iPhoneに貼っちゃお!

 

小学校低学年の頃、「シール集め」にハマっていました。テストで100点をとったご褒美はいつだってシール。コレクションが増えるたびにうれしくて仕方なかったんです。全部をまとめたシール帳は当時のたいせつな宝物で、家にいる時なんて肌身離さず持ち歩いてたなあ。

そのコレクション癖はいまも継続中。ちょっとセンスは変わったけれど、雑貨屋さんでは必ずシールコーナーをチェックします。

で、いちばん新しいものが原宿のWEGOで見つけたこの絆創膏です。カップケーキにサンデーアイスクリーム、ドーナツ、そして(大好物の)パイナップル。いい大人なので大人買いしちゃいました。

従来品のように穴が空いてなくてデコラティブ。だからシールとして使ってもまったく違和感なし。メモ帳やiPhoneケースに貼っています。

もちろん、ケガした時のために化粧ポーチにも入れてるよ!

 

©2018 TABI LABO
Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
昨日も紹介した中野ブロードウェイ。この日本一マニアックなビルは、サブカルの聖地というだけではなく、古着屋の聖地としての魅力もある。フライトジャケットやブー...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
原宿・キャットストリートの近くに9月にオープンしたばかりの讃岐うどん専門店「麺散」の仕掛け人に聞いたお店と料理に込めたこだわりの数々!
指先に絆創膏を貼るとき、テープがしわになってすぐに剥がれてしまうこと…ありますよね。それを解消する貼り方が、SNSを中心に(海外でも!)話題になっていまし...
傷を負ったときに、ウイルスの侵入を防ぐために使われる「絆創膏」。これまでは、傷が治るのを助けるためのサポート役でした。米ネブラスカ大学リンカーン校の研究者...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
H&Mは1月22日〜27日の期間限定ではありましたが、タクシー配車サービスLyftと連携して、ニューヨークで古着回収を行いました。
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。でも、オ...
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
iPhoneに標準装備されている計算機アプリ。使っている人も多いかもしれませんが、通常はこんな画面になっています。シンプルで使いやすいお馴染みの画面。です...
間もなく、iPhoneの絵文字がアップデートされるのはみなさんご存知ですよね? 待ちきれなくて、個人的に大注目の絵文字をピックアップしました!
ノースカロライナ州立大とノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究者が新しい「貼り薬」を開発した。絆創膏のようなゴム製のパッチに薬品が含まれており、肌に貼る...
もっとほしいのあったしな、これでもげんせんしたほうやで。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。