英大手スーパー「TESCO」が人種に合わせた3種類の「絆創膏」を発売

イギリスの大手スーパーマーケットが肌の色に合わせた絆創膏を発売。ライトミディアムダークの3種類がラインナップされて、自分の肌にあった絆創膏を選択することが可能になった。

同スーパーの健康製品を担当するディレクターは「イギリスの大手スーパーマーケットとして、製品に人々の多様性を反映させる責任がある」と同製品についてコメント。

じつはこの絆創膏、去年4月に投稿されたアメリカ人のツイートがきっかけとなって販売が決まったのだとか。そのツイートとは、黒人男性が黒い絆創膏を着けて、あまりの嬉しさに涙を堪えている様子を語ったもので、SNS上で広く拡散されたという。

© ApollonTweets/Twitter

もちろん、新商品は多くの人に喜ばれ大好評とのことだが、一方で、さまざまな色の絆創膏がこれまで存在していなかったことに対して疑問の声も上がっているようだ。

日本では、ドラッグストアにいけば多くの種類の絆創膏が並び、好みや肌に合ったタイプを自由に選ぶことができる。しかし、世界には、そんな環境が整備されていない国や地域が数多く存在する。まずは“外の世界を知ること”こそが、多様性の発展における重要な鍵になるといえそうだ。

Top image: © Tesco
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事