モレスキンデビューは延期!

 

『フライング タイガー コペンハーゲン』で見つけた200円の無罫ノート、今まで使ったなかでベストオブ実用的なノートです。

まず、シンプルであることは前提条件として、最大のポイントは、平綴じタイプなのにゴム留めが付いているところ。リングタイプでゴム留めがついているものは多いけれど、平綴じタイプで付いているのって意外と少ないんですよね。

バッグの中で不用意に開いてしまうのを防いでくれるうえ、スピンもついているので、ノートをパラパラめくらず、パッと開いてすぐに書き込めます。もちろん、リングタイプのように「リングに手が当たって書きづらい」なんてストレスも感じません。

なかなか使い続けたいと思うノートに出会えず、モレスキンデビューも視野に入れていたのですが……それはもう少し先でよさそうです。

 

©2018 TABI LABO
Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。やけにBIGなサイズ感、季節感を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケ...
シンプルなハートがいくつもデザインされたアイテムは、子どもっぽくって敬遠してしまいがちだけど(ハートに限らず、星とか動物とか、柄物全般に共通して)、これは例外。
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
もっとほしいのあったしな、これでもげんせんしたほうやで。
この4種類をデスクに常備しています。
『Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど...
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
このドキュメントファイルは、バックパックにいろいろモノを詰め込んで打ち合わせにでかけるような人たち向けだ。例えば、自分のような!
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
さて、ここからはノートの自慢。
財布が小さく、薄くなっていくなかで、難しくなるのがカード類や領収書の整理だ。電子マネーだなんだと言ったところで、コチラは一向に減らない。個人的には増えてい...
Fireboxが売り出している「Beard Lights」。スベるかウケるか紙一重のアイテムです。
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...