちろん顔も名前も全て偽物。

だが、この見知らぬ少年からのリクエストに対する少女たちの危機感は薄い。

偽アカウント「ハーイ、ミカエラ」

少女「あの、どこかで会ったことあったっけ?」

偽アカウント「最近、フロリダからこの街に引っ越してきたんだよね」

少女「へぇ、いいね」

偽アカウント「友達が欲しくてさ」

かなり適当なやり方に思えるかもしれないが、結局少女は、この見知らぬアカウントの人物とSNS上で友達になる。

さらにコミュニケーションを進めていくと、直接会おうという話に。少女は家族の目を盗み、少年に会うために待ち合わせ場所へと向かう。

少女「今、親が家を出たから10分後に行くね」

見知らぬ男性と合う約束を
少女はあっさりとOKする

連絡を受けてすぐ、待ち合わせの公園にカメラが設置された。10分後、現場に少女が現れる。そして、少年と挨拶を交わすと…。

「何やってんだ!」

そこに現れたのは少女のお父さん。実験の内容を聞いた上で、彼女を見守っていたわけだ。少女は動揺しながらも、自らの軽率な行動がどんな事態を招くのか説明を受ける。

アカウントの画像とは全く見た目の違う男性。インターネットの情報の不確かさ。最悪を想定すれば、そのまま誘拐されてしまうことだってあり得た。

しかし、彼女はまだ幼い。お父さんもその場で責めることはせず、「後で話そう」と肩に手をまわす。

【実験2】
少女の自宅へ
入ることができるか?

次に別の少女との約束を得る。今度は彼女の自宅へと向かう。

少女「これが最後のメールね、父親が寝るまで待って」

彼女の父親は、メッセージを見ながらこうコメントしている。

父親「ドアを開けるわけがない…いや開けて欲しくないというのが正直なところだよ」

しかし、彼女はいとも簡単に見知らぬ男性へと自宅の住所を送信してしまう。

そして自宅へ

結果は、案の定言わずもがなだ。

「何やってんだ!お前はまだ12歳なんだぞ!」

父親はそう叫んだ後、彼女にこう伝える。言葉に込めた感情が動画からも伝わってくる。

「レイプされるかもしれない!殺されることだってある!何かあったら俺はどうすればいいんだ!?愛してるんだ!だからもう2度とこんなことするな!」

【実験3】
少女は真夜中に
見知らぬ車に乗り込むか?

3人目の実験では、少女を真夜中のドライブに誘う。大きなバンの車内には両親がスタンバイ。例の如く、メッセージのやり取りのみで待ち合わせをするが、結果はこれまでと同じ。

少女「ドアを開けてもらえる?」

そして車内へ入ると…!

少女「キャー!!!!!!」

相手は3人もいる。ドアも満足に開かない。さらに真夜中だ、通りには人もいない。これが本当に悪意のある犯行だったとしたら…。

車内の正確な様子は外から見ただけではわからない。怪しい車でさえ、少女たちは簡単に車内へと乗り込んでしまうのだ。

動画は「Coby Persin」氏によるもの。世界中の人々へ向けて注意・警戒を呼びかけている。

Licensed material used with permission by Coby Persin

SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
「チャイルド・トラフィッキング」これは子どもの人身売買を意味する言葉。インドでは女の子を誘拐し、強制的に売春をさせているという事実があります。けれど、加害...
日本では絶対にあり得ない、衝撃的な映像が「Cut.com」に取り上げられ、話題を呼んでいます。なんと、マリファナを3人のおばあちゃんが吸引し、談笑(という...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
2015年7月、突如メディアに投稿された1本の動画に世界中が目を疑いました。イスラム国(IS)による人質殺害の様子が収められた映像。それが、なんと映画スタ...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
日本では絶対にあり得ない、「Cut.com」による、あの衝撃映像シリーズが帰ってきた。今回は、マリファナを3人のおじいちゃんが吸引して、会話する様子を収録...
「Lightform」は、誰でも簡単に映像を制作してそれを投影できてしまう優れもの。自宅やオフィス、いつも行く場所を特別な空間に変えたい人に最適!?
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
「オンナノコズ」のプロモーションを兼ねて行われたのは、マイクロドローンのHD撮影テストだった。──現場の雰囲気はどうでしたか?
2015年7月10日、モデルのEkaterina Juskowskiさんが米マイアミのビーチでPVの撮影をしていました。しかし突然背後から船が現れ、その様...
ニュージーランドのテ・ウレウェラ国立公園内でハイキングをしていた4人のフランス人観光客。彼らが公園内のつり橋を渡る時に撮影した動画が、大きな反響を呼んでい...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
今回は、かなり心が震える映像をご紹介。なんと、世界で初めて富士山の頂をドローンで捉えた4K動画があるというのです。空撮されたのは、これまでにほとんどの人が...
プロ顔負けの速弾きで世界中の視聴者を唸らせているのは、キュートな10歳の女の子。実は彼女、インターネットではよく知られた名ギタリストなんです。ここで紹介す...